【Leica】「貴婦人」とお散歩 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





SUMMILUXM50mmの第1世代、その作りの良さから付いた名称が「貴婦人」


今回はそんなSUMMILUXのNo.1759540(初期型)とライカM(type240)で、お散歩にでかけてきました。
開放撮影が大好きなので開放で撮影した写真が多めですが、ご了承ください。


SUMMILUX1st
少しざわざわしたボケと日差しが当たっている部分にフレアが出ておりますが、個人的にはこういった描写が好きなので使っています。


SUMMILUX1st
f5.6で撮影してみた写真です。日が傾き始めていたせいもあってかコントラストが低く感じられます。


SUMMILUX1st
中央の上部分を拡大してみましたが、細かい装飾までしっかり解像していることに驚きました。

決まり文句のようになりますが、開放時と絞った時とで違う表情が見れるのは、オールドレンズを使っていて楽しいと感じるポイントです。


SUMMILUX1st
SUMMILUX1st
モノクロでも撮影しました。
カラー写真と比べるとまた違った印象を与えてくれます。
また、前ボケと後ボケで癖が違うようなので、そこをどう写真に活かすかも撮影者次第となります。


SUMMILUX1st
SUMMILUX1st
SUMMILUX1st
SUMMILUX1st

「貴婦人」というあだ名を意識すると写真の写りもどこか上品に感じられます。
柔らかく、どこか優しい雰囲気、被写体がだすほどよい立体感、改めてこれが50年以上の前のレンズということに驚かされます。



「貴婦人」が作る世界、いかがでしたか。
どうやらあまり生産本数自体が多くなく、50年以上前のレンズなので綺麗な個体を中々見る事ができません。
今回の撮影で使用したレンズも私物なのですが「難有り」で購入した商品です。(レンズ内に大量の傷があります)

また初期型の最初期のものは逆ローレットと呼ばれています。
コーティングや硝子の素材が違うと言われていますが実際どの程度まで違うのかがはっきり分っていないレンズでもあります。

※後期型に関しては第2世代とレンズ構成が同じなため初期型とは別のレンズと思って頂いた方がいいかもしれません。



触って満足、使って満足のこのレンズ、この機会にぜひ使ってみて下さい。





↓↓↓↓遮光のためのフードも欠かせません。↓↓↓↓





〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:01月20日 13時05分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null トークイベント『ライカを使う理由、 選ぶ理由。』レポート 2018年02月20日
2018年2月17日 東京・新宿にて、ライカを使用している5人のフォトグラファーの方々をお招きし、 愛用の機材解説も交えたトークショー『ライカを使う理由、 選ぶ理由。』が開催されました。 今回はその様子を写真を交えてレポートいたします。 今回はマップカメラ本館地下1階『ライカブティック MAPCAMERA SHINJUKU』の5周年記念として開催されたイベントの一つで、有名フォトグラファー5人が一堂に会す特別なトークイベントとなりました。 会場はいつ...
続きを読む
【Leica】夜の街でポートレート with ノクティルックス 【Leica】夜の街でポートレート with ノクティルックス 2018年02月20日
50mm F0.95 1/125秒 ISO320 皆様こんにちは。 本日はマップカメラ本館地下にある「ライカブティック MAPCAMERA SHINJUKU」の設立5周年の記念日です。 皆様に支えられて、まずは5年という節目を迎えることが出来ました! 誠にありがとうございます。 本日は、4年ぶりくらいに会った中学時代からの友人をモデルに、夕方~夜の時間の街中ポートレートをお送りします。 使用機材はLeica SL(Typ601) + ノクティルックス M50mm F0.95 ASPHです。 その日のファーストカットだった、ちょっと固い笑顔から...
続きを読む
【Leica】ライカブティックは5周年を迎えました! 【Leica】ライカブティックは5周年を迎えました! 2018年02月20日
この度ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン5周年を迎えることとなりました。 これもひとえにお客様おひとりおひとりのご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 ライカブティックではLeica M10やSL (Typ601)など話題の機種をお試しいただけます。 是非、ライカの魅力をご堪能くだ...
続きを読む
Leica M Monochrom (Typ246) + Summarit M35mm F2.4 ASPH 【Leica】Mモノクローム(Typ246)と行く江ノ島の旅 2018年02月19日
皆様こんにちは! だいぶ前になりますが、江ノ島へ旅に出ました。 オトモに選んだのはLeica Mモノクローム(Typ246)、ズマリット M35mm F2.4 ASPHです。 M型は手に取った時のサイズ感がちょうどよく、特にレンズが小型・軽量なので 一日中歩き回っても負担になりません。 この日は片瀬江ノ島駅からスタート。 大橋を渡る前からいい景色です。 だいぶ雲が多いので少し不安だったもののまだ大丈夫そう。 むしろ雲量が多い空をモノクロで撮るとすごく良い感じです。 まずはヨットハ...
続きを読む
【Leica】Leicaと行く北海道旅行 【Leica】ズマールと行く北海道旅行 2018年02月18日
冬の寒さが最も厳しくなる2月。札幌で行われるさっぽろ雪まつりを終着点に設定し、5泊6日の北海道旅行へと行ってきました。 持って行った機材は『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』と『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』の計3点。今回のマップタイムズでは、その中でも『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』の組み合わせで撮影した写真をご紹介いたします。 時期はすこしずれていますが、別のスタッフも最近北海道旅行に行っていたよう...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]