【FUJIFILM】フィルムシミュレーション クラシッククローム » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language






X-Pro2 XF18-55 クラシッククローム
焦点距離34㎜(換算51㎜) F8 1/250秒 ISO200 露出補正-0.3

FUJIFUILMフィルムシミュレーション~

フィルムメーカーとして色に強いこだわりを持ち、独自の色再現技術でユーザーの心をつかむフジフイルム。
独自のセンサーに加えその要となっているのがフィルムシミュレーションです。
フィルムを交換するイメージでモノクロ、カラー、色味など異なるにモードに切り変えることができます。

今回はその中から”クラシッククローム”をご紹介いたします。

2014年秋に発売されたコンパクトデジタルカメラX30から新しいフィルムシミュレーションとして加わりました。
(※一部以前の機種ファームアップにて搭載)
それまでのフィルムシミュレーションはフジフイルムが発売してきたフィルム名がついたものでしたが、
クラシッククロームは新たにユーザーの要望に応え作られたものになります。
早速どのような写真になるのか見ていきましょう。


X-Pro2 XF18-55 クラシッククローム
焦点距離18㎜(換算27㎜) F8 1/180秒 ISO200 露出補正-0.3

コントラストが高くなり暗部の締まりが感じられます。
また彩度がおさえられたことで、いい意味で色褪せたような青色の空にになりました。

X-Pro2 XF18-55 クラシッククローム
焦点距離55㎜(換算82.5㎜) F8 1/420秒 ISO200

フィルムシミュレーションの話から脱線しますが、
使用したXF18-55mmは標準ズームレンズの中では描写力に定評があるレンズです。
私は単焦点レンズを使うことがほとんどですが、撮影中に咄嗟にレンズを交換するのは至難の業です。
広角から中望遠域までカバーしてくれる標準ズームレンズは大変重宝します。

X-Pro2 XF18-55 クラシッククローム
焦点距離24㎜(換算36㎜) F8 1/250秒 ISO200 露出補正-1

ビルとビルの隙間から日が差し込み、自転車の影が出ていました。
何気ない写真でも落ち着いた印象になりドラマティックな雰囲気が感じられました。

X-Pro2 XF18-55 クラシッククローム
焦点距離18㎜(換算27㎜) F8 1/300秒 ISO200 露出補正-2

露出補正でアンダーに撮影しシャドー部を潰して、日の当たる中心の建物を強調させました。
西日のオレンジ色が鈍ったことで、全体のトーンが重たくなりましたがノスタルジックな写真になりました。

クラシッククロームで撮影した感想として昔の海外の写真、特に1970年代にカラー写真が初めて芸術作品として認められ、
"ニューカラー"と呼ばれた時代の写真の色味に近い印象を受けました。

みなさまもフィルムシミュレーションで好みの"色"を見つけてはいかがでしょうか。


↓今回使用した機材はコチラ↓

↓お買い得なアウトレット品のご用意もございます!↓


↓中古のX-Pro2とXF18-55㎜はコチラ↓












〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Fujifilm|掲載日時:01月26日 14時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 2018年02月16日
X-T2、X-Pro2に次ぐフジフイルム第3のフラッグシップ機として2018年2月15日に発表された『FUJIFILM X-H1』。中判ミラーレス機GFX 50Sを彷彿とさせる外観と、Xシリーズ初の最大5.5段分のボディ内手ブレ補正機能が搭載された本機の登場に驚かれた方も多いのではないでしょうか。 今回マップタイムズでは、同日に開催された『FUJIFILM Xスペシャルイベント』の様子をお伝えいたします。 開催場所は、港区・赤坂。 事前申込制で先着200名限定のイベントだったので...
続きを読む
【FUJIFILM】フラッグシップ X-H1 先行展示中! 【FUJIFILM】フラッグシップ X-H1 先行展示中! 2018年02月16日
【FUJIFILM X-H1 先行展示実施中】 フジフイルムの大型新製品 X-H1が発表されました。 ただいまマップカメラ本館3階では、X-H1の発売に先駆けて先行展示を行っております。 X-H1はX-Pro2、X-T2に続くフジフイルム第三のフラッグシップ機種になります。 最先端の技術を次々と取り入れXシリーズは進化し続けています。 さらにカメラとして使ってみたいと心を揺さぶる機能美やデザインが要求されます。 濃厚な雰囲気を漂わせ、その喜びを満たしてくれる第三のフラッグシップモデル! 究極の表現力を...
続きを読む
X-Pro2 XF18-55 クラシッククローム 【FUJIFILM】フィルムシミュレーション クラシッククローム 2018年01月26日
焦点距離34㎜(換算51㎜) F8 1/250秒 ISO200 露出補正-0.3 ~FUJIFUILMフィルムシミュレーション~ フィルムメーカーとして色に強いこだわりを持ち、独自の色再現技術でユーザーの心をつかむフジフイルム。 独自のセンサーに加えその要となっているのがフィルムシミュレーションです。 フィルムを交換するイメージでモノクロ、カラー、色味など異なるにモードに切り変えることができます。 今回はその中から”クラシッククローム”をご紹介いたします。 2014年秋に発売されたコンパクトデジタル...
続きを読む
null 【FUJIFILM】氷瀑を目指す旅 2018年01月12日
雲竜渓谷 栃木県日光市の山奥に位置し、 1月下旬から2月上旬の限られた時期にのみ巨大な氷瀑を見ることができます。 あたり一面氷柱に囲まれた景色は秘境そのもの。 フジフイルム の X-E2 と フジノン XF14mm F2.8 R と共に行ってきました。 朝方早くから登り始めるため、前日の夜遅くに車で東京を出発。 夜明け前に登山口に到着し少しの間車の中で仮眠をとりましたが、尋常ではない寒さです。 それはそうですね、ここは真冬の日光の奥地。 持ってきたものすべてを着込んでも芯から凍える...
続きを読む
null 【FUJIFILM】X100シリーズと過ごす日常(草津温泉編) 2018年01月07日
年始の勤務を終え、どこに行こうかと新宿の街をさまよう。 そこで目に飛び込んできた『スタッドレスタイヤ付レンタカー』の文字。 「そうだ、草津へ行こう!!」 決断は5分と掛からず「草津はよいとこ いちどはおいで あ~どっこいしょ~ 」と口ずさみながら、 スーツのまま車に乗り込む。 免許取得から18年、距離にして愛車で72万キロを運転してきた私。 実は雪道の運転は初めて!! サーキットでドリフト走行などは経験したことがありますが、 一般道で滑るというのはこんなにも怖いものか...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]