マクロで歩く雪景色 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language






ここ数日は寒い日が続いています。
都内でも数年ぶりに雪が積もり、久しぶりの雪化粧をした風景が広がりました。

この機会を逃すまじと少し浮かれながら今回は雪の粒を捉えるため、
ソニーのα7Rとあえて通常のレンズではなくマクロレンズ FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28を持ち出すことにしました。

マクロレンズは被写体にギリギリまで近づいて細部を撮るもの、というイメージが強いかもしれませんが
しっかり無限遠まで撮ることができます。
むしろ通常のレンズでは「もう少し近づきたい」といった被写体までのもどかしい距離を埋めてくれる
頼もしい存在なのです。



SONY (ソニー) α7Rボディ ILCE-7R+SONY (ソニー) FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28


まずは雪を被った車のエンブレム。
エンブレムの赤が雪の白の中で映えます。


SONY (ソニー) α7Rボディ ILCE-7R+SONY (ソニー) FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28


少し引いて雪を被ったマンホール。
雪の粒の質感を際立たせるためにあえてモノクロで撮影しました。


SONY (ソニー) α7Rボディ ILCE-7R+SONY (ソニー) FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28


日の光に輝く氷と葉の緑。
同じ自然のものでも全く異なる質感に今更ながら驚かされます。


SONY (ソニー) α7Rボディ ILCE-7R+SONY (ソニー) FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28<br />


足元の凍った水たまり。
画像を少し切り抜いていますが、氷のひび割れや中の気泡までシャープに再現されています。


SONY (ソニー) α7Rボディ ILCE-7R+SONY (ソニー) FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28


掘られた氷の上に置かれたシャベル。
モノクロにすると金属の光沢が際立ちます。


SONY (ソニー) α7Rボディ ILCE-7R+SONY (ソニー) FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28


雪の積もった道と神社の外塀。
マクロレンズといえどこういった風景も難なく撮ることができます。



今回使用したソニーのFE 50mm F2.8 Macro SEL50M28は防塵・防滴に配慮して設計されているため、
レンズに雪が付いて少し濡れた程度ではまったく問題ありませんでした。
(完全な防水ではありませんので、ご使用の際はご注意下さい)

さらにレンズ鏡筒部分にあるレバーを動かすことでピントが合う範囲を限定できるので、
遠・近距離の撮影を使い分けることもできて便利です。
ただしAF速度は高速で合焦するレンズではありませんので、焦らずじっくりと撮影されることをおすすめします。


風景から足元まで。
“あと少し”のかゆい所に手が届く FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28をぜひ使ってみてください。




今回使用した機材はこちら
SONY (ソニー) α7Rボディ ILCE-7R
SONY (ソニー) FE 50mm F2.8 Macro SEL50M28

















〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:02月02日 10時05分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

小さい、ということ 小さい、ということ 2018年02月24日
35mm。 これまでに多くのカメラマンや写真家が愛用し、スナップからポートレートまで 幅広い撮影に使われる焦点距離です。 一般的に人の視点に近いといわれるのは50mmですが、 35mmというのは人の目に見えている範囲、 すなわち「視界」に近いのではないかと思います。 日常や旅先で自分の見たものを自然に記録するために、 機材は必要最小限にして軽快にいきたいものです。 今回使用したSAMYANG (サムヤン) AF 35mm F2.8 FE はまさしく軽快の一言に尽きるレンズです。 ソニーの純...
続きを読む
【SONY】 α7IIと冬真っ盛りの北海道へ(後編) 【SONY】 α7IIと冬真っ盛りの北海道へ(後編) 2018年02月19日
前回に引き続き冬の道央、上川地方を旅してまいります。 昨日掲載の別スタッフの記事を見て、社内に真冬の北海道を旅しているスタッフがいたのかと驚きました。 ご覧の皆様も定番の夏に限らず、冬の北海道はいかがでしょうか。きっとその美しさに魅せられます。 SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited (1/60s f/2.8 ISO2000) 雪を照らす豆球の光が優しく、心が洗われます。 時間に追われ目まぐるしく状況が変わる都会も悪くはありませんが、 このような心穏やかな環境も私は大変...
続きを読む
【SONY】 α7IIと冬真っ盛りの北海道へ(前編) 【SONY】 α7IIと冬真っ盛りの北海道へ(前編) 2018年02月12日
冬真っ盛りの1月某日、雪景色に浸かりたくて北海道へ出掛けてきました。 SONY α7IIに数本のレンズを携えて向かった先は、道央・上川地方。 富良野市や旭川市、美瑛町などをレンタカーで回りました。 SONY α7II + SIGMA MC-11 EF-E + Canon EF70-200mm F4L USM (1/250s f/8.0 ISO100) SONY α7II + SIGMA MC-11 EF-E + Canon EF70-200mm F4L USM (1/3200s f/4.0 ISO100) 旭川空港で車を借りて15分も走らせると、美瑛や美馬牛に代表されるような丘陵地帯に入ります。 緑の綺麗な夏はもちろん、冬...
続きを読む
null α9/α7RIIIのフォーカスエリア設定を"詰める" 2018年02月05日
レンズのヘリコイドに添える手がかじかむ日々が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。 この季節ならではの優しい日差しを求めてひた歩く筆者です。 より幅広いカスタムが可能となったα9とα7RIIIのカスタムキー、何をどう設定したらいいか分からない!というお客様も多いと思います。今回はその中でもフォーカス設定系に着目して筆者お気に入りの設定をご紹介しましょう。 それではどうぞ。 いきなりの答え合わせ、というか筆者が気に入っているフォーカスエリア設定のカスタムを貼...
続きを読む
null 【SONY】相棒と歩いた1年 2018年02月04日
焦点距離 70mm SS 1/40 F5.0 WB晴天 ISO400 にわかに寒さが強まる今日この頃。 どんよりとした灰色の空が続く近頃は、撮りためた写真を自宅でチェックするのが日課となっています。 上の写真は、初めて横浜に行ったとき、展望台から青色に染まっていく市街地を撮った1コマです。 借りたフルサイズ一眼を携え横浜に足を運び、その描写力に購入を決意... そのようなことを考えていたのが、もう1年も前なのかと感慨にふけったり。 昨年春に念願のフルサイズ一眼デビューを果たしてからというもの...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]