【PENTAX】写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language




渡辺 浩徳氏

渡辺 浩徳氏
1971年 福島県生まれ。法政大学経済学部卒業
20ヶ国以上を旅し、自然の雄大さ・野生動物の力強さ・美しさに魅了され野生動物カメラマンとして活動する。
現在は、北海道を中心に撮影を続けている。数多くの雑誌などの媒体で発表。

PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW
焦点距離:250mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/600秒 / ISO:1600 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW


落ち葉のカーペットとアルビノのエゾリス
小動物は、動きが素早く警戒心が強いので近づくことが困難ですが、このアルビノのエゾリスは比較的、人馴れしているので撮影しやすい被写体だった。
落ち葉の絨毯の上を走り回りエサを探している時のカットですが、赤系色の表現性が優れているために色鮮やかな落ち葉を克明に再現されている。


PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW
焦点距離:450mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:1600 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW


食事中のナキウサギ
150ミリ~450ミリとレンズのズーム幅が3倍と小さいため、色収差や歪曲収差が発生しにくいので安心して解放から使えるレンズです。この1本で幅の広い撮影が可能である。
食事中、ナキウサギの後ろ姿を捉えた1枚。450ミリの開放値にしても解像力が良く紅葉した背景のボケ味も理想通りに表現できました。


PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW
焦点距離:450mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:250 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW


瞑想中のナキウサギ
5軸に対応する手ぶれ補正のために、三脚撮影で対応しきれない動きの速い動物たちを手持ちで被写体を追う撮影を可能にしている。
山に登り撮影するので最少機材で取り組むことができる。標高が高く雪の多い山岳地帯など厳しい環境下での撮影でも信用のできるカメラとレンズの組み合わせである。
素早く動き回るナキウサギが日向ぼっこをしている時のポートレート写真。


PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW
焦点距離:450mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:640 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW


サケの遡上を待つエゾヒグマ
主に小動物を撮影しているが、時にヒグマなどの大型動物も撮影対象になる。
安全な距離を保つことを心掛けているが、450ミリの望遠で充分な距離を保てながら作品を作ることができる。
ほどよいボケ感でヒグマの存在感を表現できた。秋、サケの遡上と共にヒグマが川に現れる。サケを追うことに夢中になっているときに目が合った瞬間である。


PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW
焦点距離:450mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:320 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW


雪の中で生活するナキウサギ
天候の変化が激しい山岳地帯で、防塵・防滴の組み合わせは必須。
雪の中で、ほんの数秒のみ姿を見せたエゾナキウサギ。
予測不能な動物の動きで、一瞬のチャンスを逃さずにピントを合わせるオートフォーカスの速さも魅力。光が足りない中、積もった雪のシャープさが表現された。


written & photo by 渡辺 浩徳













〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Pentax Ricoh|掲載日時:01月22日 17時25分]



≪前の記事 記事一覧 これ以上新しい記事はありません。

【PENTAX】写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 【PENTAX】写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 2018年01月22日
渡辺 浩徳氏 1971年 福島県生まれ。法政大学経済学部卒業 20ヶ国以上を旅し、自然の雄大さ・野生動物の力強さ・美しさに魅了され野生動物カメラマンとして活動する。 現在は、北海道を中心に撮影を続けている。数多くの雑誌などの媒体で発表。 焦点距離:250mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/600秒 / ISO:1600 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW 落ち葉のカーペットとアルビノのエゾリス 小動物は、動きが素早く警戒心が強いので近づくことが困...
続きを読む
【RICOH】GR II お気軽お散歩写真 【RICOH】GR II お気軽お散歩写真 2018年01月21日
皆さん、ご存知でしたか。日本は世界でも珍しく四季のある国であること。 子供の頃から季節の変化があるのが当たり前の為、気にしていませんでした。 写真も当たり前に撮影しているかもしれません。 常識や知識だけではなく、自分だけの感覚や感性で撮影してみようと思います。 RICOH GR IIならそんな気持ちに応えてくれます。 1枚目は東京狭山茶手揉み実演をしているところを撮影。 GRレンズ18.3mm(35ミリ判換算で約28mm相当)、F2.8なのでフラッシュなしでもブレずに表現出来ました。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】魅惑のKシリーズ 2018年01月10日
『PENTAX』 を知っていますか? 言わずもがな、知れた老舗カメラメーカー 扱っているカメラの種類も、 ミラーレスからデジタル一眼レフ、そして中判デジタルカメラまで、 多種多様なカメラがあります。 まさに「小さな物から大きな物まで」と、 どこかで聞いた様なフレーズがピッタリとハマるメーカーです。 今回はそんなPENTAXが誇る 素晴らしいカメラたちを持って撮影に行ってみました! まずは、 K-1とHD D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR こちらをもって撮影に行きました。 草原と...
続きを読む
SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited 【PENTAX】アプトの道をゆく FA31mm 2018年01月08日
SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited (1/60s f/2.8 ISO1600) 信越本線の横川駅 - 軽井沢駅間旧線は1963年に廃止されてから時間が経っていますが、 山深い場所に今も鉄道遺構が残っており、一部は「アプトの道」としてしっかり整備されています。 今回はSONY α7IIにPENTAX FA31mm Limited, Sonnar T* FE 55mmを携えてお散歩して参りました。 どちらも納得の描写にも関わらず細身で携帯するのが嫌になりません。 SONY α7II + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA (1/100s f/1.8 ...
続きを読む
null 気になるもの 2017年12月02日
撮りたいからカメラを持っていくのか、それともカメラを持っているから撮るのか。 撮り貯めた写真を見ているときなど、ふと思うことがあります。 カメラを携えることで視点が変わる、などよく言われますが、 これは、カメラが単純な道具として以上の魅力をもつ所以の一つなのではないでしょうか。 あまり意識したことがなかったのですが、カメラを持つと私は古いものに引き寄せられるようです。 よく覚えていませんが、なんとなくシャッターを切っています。 決して綺麗なわけでも...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]