マクロで歩く雪景色 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language






ここ数日は寒い日が続いています。
都内でも数年ぶりに雪が積もり、久しぶりの雪化粧をした風景が広がりました。

この機会を逃すまじと少し浮かれながら今回は雪の粒を捉えるため、
ソニーのα7Rとあえて通常のレンズではなくマクロレンズ FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28を持ち出すことにしました。

マクロレンズは被写体にギリギリまで近づいて細部を撮るもの、というイメージが強いかもしれませんが
しっかり無限遠まで撮ることができます。
むしろ通常のレンズでは「もう少し近づきたい」といった被写体までのもどかしい距離を埋めてくれる
頼もしい存在なのです。



SONY (ソニー) α7Rボディ ILCE-7R+SONY (ソニー) FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28


まずは雪を被った車のエンブレム。
エンブレムの赤が雪の白の中で映えます。


SONY (ソニー) α7Rボディ ILCE-7R+SONY (ソニー) FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28


少し引いて雪を被ったマンホール。
雪の粒の質感を際立たせるためにあえてモノクロで撮影しました。


SONY (ソニー) α7Rボディ ILCE-7R+SONY (ソニー) FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28


日の光に輝く氷と葉の緑。
同じ自然のものでも全く異なる質感に今更ながら驚かされます。


SONY (ソニー) α7Rボディ ILCE-7R+SONY (ソニー) FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28<br />


足元の凍った水たまり。
画像を少し切り抜いていますが、氷のひび割れや中の気泡までシャープに再現されています。


SONY (ソニー) α7Rボディ ILCE-7R+SONY (ソニー) FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28


掘られた氷の上に置かれたシャベル。
モノクロにすると金属の光沢が際立ちます。


SONY (ソニー) α7Rボディ ILCE-7R+SONY (ソニー) FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28


雪の積もった道と神社の外塀。
マクロレンズといえどこういった風景も難なく撮ることができます。



今回使用したソニーのFE 50mm F2.8 Macro SEL50M28は防塵・防滴に配慮して設計されているため、
レンズに雪が付いて少し濡れた程度ではまったく問題ありませんでした。
(完全な防水ではありませんので、ご使用の際はご注意下さい)

さらにレンズ鏡筒部分にあるレバーを動かすことでピントが合う範囲を限定できるので、
遠・近距離の撮影を使い分けることもできて便利です。
ただしAF速度は高速で合焦するレンズではありませんので、焦らずじっくりと撮影されることをおすすめします。


風景から足元まで。
“あと少し”のかゆい所に手が届く FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28をぜひ使ってみてください。




今回使用した機材はこちら
SONY (ソニー) α7Rボディ ILCE-7R
SONY (ソニー) FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28

















〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:02月02日 10時05分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

夜を彷徨う。 NOKTON 50mm F1.1 VM 【Voigtlander】夜を彷徨う。 NOKTON 50mm F1.1 VM 2018年02月25日
待ち合わせは新宿駅、約束までにはたっぷりと時間がある。 カバンの中には「SONY α7II」と「Voigtlander NOKTON 50mm F1.1 VM」が入っている。 辺りはすっかり暗くなり、ふらりふらりと西新宿の街を歩き始めた。 こっちみてます 視線を感じて横に目を向けると二つの眼がコチラを見ている。彼の仕事は、自転車の監視のはずなのだが、どうも自転車は眼中に無いようである。 曲がってます 直線道路の筈なのに、白線が微妙に曲がっている。人の手を感じさせる線を見ていると、無機質な...
続きを読む
小さい、ということ 小さい、ということ 2018年02月24日
35mm。 これまでに多くのカメラマンや写真家が愛用し、スナップからポートレートまで 幅広い撮影に使われる焦点距離です。 一般的に人の視点に近いといわれるのは50mmですが、 35mmというのは人の目に見えている範囲、 すなわち「視界」に近いのではないかと思います。 日常や旅先で自分の見たものを自然に記録するために、 機材は必要最小限にして軽快にいきたいものです。 今回使用したSAMYANG (サムヤン) AF 35mm F2.8 FE はまさしく軽快の一言に尽きるレンズです。 ソニーの純...
続きを読む
エビフォトとびきりコンテスト 【エビフォト】『とびきりの一枚コンテストVol.3』本日スタート! 2018年02月23日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 エビフォトのフォトコン情報をお届けします! 本日より毎度ご好評いただいている『とびきりの一枚コンテスト』がスタート!! “毎日が当選日”のフォトコンテストVol.3!! 3月16日(金)までの期間中毎日とびきりの一枚を選考し発表します! ※初回は本日ご投稿の写真から明日厳選の上発表いたします! 受賞作にはマップカメラで使えるシュッピンポイント1000円分を進呈! さらに、3月の第1~第3水曜日に週間グラ...
続きを読む
null シェア “したい” 写真 2018年02月23日
&nbsp;&nbsp;&nbsp 気軽に写真を撮影したくて、スクエア写真に挑戦してみました。 昔のデジタルカメラでは選択できなかったアスペクト比 1:1。 それが今では多くのカメラで採用され、気軽に撮影することができる。 私はあまり馴染みがなかったけれど、撮影をしているとドンドンと次が撮りたくなるのが不思議で仕方がない。 &nbsp;&nbsp;&nbsp 35mm(フルサイズ、アスペクト比 3:2)で撮影するのとは感覚が違うのもまた新鮮で面白い。 またそれが新しい表現を手に入れることなんだろう。 ...
続きを読む
【FUJIFILM】フラッグシップ X-H1 作例展示中! 【FUJIFILM】フラッグシップ X-H1 作例展示中! 2018年02月23日
【FUJIFILM X-H1 先行展示&作例展示 実施中】 ただいまマップカメラ本館3階では、フジフイルムのフラッグシップ X-H1の実機デモ展示ほか、多数の作例写真を店内に展開中です! 高性能プリンターで出力したA3ノビサイズの写真を店内壁面に展示。さらに手に取ってご覧いただける作例集もご用意しております。 X-H1はX-Pro2、X-T2に続くフジフイルム第三のフラッグシップ機種になります。 最先端の技術を次々と取り入れXシリーズは進化し続けています。 さらにカメラとして使ってみたいと心を揺さぶ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]