東京×大雪 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





日本列島は22日、南岸を東進する低気圧の影響で太平洋側を中心に広い範囲で雪になり、
関東甲信では平野部でも積雪を記録、
東京都心にも積雪をもたらし、
マップカメラ店舗のある新宿でも10cm以上の積雪となりました。
積雪は交通機関への影響も激しく良いことばかりではありませんが、
写真が好きな筆者にとっては撮影のチャンスでもあります。

午前中から降り始めた雪は、
昼過ぎには辺り一面を真っ白にするほどの勢いとなりました。
お昼休憩、食事を一瞬で済ませた筆者は、
カメラを片手に西新宿界隈を練り歩いてみたら、
そこには普段とは別世界の街が広がっていました。

先週福島県へ行っていて雪は散々見ていましたが、
「東京×大雪」には興奮しました。


EOS-1DX MarkⅡ+EF11-24mm F4L USM
EOS-1DX MarkⅡ+EF11-24mm F4L USM



「EF11-24mm F4L USM」は、
強烈にデフォルメされた世界を描く
「EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM」とはまた異なり、
画面の隅々まで歪みを抑えた描写。
直線は直線として真っ直ぐに、
奥行きはより深くダイナミックに表現する「EF11-24mm F4L USM」は、
写真表現の可能性が広がります。


EOS-1DX MarkⅡ+EF11-24mm F4L USM
EOS-1DX MarkⅡ+EF11-24mm F4L USM



最広角11mm時、対角線画角126°(水平画角117°) をカバー。
極めて広い範囲を余すことなく写し撮ることができます。
いずれも焦点距離11mmで撮影。

そして仕事が終わり帰路に着いた筆者は、
丸の内や京橋へ撮影に行こうと計画しましたが、
4MATICのSUV車でも慣れない雪道は危険だと、断念しました。
今度は万全な準備の上、撮影に臨みたいです。


EOS5D MarkⅣ+EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM
EOS5D MarkⅣ+EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM+600EXⅡ-RT


「雪×ストロボ」は幻想的な写真へと導きます。
絞りを開けることで、雪が玉状に見えるのが綺麗です。

EOS5D MarkⅣ+EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM
EOS5D MarkⅣ+EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM



こんな雪の日の撮影で活躍するのがレインカバー
繰り返し何度も使えるタイプのものから、
1回限りのものまで種類がたくさんありますが、
簡易的な使い捨てタイプが使いやすいです。
EOS-1DX MarkⅡやEOS5D MarkⅣは防塵・防滴性能の高いカメラですから、
過酷な条件下でも使用できますが、
念の為、レインカバーを着けることをオススメします。

読者の皆様も是非、雪の撮影に出掛けてみて下さい。
その際は暖かい服装で、足元にはご注意ください。

※写真は全てAdobe Lightroom Classic CCで露出等を補正しています。




▼今回の使用したカメラはこちら▼





〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓



[ Category:Canon|掲載日時:01月25日 17時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

夜を彷徨う。 NOKTON 50mm F1.1 VM 【Voigtlander】夜を彷徨う。 NOKTON 50mm F1.1 VM 2018年02月25日
待ち合わせは新宿駅、約束までにはたっぷりと時間がある。 カバンの中には「SONY α7II」と「Voigtlander NOKTON 50mm F1.1 VM」が入っている。 辺りはすっかり暗くなり、ふらりふらりと西新宿の街を歩き始めた。 こっちみてます 視線を感じて横に目を向けると二つの眼がコチラを見ている。彼の仕事は、自転車の監視のはずなのだが、どうも自転車は眼中に無いようである。 曲がってます 直線道路の筈なのに、白線が微妙に曲がっている。人の手を感じさせる線を見ていると、無機質な...
続きを読む
小さい、ということ 小さい、ということ 2018年02月24日
35mm。 これまでに多くのカメラマンや写真家が愛用し、スナップからポートレートまで 幅広い撮影に使われる焦点距離です。 一般的に人の視点に近いといわれるのは50mmですが、 35mmというのは人の目に見えている範囲、 すなわち「視界」に近いのではないかと思います。 日常や旅先で自分の見たものを自然に記録するために、 機材は必要最小限にして軽快にいきたいものです。 今回使用したSAMYANG (サムヤン) AF 35mm F2.8 FE はまさしく軽快の一言に尽きるレンズです。 ソニーの純...
続きを読む
エビフォトとびきりコンテスト 【エビフォト】『とびきりの一枚コンテストVol.3』本日スタート! 2018年02月23日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 エビフォトのフォトコン情報をお届けします! 本日より毎度ご好評いただいている『とびきりの一枚コンテスト』がスタート!! “毎日が当選日”のフォトコンテストVol.3!! 3月16日(金)までの期間中毎日とびきりの一枚を選考し発表します! ※初回は本日ご投稿の写真から明日厳選の上発表いたします! 受賞作にはマップカメラで使えるシュッピンポイント1000円分を進呈! さらに、3月の第1~第3水曜日に週間グラ...
続きを読む
null シェア “したい” 写真 2018年02月23日
  &nbsp 気軽に写真を撮影したくて、スクエア写真に挑戦してみました。 昔のデジタルカメラでは選択できなかったアスペクト比 1:1。 それが今では多くのカメラで採用され、気軽に撮影することができる。 私はあまり馴染みがなかったけれど、撮影をしているとドンドンと次が撮りたくなるのが不思議で仕方がない。   &nbsp 35mm(フルサイズ、アスペクト比 3:2)で撮影するのとは感覚が違うのもまた新鮮で面白い。 またそれが新しい表現を手に入れることなんだろう。 ...
続きを読む
【FUJIFILM】フラッグシップ X-H1 作例展示中! 【FUJIFILM】フラッグシップ X-H1 作例展示中! 2018年02月23日
【FUJIFILM X-H1 先行展示&作例展示 実施中】 ただいまマップカメラ本館3階では、フジフイルムのフラッグシップ X-H1の実機デモ展示ほか、多数の作例写真を店内に展開中です! 高性能プリンターで出力したA3ノビサイズの写真を店内壁面に展示。さらに手に取ってご覧いただける作例集もご用意しております。 X-H1はX-Pro2、X-T2に続くフジフイルム第三のフラッグシップ機種になります。 最先端の技術を次々と取り入れXシリーズは進化し続けています。 さらにカメラとして使ってみたいと心を揺さぶ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]