Select Language



【FUJIFILM】フィルムシミュレーション クラシッククローム

[ Category:Fujifilm|掲載日時:2018年01月26日 14時00分]




X-Pro2 XF18-55 クラシッククローム
焦点距離34㎜(換算51㎜) F8 1/250秒 ISO200 露出補正-0.3

FUJIFUILMフィルムシミュレーション~

フィルムメーカーとして色に強いこだわりを持ち、独自の色再現技術でユーザーの心をつかむフジフイルム。
独自のセンサーに加えその要となっているのがフィルムシミュレーションです。
フィルムを交換するイメージでモノクロ、カラー、色味など異なるにモードに切り変えることができます。

今回はその中から”クラシッククローム”をご紹介いたします。

2014年秋に発売されたコンパクトデジタルカメラX30から新しいフィルムシミュレーションとして加わりました。
(※一部以前の機種ファームアップにて搭載)
それまでのフィルムシミュレーションはフジフイルムが発売してきたフィルム名がついたものでしたが、
クラシッククロームは新たにユーザーの要望に応え作られたものになります。
早速どのような写真になるのか見ていきましょう。


X-Pro2 XF18-55 クラシッククローム
焦点距離18㎜(換算27㎜) F8 1/180秒 ISO200 露出補正-0.3

コントラストが高くなり暗部の締まりが感じられます。
また彩度がおさえられたことで、いい意味で色褪せたような青色の空にになりました。

X-Pro2 XF18-55 クラシッククローム
焦点距離55㎜(換算82.5㎜) F8 1/420秒 ISO200

フィルムシミュレーションの話から脱線しますが、
使用したXF18-55mmは標準ズームレンズの中では描写力に定評があるレンズです。
私は単焦点レンズを使うことがほとんどですが、撮影中に咄嗟にレンズを交換するのは至難の業です。
広角から中望遠域までカバーしてくれる標準ズームレンズは大変重宝します。

X-Pro2 XF18-55 クラシッククローム
焦点距離24㎜(換算36㎜) F8 1/250秒 ISO200 露出補正-1

ビルとビルの隙間から日が差し込み、自転車の影が出ていました。
何気ない写真でも落ち着いた印象になりドラマティックな雰囲気が感じられました。

X-Pro2 XF18-55 クラシッククローム
焦点距離18㎜(換算27㎜) F8 1/300秒 ISO200 露出補正-2

露出補正でアンダーに撮影しシャドー部を潰して、日の当たる中心の建物を強調させました。
西日のオレンジ色が鈍ったことで、全体のトーンが重たくなりましたがノスタルジックな写真になりました。

クラシッククロームで撮影した感想として昔の海外の写真、特に1970年代にカラー写真が初めて芸術作品として認められ、
"ニューカラー"と呼ばれた時代の写真の色味に近い印象を受けました。

みなさまもフィルムシミュレーションで好みの"色"を見つけてはいかがでしょうか。


↓今回使用した機材はコチラ↓

↓お買い得なアウトレット品のご用意もございます!↓


↓中古のX-Pro2とXF18-55㎜はコチラ↓












〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Fujifilm|掲載日時:2018年01月26日 14時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

EOS5D MarkⅣ+EF14mm F2.8L Ⅱ USM 【Canon】超広角単焦点レンズの世界へ 2018年05月24日
筆者は時々レンズを衝動買いすることがります。 今回は「広角単焦点レンズ」を求め、 キヤノンのEF14mm F2.8L Ⅱ USMを購入しました。 今まで汎用性の高い画角を好んできた筆者にとっては初めての領域です。 しかし、こんなレンズこそ何か特別なものを撮ることができます。 このレンズは水平方向104°を写すことが可能な広角単焦点レンズで、 キヤノンLレンズのラインアップの中では最も広角といえる単焦点レンズです。 Ⅱ型とはいえ発売は2007年9月で現行レンズとしてはやや古いことから、 新品価格に...
続きを読む
ユカイハンズ企画展#007 『塩川雄也 写真集『OASIS』出版記念展』 写真展のご案内 〜 ユカイハンズ企画展#007 『塩川雄也 写真集『OASIS』出版記念展』 2018年05月24日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは ユカイハンズ企画展#007 - 塩川雄也 写真集『OASIS』出版記念展 -です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー ~第二部~ ~第二部~ G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー 2018年05月23日
第一部の講義を終え、いよいよポートレート撮影が始まります! 今回お招きしたモデルさんは成田 彩美さん。長時間たくさんのカメラに囲まれつつも、最後まで素敵な笑顔を見せてくれました。 G9 PROによるポートレート撮影を行うために用意したLEICA DGレンズラインナップは以下の通り。5月24日発売の新製品『LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.』も先行で試すことができました。 LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 A...
続きを読む
G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー ~第一部~ ~第一部~ G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー 2018年05月23日
2018年5月19日(土)マップカメラからほど近い新宿ファーストウエストビルにて『Panasonic LUMIX G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー』を開催いたしました。 講師にお招きした上田 晃司氏には以前にも何度かマップカメラのイベントに出演していただいておりますが、今回はパナソニックの静止画のフラッグシップ機である『LUMIX DC-G9 PRO』でポートレート撮影をする際のテクニックをご教示いただきます。 マップカメラでは様々なセミナーを開催してお...
続きを読む
【Nikon】クラシックニコンS2で日常にスパイス 【Nikon】クラシックニコンS2で日常にスパイス 2018年05月23日
日常にスパイス 05 みなさんご存知ですか?6月1日は、写真の日です。 1841年当時、薩摩藩主の島津斉彬が日本で初めて 写真撮影を行ったことを記念した日、と言われています。 (実際は、それ以前に国内で撮影が行われたことがあったという説がいまは有力です。) 1839年にダゲレオタイプが発表され、 歴史に写真を撮るうえでのカメラが定着してから、 いまだ百数十年しか経っていませんが、 その中でカメラは日々進歩し、 今やさまざまな人々が生活の中で あたりまえにカメラを使っています...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]