Select Language



【SONY】相棒と歩いた1年

[ Category:SONY|掲載日時:2018年02月04日 16時10分]



SONY α7II + Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSSl
焦点距離 70mm SS 1/40 F5.0 WB晴天 ISO400


にわかに寒さが強まる今日この頃。
どんよりとした灰色の空が続く近頃は、撮りためた写真を自宅でチェックするのが日課となっています。
上の写真は、初めて横浜に行ったとき、展望台から青色に染まっていく市街地を撮った1コマです。
借りたフルサイズ一眼を携え横浜に足を運び、その描写力に購入を決意...
そのようなことを考えていたのが、もう1年も前なのかと感慨にふけったり。
昨年春に念願のフルサイズ一眼デビューを果たしてからというもの、撮ることに夢中になっていたので、
このような機会もたまには良いかなと、妙に納得したりしています。

今日ご紹介するのは、フルサイズ一眼デビューを果たしてすっかりはまった組み合わせの
SONY α7IIVario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS。この組み合わせで楽しんでいる方、多いのではないでしょうか。
年末の帰省時に父とカメラ談義をしていると、勤務先の部下もこの組み合わせで写真を楽しんでいるようだという話が出てきました。



SONY α7II + Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS
焦点距離24mm SS 1/250 F9.0 WB晴天 ISO100

日も暮れ始めた、肌寒い日の空。
色合いを設定できる「クリエイティブスタイル」をビビッドにして、色の濃さを求めたカットです。
まだ寒さが残る季節の、少し沈んだ青を表現してみました。



SONY α7 II + Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS
焦点距離 70mm SS 1/80 F4.0 露出補正-0.7 WB晴天

こちらも日没時、街中の立体駐車場にて撮影した一コマ。
駐車場内部、奥の方は暗いものの、潰れずにディテールをしっかり残してくれます。
昔じゃ考えられなかった、うれしいポイント。



SONY α7II + Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS
焦点距離 27mm SS 1/60 F9.0 露出補正+1.0 WB晴天 ISO 100

東の空に登り始めた太陽。
クリエイティブスタイルとは別に設けられた、「ピクチャーエフェクト・ポップ」という機能を使って撮影。
端的に言えば、特殊加工という位置づけでしょうか。
鮮やかに写すという意味では、クリエイティブスタイルのビビッドと似ているものの、ポップはより蛍光色に近づいた色再現が特徴となっています。
早く起きて眠気も感じる中、目が覚めるような色彩を帯びたこの写真を見てまさに目が覚めた、というのは良い思い出です。




SONY α7II + Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS
焦点距離 39mm SS 1/20 F9.0 WB晴天 ISO200

西の空が茜色に染まった秋。
夕焼けは日没の経過時間に伴って、染まる範囲も段々と小さくなっていきます。
このような環境下では、撮影範囲を自在に変えられるズームレンズが活きるというものです。
広角側で撮りはじめ、最後はめいっぱい望遠端で撮影という具合に、空を撮影するときには重宝しています。

α7IIは、執筆時点で発売から3年が経過しており、デジタルカメラとしてはかなりの長寿製品。
一方で、優秀なイメージセンサーなどの恩恵により、御年を感じさせない良質な写真を撮ることができます。
これに、メリハリのある色合いが再現できると評判のVario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSSを組み合わせれば、
楽々持ち運びができるシステムの完成です。
フルサイズセンサー対応ズームレンズとしては小型軽量の部類に入る本レンズ。
重量426g・フィルター径67mmというスペックは、仕事で疲れ切ったときでも、カメラを持って出かけようという気持ちにしてくれます。
高画質志向とともにレンズが重厚長大化する中、小型軽量と良好な画質を両立した本レンズは、じつは貴重極まりない存在なのです。



SONY α7 II + Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS
焦点距離 63mm SS 1/320 F9.0 露出補正 +0.3 WB晴天 ISO100

突然の夕立。雲の合間から漏れるハイライトとシャドーが織りなす光景に、
雨に濡れながらシャッターを切りました。



SONY α7II + Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS
焦点距離 63mm SS 1/320 F9.0 露出補正 +0.3 WBマニュアル ISO100

上の写真を、Photoshopを使ってRAW現像したカット。
写真左上の白くなっていた空ですが、ハイライト調整という機能を使い、雲のディテールを回復させてみました。
個人的には、α7IIを手に入れた暁には、ぜひRAW現像にチャレンジしていただきたいと思っています。
カメラ内の設定では、どう頑張っても白トビしてしまう場面でも、
RAW現像で白トビや黒ツブレを減らすことができるのでおすすめです。
表現力向上という意味で、ぜひチャレンジしてみてください。



SONY α7II + Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS
焦点距離57mm SS 1/800 F4.0 露出補正+0.7 WB晴天 ISO100

木々の葉が色づき始め、金色に街を染めていく秋。この金色と青空のコントラストの美しさは、何度見ても溜息が出てしまうもの。
ピント合わせをしっかり行おうと、MF(マニュアルフォーカス)にチャレンジ。
背面に備わったAF/MFボタンでMFに切り替え、同じく背面の拡大ボタンを押すと、任意選択した部分をアップして確認できます。
α7IIの強力な手ぶれ補正システムも相まって、快適なMFを楽しめます。ここでも思わず溜息が出てしまうのでした。


今は上位機種のα7RIIIFE 24-70mm F2.8 GMに乗り換えを果たしましたが、
α7IIのシンプルな撮影機能、Vario-Tessar T* FE 24-70mmのハンドリングの良さは、最新鋭かつ機能てんこ盛りの現行機種とは異なる魅力を備えていると言えるのではないでしょうか。
「どこまでも持って行ける、持って行けば良い写真が撮れる」という感覚を与えてくれる小型軽量システムは、いつの時代も写真欲を沸き立たせてくれる存在なんでしょう。

鈍い空模様が続く今日この頃。それでも少しずつ、季節は巡っていきます。
色鮮やかな季節を心待ちにしながら、今日も楽しく写真と向き合っていきましょう。



SONY 18年春 α7IIプレミアムキャンペーン 詳細はこちら


2月2日より、α7IIプレミアムキャンペーンが始まりました。
今回取り上げたα7II と Vario-Tessar T* FE 24-70mmを同時購入すると、なんと¥30,000ーのキャッシュバック。
高解像モデルのα7RIIを選択しても、同額のキャッシュバックを受けられます。この特別な機会、お見逃しなく!!


▽撮影に使用した機材はこちら▽



▽中古品はこちらから▽






〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓




[ Category:SONY|掲載日時:2018年02月04日 16時10分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】少しの非日常 SONY RX100 【SONY】少しの非日常 SONY RX100 2018年05月21日
とある平日。思い立ってプチツーリングに出掛けた。 リアバックにはデイキャンプの道具、腰のケースにRX100を詰めて走り出した。 2時間後、目の前に広がるのは湖と橋。でも、今日はここが目的地ではない。 湖畔の林道を通ってとある場所を目指す。 ここが第一の目的地。崖から滾々と湧水が湧いている。 この日は最高気温が30度近くまで上がっていた。水に手を付けるとひんやりとした流れを感じる。 水筒に水を詰めると、また再び走り出した。 着いたのは本日の目的地。河...
続きを読む
null 【SONY】 α7RIIIでプロレスの写真を撮る。 2018年05月19日
本日はプロレスの写真撮影に再挑戦する為に「SONY α7RIII + FE 70-300mm F4.5-5.6 G」を携えて格闘技の聖地「後楽園ホール」に再びやって参りました。 今回もリングに最も近い最前列での観戦です。 この日の試合はお昼からのスタートでしたが、第一試合から白熱する闘いが繰り広げられました。 選手達の熱い表情を「FE 70-300mm」が鮮明に捉えてくれます。 「α7RIII + FE 70-300mm」の組み合わせならば最前列からでもリング中央での熱戦をいとも簡単に撮影する事が可能です。 「...
続きを読む
null 【SONY】箱根で感じる物語の世界 2018年05月13日
少し前のお話しです。 春の足音が近づいてきた日のこと、王子さまに会いに行くことにしました。 王子さまはとてもすてきなところにいました。 日本であることを忘れてしまうかのようです。ここは20世紀初頭のフランスの街並みが再現されています。 色褪せた外壁と真新しい鮮やかなブルーの扉の対比に心くすぐられます。 良く見ると、作者の名前が看板になっていました。 こんな遊び心あふれる造りも、物語の世界に入り込んでいるようでときめきます。 直訳すれば「サン=テグジュペリの家」...
続きを読む
null 【SONY】二律背反 2018年05月07日
ボケ味と解像力。二律背反する要素を高い水準で纏め上げたソニー渾身の一石。 大口径標準ズームレンズFE 24-70mm F2.8 GM。 発売されてから2年ほど経過し、その間にFE 24-105mm F4 G OSSが発売され、更に今月末にはTAMRONから初のフルサイズのEマウントに対応した標準ズームレンズ28-75mm F2.8 DiIII RXD(Model A036SF)が発売となる。 徐々に選択肢が広がっていく中で描写の再確認をと思い、マップカメラ本館5F、ソニーフロアスタッフが撮影に臨んだ。 ss1/50 F2.8 ISO100 焦点距離47mm 2度目に...
続きを読む
ねことほそ道 ねことほそ道 2018年04月30日
その日は天気の良い休日。世間一般でも休日と呼べる曜日だったわけですが、「よし、撮影に出よう」と思い立って朝から家を飛び出します。しかしここで天の邪鬼な筆者は「休日の人ごみに飲まれたくない」と思ってしまい、行き当たりばったりな撮影に切り替えます。こういう時は大抵しょうもない写真ばかりが増えてしまうものなので、今回は"東京の路地を撮ろう"とざっくりとした目的を付け加えました。 そうして訪れたのが都電荒川線沿いにある三ノ輪駅。以前にも何度か撮影で訪れた事があり、来る度...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]