【FUJIFILM】フィルムシミュレーション クラシッククローム » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language






X-Pro2 XF18-55 クラシッククローム
焦点距離34㎜(換算51㎜) F8 1/250秒 ISO200 露出補正-0.3

FUJIFUILMフィルムシミュレーション~

フィルムメーカーとして色に強いこだわりを持ち、独自の色再現技術でユーザーの心をつかむフジフイルム。
独自のセンサーに加えその要となっているのがフィルムシミュレーションです。
フィルムを交換するイメージでモノクロ、カラー、色味など異なるにモードに切り変えることができます。

今回はその中から”クラシッククローム”をご紹介いたします。

2014年秋に発売されたコンパクトデジタルカメラX30から新しいフィルムシミュレーションとして加わりました。
(※一部以前の機種ファームアップにて搭載)
それまでのフィルムシミュレーションはフジフイルムが発売してきたフィルム名がついたものでしたが、
クラシッククロームは新たにユーザーの要望に応え作られたものになります。
早速どのような写真になるのか見ていきましょう。


X-Pro2 XF18-55 クラシッククローム
焦点距離18㎜(換算27㎜) F8 1/180秒 ISO200 露出補正-0.3

コントラストが高くなり暗部の締まりが感じられます。
また彩度がおさえられたことで、いい意味で色褪せたような青色の空にになりました。

X-Pro2 XF18-55 クラシッククローム
焦点距離55㎜(換算82.5㎜) F8 1/420秒 ISO200

フィルムシミュレーションの話から脱線しますが、
使用したXF18-55mmは標準ズームレンズの中では描写力に定評があるレンズです。
私は単焦点レンズを使うことがほとんどですが、撮影中に咄嗟にレンズを交換するのは至難の業です。
広角から中望遠域までカバーしてくれる標準ズームレンズは大変重宝します。

X-Pro2 XF18-55 クラシッククローム
焦点距離24㎜(換算36㎜) F8 1/250秒 ISO200 露出補正-1

ビルとビルの隙間から日が差し込み、自転車の影が出ていました。
何気ない写真でも落ち着いた印象になりドラマティックな雰囲気が感じられました。

X-Pro2 XF18-55 クラシッククローム
焦点距離18㎜(換算27㎜) F8 1/300秒 ISO200 露出補正-2

露出補正でアンダーに撮影しシャドー部を潰して、日の当たる中心の建物を強調させました。
西日のオレンジ色が鈍ったことで、全体のトーンが重たくなりましたがノスタルジックな写真になりました。

クラシッククロームで撮影した感想として昔の海外の写真、特に1970年代にカラー写真が初めて芸術作品として認められ、
"ニューカラー"と呼ばれた時代の写真の色味に近い印象を受けました。

みなさまもフィルムシミュレーションで好みの"色"を見つけてはいかがでしょうか。


↓今回使用した機材はコチラ↓

↓お買い得なアウトレット品のご用意もございます!↓


↓中古のX-Pro2とXF18-55㎜はコチラ↓












〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Fujifilm|掲載日時:01月26日 14時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

夜を彷徨う。 NOKTON 50mm F1.1 VM 【Voigtlander】夜を彷徨う。 NOKTON 50mm F1.1 VM 2018年02月25日
待ち合わせは新宿駅、約束までにはたっぷりと時間がある。 カバンの中には「SONY α7II」と「Voigtlander NOKTON 50mm F1.1 VM」が入っている。 辺りはすっかり暗くなり、ふらりふらりと西新宿の街を歩き始めた。 こっちみてます 視線を感じて横に目を向けると二つの眼がコチラを見ている。彼の仕事は、自転車の監視のはずなのだが、どうも自転車は眼中に無いようである。 曲がってます 直線道路の筈なのに、白線が微妙に曲がっている。人の手を感じさせる線を見ていると、無機質な...
続きを読む
小さい、ということ 小さい、ということ 2018年02月24日
35mm。 これまでに多くのカメラマンや写真家が愛用し、スナップからポートレートまで 幅広い撮影に使われる焦点距離です。 一般的に人の視点に近いといわれるのは50mmですが、 35mmというのは人の目に見えている範囲、 すなわち「視界」に近いのではないかと思います。 日常や旅先で自分の見たものを自然に記録するために、 機材は必要最小限にして軽快にいきたいものです。 今回使用したSAMYANG (サムヤン) AF 35mm F2.8 FE はまさしく軽快の一言に尽きるレンズです。 ソニーの純...
続きを読む
エビフォトとびきりコンテスト 【エビフォト】『とびきりの一枚コンテストVol.3』本日スタート! 2018年02月23日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 エビフォトのフォトコン情報をお届けします! 本日より毎度ご好評いただいている『とびきりの一枚コンテスト』がスタート!! “毎日が当選日”のフォトコンテストVol.3!! 3月16日(金)までの期間中毎日とびきりの一枚を選考し発表します! ※初回は本日ご投稿の写真から明日厳選の上発表いたします! 受賞作にはマップカメラで使えるシュッピンポイント1000円分を進呈! さらに、3月の第1~第3水曜日に週間グラ...
続きを読む
null シェア “したい” 写真 2018年02月23日
  &nbsp 気軽に写真を撮影したくて、スクエア写真に挑戦してみました。 昔のデジタルカメラでは選択できなかったアスペクト比 1:1。 それが今では多くのカメラで採用され、気軽に撮影することができる。 私はあまり馴染みがなかったけれど、撮影をしているとドンドンと次が撮りたくなるのが不思議で仕方がない。   &nbsp 35mm(フルサイズ、アスペクト比 3:2)で撮影するのとは感覚が違うのもまた新鮮で面白い。 またそれが新しい表現を手に入れることなんだろう。 ...
続きを読む
【FUJIFILM】フラッグシップ X-H1 作例展示中! 【FUJIFILM】フラッグシップ X-H1 作例展示中! 2018年02月23日
【FUJIFILM X-H1 先行展示&作例展示 実施中】 ただいまマップカメラ本館3階では、フジフイルムのフラッグシップ X-H1の実機デモ展示ほか、多数の作例写真を店内に展開中です! 高性能プリンターで出力したA3ノビサイズの写真を店内壁面に展示。さらに手に取ってご覧いただける作例集もご用意しております。 X-H1はX-Pro2、X-T2に続くフジフイルム第三のフラッグシップ機種になります。 最先端の技術を次々と取り入れXシリーズは進化し続けています。 さらにカメラとして使ってみたいと心を揺さぶ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]