【OLYMPUS】「PRO」を携えて街を歩く » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



【OLYMPUS】「PRO」を携えて街を歩く

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年02月01日 10時30分]



OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
焦点距離:45mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/500秒 ISO:200 アートフィルター:ART14II


動物園、美術館、博物館、商店街など
上野駅周辺には多くの施設が立ち並び、人々で賑わっています。

平日の午前。
カメラを首にぶら下げ、上野の町を散歩してきました。
人通りを避けるべく、公園周辺を歩きます。

使用機材は「OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO」です。


OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
焦点距離:45mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/500秒 ISO:200 アートフィルター:ART14II


最近お気に入りのオリンパスのアートフィルター「パートカラーII」。
モノトーンまではいかないけれど、幽かに色が残る
まるで時間が止まったかのような、すこしノスタルジックな描写になります。


OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
焦点距離:45mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/1600秒 ISO:200 アートフィルター:ART14II


美術館の外にはいくつもの有名な像が建っており、下から見上げると非常に迫力があります。

今回使用しているM.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PROは、主にポートレイトに適した35mm判換算で90mm相当にあたるレンズ。
それなりに像との距離感はあるものの、画面内に収納され、中望遠の恩恵を受けられました。


OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
焦点距離:45mm 絞り:F1.2 シャッタースピード:1/3200秒 ISO:500 アートフィルター:ART14II


開放値F1.2はやはり素晴らしいボケ味。
撮影が楽しくなります。


OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
焦点距離:45mm 絞り:F1.4 シャッタースピード:1/100秒 ISO:2000 アートフィルター:i-Finish


アートフィルター「i-Finish」へ変更し、撮影を続けます。
暗い館内、オレンジ色に光るスポットライトが幻想的な輝きを放っています。


OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
焦点距離:45mm 絞り:F8 シャッタースピード:1/800秒 ISO:200 アートフィルター:i-Finish


オリンパスブルー。
綺麗な青空が撮れました。


OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
焦点距離:45mm 絞り:F1.2 シャッタースピード:1/1250秒 ISO:200 アートフィルター:i-Finish


家路につく手前で、小鳥が佇んでいました。
レンズを近づけても飛んでいく素振りを見せず、しばらくその場に留まっていました。
サービス精神か、ただ気づいていないだけなのか。


OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
焦点距離:45mm 絞り:F1.2 シャッタースピード:1/2500秒 ISO:200 アートフィルター:i-Finish


ご近所の子ども作、小雪だるま。
どんぐりの顔がかわいい作品です。
日に日に小さくなっていく姿を見ると、すこしだけ切ない気持ちになります。


まだまだ寒い日が続きます。
はやく春が来ないかな、と願うと同時に、もうすぐ冬が終わってしまうな、とも思ってしまいます。
普段はインドア派の私も、たまに外に出ると冬を満喫せねば、と意欲が高まります。

皆さまも風邪を引かないように身辺を暖かくして、楽しい撮影日和をお過ごしください。



▽今回撮影した機材はこちら▽










〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓



[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年02月01日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null Peak designのすゝめ 2018年04月26日
読者の皆様は「Peak design」というカメラストラップやカメラバックを手掛けるアクセサリーメーカーをご存知でしょうか。 アメリカ発のブランドで数年前に日本へ上陸した急成長のメーカーです。 そんな、「Peak design」ですが最近は国内外問わず多くのカメラユーザーが使っているのを目にするようになりました。 筆者は2年ほど前にカメラの展示会「CP+」で見て購入したのがきっかけで、 当初は「アンカーリンクス」というカメラストラップを簡単に脱着可能にするアイテムを導入し、 気に入って使ってい...
続きを読む
【Nikon】D850試し撮り 【Nikon】D850試し撮り 2018年04月25日
D850はNikon初の裏面照射型CMOSセンサーを採用しており高感度での撮影に非常に長けています。 試し撮りには暗い場所ということで、栃木県にあります大谷資料館にいってきました。 様々なロケにも使用される石採掘場跡です。 幻想的な地下神殿のような雰囲気にも感じます。 まるでタイムスリップをした感覚に陥りました。 やはり高感度設定での撮影でも画質が落ちることはありません。 AF-4EVなので暗いところでもピントが合い綺麗に撮影できます。 暗くても、しっかりとそれ...
続きを読む
【PENTAX】ようこそ魚眼ワールド 【PENTAX】ようこそ魚眼ワールド 2018年04月25日
PENTAXから唯一出ている現行の魚眼レンズ 「smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED」 通常の広角レンズと違った独特な世界。 今回はそんな魚眼レンズをK-70に付けて撮影に行きました。 ちょっとした路地裏もローアングルで撮影すると、 何処となくアンダーグラウンドな雰囲気に。 歩道橋と高速道路の交差地点 壁に描かれたグラフィティ モノクロで撮影すると、どことなく何時もより格好良く見えます。 駐車場の脇に咲いてる菜の花… カスタムイメージを「ほのか」にして少しノスタル...
続きを読む
null 【Leica】Tにあえてつけてみました。 2018年04月24日
「完璧かつ簡潔」 そんなコンセプトのもと、生み出されたライカT。 何故今ライカTなのか? TLでもTL2でもなく何故? その理由は後程。 アルミ削り出しの曲線的で洗練されたデザインは、スッと手に吸い付くように馴染みます。 背面を覆う大型のタッチパネル液晶はカスタマイズすることで自分のベストなメニュー配置にすることが出来ます。 まさに、機能を高めていくことで生まれた美しさ=「機能美」というものを体現しているカメラです。 さて、ライカTは専用のTマウントは勿論、Mレ...
続きを読む
 【PENTAX】PENTAXの話 ~空へと続く道がやたらと混雑している話~ 【PENTAX】PENTAXの話 ~空へと続く道がやたらと混雑している話~ 2018年04月23日
今年の春は本当に足早に駆け抜けていく気がします とうとう夏日並みの気温となる日もきてしまいました 全体的にいろいろな花の開花状況が10日以上も早くなるのも無理はない気候です この春の気温の上昇により本日から開花状況がすでに見頃後半となってしまった ネモフィラブルーと青い空で有名な国営ひたち海浜公園にでかけてきました 今回、使用している機材はPENTAX K-1とHD D FA 28-105mm F3.5-5.6 ED DC WRの組み合わせ ペンタックス初のフルサイズ機にして3640万の圧倒的な画素数 ローパス...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]