Select Language



【Leica】「貴婦人」とお散歩

[ Category:Leica|掲載日時:2018年01月20日 13時05分]



SUMMILUXM50mmの第1世代、その作りの良さから付いた名称が「貴婦人」


今回はそんなSUMMILUXのNo.1759540(初期型)とライカM(type240)で、お散歩にでかけてきました。
開放撮影が大好きなので開放で撮影した写真が多めですが、ご了承ください。


SUMMILUX1st
少しざわざわしたボケと日差しが当たっている部分にフレアが出ておりますが、個人的にはこういった描写が好きなので使っています。


SUMMILUX1st
f5.6で撮影してみた写真です。日が傾き始めていたせいもあってかコントラストが低く感じられます。


SUMMILUX1st
中央の上部分を拡大してみましたが、細かい装飾までしっかり解像していることに驚きました。

決まり文句のようになりますが、開放時と絞った時とで違う表情が見れるのは、オールドレンズを使っていて楽しいと感じるポイントです。


SUMMILUX1st
SUMMILUX1st
モノクロでも撮影しました。
カラー写真と比べるとまた違った印象を与えてくれます。
また、前ボケと後ボケで癖が違うようなので、そこをどう写真に活かすかも撮影者次第となります。


SUMMILUX1st
SUMMILUX1st
SUMMILUX1st
SUMMILUX1st

「貴婦人」というあだ名を意識すると写真の写りもどこか上品に感じられます。
柔らかく、どこか優しい雰囲気、被写体がだすほどよい立体感、改めてこれが50年以上の前のレンズということに驚かされます。



「貴婦人」が作る世界、いかがでしたか。
どうやらあまり生産本数自体が多くなく、50年以上前のレンズなので綺麗な個体を中々見る事ができません。
今回の撮影で使用したレンズも私物なのですが「難有り」で購入した商品です。(レンズ内に大量の傷があります)

また初期型の最初期のものは逆ローレットと呼ばれています。
コーティングや硝子の素材が違うと言われていますが実際どの程度まで違うのかがはっきり分っていないレンズでもあります。

※後期型に関しては第2世代とレンズ構成が同じなため初期型とは別のレンズと思って頂いた方がいいかもしれません。



触って満足、使って満足のこのレンズ、この機会にぜひ使ってみて下さい。





↓↓↓↓遮光のためのフードも欠かせません。↓↓↓↓





〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年01月20日 13時05分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 2018年05月21日
皆様こんにちは。 今回はLeicaのプレミアムモデル「Leica M-P(Typ240) チタンセット」をご紹介! 2016年に世界限定333台で発売された数少ないレアモデル! 通常モデルはカメラボディに真鍮を使っていますが、当モデルはその名の通りチタンを使用! 軽くて頑丈な金属として近年注目を浴びている素材で、通常モデルのM-P(Typ240)よりも90gほど軽量化が図られています。 気になるセット内容は… ・Leica M-P(Typ240) ・ズミクロン M28mm F2 ASPH ・アポズミクロン M50mm F2 ASPH レンズはチタンアル...
続きを読む
【Leica】Tour de M9 【Leica】Tour de M9 2018年05月08日
ライカといえばスナップ撮影。 「スナップ写真の名作の多くにライカあり」というイメージです。 今回は敢えて街中のスリリングなスナップではなく、 「旅と共に」ライカを使ってみました。 今回はM9にSummilux 35mm F1.4 ASPH(旧)の組み合わせで館山へ。 海際の静寂をしっかり写し取ってくれました。 この日は曇りでした。上品な湿感で多少クセのあるところが 旧ASPHの好きなところです。 宿泊したホテルはオーシャンビュー。 日没と共にその姿は変わり、宵闇に佇む灯台の灯...
続きを読む
null 【Leica】M10 + SUMMARON 35mm F2.8 2018年05月06日
みなさま、ゴールデンウイークはいかがでしたか。 関東地方は好天に恵まれ、絶好の行楽日和となりました。 私も日頃行かない場所に、といっても公園ですが 出かけてまいりました。 今日のお供は【ライカ M10】と【ズマロン M35㎜ F2.8】です。 M10は2017年発売のMデジタルの最新鋭機。 ズマロンは1958年発売のレンズなので、その年齢差はなんと60年。 しかもブラックボディにシルバーレンズでもこの馴染みの良さはまさしくライカといえるものです。 ズマロン M35mm F2.8はクラシ...
続きを読む
【Leica】価格改定前に欲しいレンズ Pick up! 【Leica】価格改定前に欲しいレンズ Pick up! 2018年05月04日
皆様こんにちは! 早いもので、1年も3分の1が終わりました。新たに5月のスタートです! 5月と言えばゴールデンウィーク真っ只中ですが、カメラ業界では話題になっていることが1つあります。 それは…「Leica 価格改定」です! カメラ好きなら1度は手にしたいと思う憧れのLeicaというブランド。 来たる5月10日に対象商品が値上がりしてしまいます!! そこで今回は、価格改定の対象になっているレンズの中から「コレはイチオシ!」というものを幾つかご紹介! ノクティルックス M50mm F0.95...
続きを読む
null 【Leica】Tにあえてつけてみました。 2018年04月24日
「完璧かつ簡潔」 そんなコンセプトのもと、生み出されたライカT。 何故今ライカTなのか? TLでもTL2でもなく何故? その理由は後程。 アルミ削り出しの曲線的で洗練されたデザインは、スッと手に吸い付くように馴染みます。 背面を覆う大型のタッチパネル液晶はカスタマイズすることで自分のベストなメニュー配置にすることが出来ます。 まさに、機能を高めていくことで生まれた美しさ=「機能美」というものを体現しているカメラです。 さて、ライカTは専用のTマウントは勿論、Mレ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]