Select Language



【SONY】お気に入りレンズ1本勝負!

[ Category:SONY|掲載日時:2018年02月03日 14時25分]


天気の良い休日の朝、「さて今日はどの機材をお供に出かけようか・・」とワクワクしながら悩む時間も楽しみつつ、
今日の「相棒に!」とチョイスしたのがSONY α7IIFE 24-240mm F3.5-6.3 OSSに決定!さあ出発です!
クルマに乗る1時間、今日のお出かけスポットは『横須賀』に決めました。

以前、テレビで見た横須賀軍港クルーズというのがとても気になっていたので気分も上々に現地に到着。

隣接のショッピングモールのお隣が乗船場でした。『軍港クルーズ』と言えばマニアな人たちの集まり・・・をイメージしていましたが
乗船を待つ長蛇の列には老若男女問わず、ご夫婦、カップル、ファミリーと予想以上の賑わいにびっくりしました。

チケットを購入しいざクルーズ船の桟橋へ向かいます。

SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240
焦点距離:24mm ISO:100 シャッター:1/320 絞り:F5.6

ガイドは男性、女性の方がいて皆さんイケメン、美女揃い。しかも初めての人にもとてもわかりやすい説明をしてくれるので
楽しみながら学べて感動しました。ちなみに私の乗船したガイドさんは女性だったのでテンションも上々にさあ出航です。


出航し直ぐに目に飛び込んできたのがこちら↓大きなクジラ!??が2頭??

SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240
焦点距離:112mm ISO:100 シャッター:1/320 絞り:F6.3

艦尾に日の丸がある様に海上自衛隊の潜水艦でした。
私、初めて実物を見ましたが、真っ黒な容姿と相まって正にこれぞ海中の忍者といった感じで見ていました。
時折デッキに居る自衛官の方が手を振ってくれるので女性、子供のお客様は大盛り上がりでした。


次に見えてきたのが同じグレーの船体ながらこちらはアメリカ海軍のイージス艦です。
イージス艦とはコンピューターによる高度な情報処理システムを搭載した艦艇であり、200以上の目標を追尾し10か所以上を同時に攻撃できる海上の守り神のような軍艦です。凄い!!

SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240
130mm ISO:100 シャッター:1/500 絞り:F6.3

イージス艦の見分け方は写真にも写っている8角形のレーダーが目印とか。
隙が無いとは、私にもイージスシステムが欲しい・・・などと妄想をしているうちに次の船が見えてきました。


一見して「で、でかっ!」と口にでてしまったくらいの大きな船です。
アメリカ海軍の空母ロナルド・レーガンです。

SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240
94mm ISO:100 シャッター:1/400 絞り:F5.6

高倍率ズームの利点を生かし目いっぱい寄ってみましたが・・・相手が大きすぎました。

SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240
240mm ISO:100 シャッター:1/200 絞り:F6.3

普段は任務のため、世界中の洋上に出ているのでなかなか見る機会は少ないようですが幸運にもこの日は整備のために入港中。

写真では伝えきれていませんがとにかく巨大な船で、なんと乗組員は6,000人以上もいると案内が。
館内には売店、美容室、病院があり、なんとスタバもあるとか!これぞアメリカの船といった感じでしょうか。
いったいどんなラテアートを描いてくれるのでしょうか。。。一度でいいので利用してみたいものです。


次に見えてきた船は海上自衛隊の潜水艦救難のための船です。

SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240
焦点距離:118mm ISO:100 シャッター:1/500 絞り:F6.3

船体中央に見える小型潜水艇で海中に居る潜水艦に接近し乗員をレスキューする任務をもっている様です。
出動はして欲しくないですが自衛艦と一口にいってもあらゆる役割の船が見られるので豆知識はどんどん増していきました。
楽しいひと時です。

約45分間のクルーズもラストです。
最後に見えてきた大きな船は、これまたちょっと不思議な形をしていました。

SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240
100mm ISO:100 シャッター:1/200 絞り:F5.6

海上自衛隊最大のヘリコプター搭載護衛艦「いずも」です。
この角度ではわかりませんが広い甲板がヘリポートとなり同時に5機のヘリコプターの発着ができる様です。

万一の災害派遣にも使われるそうで、正に洋上の飛行場といった感じがしました。
まさに最後に真打登場といった流れで楽しいクルーズを終えました。

SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240


今回は近景、遠景と撮影シーンが目まぐるしく変化しましたが、船上からの制約のある撮影でも高倍率ズームの存在はとても助かりました。
写真も撮りたい、でもフットワーク良く身軽に観光も楽しみたい!といった“贅沢”!?な要望にも応えてくれる機材はとてもおすすめです。



















〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年02月03日 14時25分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】少しの非日常 SONY RX100 【SONY】少しの非日常 SONY RX100 2018年05月21日
とある平日。思い立ってプチツーリングに出掛けた。 リアバックにはデイキャンプの道具、腰のケースにRX100を詰めて走り出した。 2時間後、目の前に広がるのは湖と橋。でも、今日はここが目的地ではない。 湖畔の林道を通ってとある場所を目指す。 ここが第一の目的地。崖から滾々と湧水が湧いている。 この日は最高気温が30度近くまで上がっていた。水に手を付けるとひんやりとした流れを感じる。 水筒に水を詰めると、また再び走り出した。 着いたのは本日の目的地。河...
続きを読む
null 【SONY】 α7RIIIでプロレスの写真を撮る。 2018年05月19日
本日はプロレスの写真撮影に再挑戦する為に「SONY α7RIII + FE 70-300mm F4.5-5.6 G」を携えて格闘技の聖地「後楽園ホール」に再びやって参りました。 今回もリングに最も近い最前列での観戦です。 この日の試合はお昼からのスタートでしたが、第一試合から白熱する闘いが繰り広げられました。 選手達の熱い表情を「FE 70-300mm」が鮮明に捉えてくれます。 「α7RIII + FE 70-300mm」の組み合わせならば最前列からでもリング中央での熱戦をいとも簡単に撮影する事が可能です。 「...
続きを読む
null 【SONY】箱根で感じる物語の世界 2018年05月13日
少し前のお話しです。 春の足音が近づいてきた日のこと、王子さまに会いに行くことにしました。 王子さまはとてもすてきなところにいました。 日本であることを忘れてしまうかのようです。ここは20世紀初頭のフランスの街並みが再現されています。 色褪せた外壁と真新しい鮮やかなブルーの扉の対比に心くすぐられます。 良く見ると、作者の名前が看板になっていました。 こんな遊び心あふれる造りも、物語の世界に入り込んでいるようでときめきます。 直訳すれば「サン=テグジュペリの家」...
続きを読む
null 【SONY】二律背反 2018年05月07日
ボケ味と解像力。二律背反する要素を高い水準で纏め上げたソニー渾身の一石。 大口径標準ズームレンズFE 24-70mm F2.8 GM。 発売されてから2年ほど経過し、その間にFE 24-105mm F4 G OSSが発売され、更に今月末にはTAMRONから初のフルサイズのEマウントに対応した標準ズームレンズ28-75mm F2.8 DiIII RXD(Model A036SF)が発売となる。 徐々に選択肢が広がっていく中で描写の再確認をと思い、マップカメラ本館5F、ソニーフロアスタッフが撮影に臨んだ。 ss1/50 F2.8 ISO100 焦点距離47mm 2度目に...
続きを読む
ねことほそ道 ねことほそ道 2018年04月30日
その日は天気の良い休日。世間一般でも休日と呼べる曜日だったわけですが、「よし、撮影に出よう」と思い立って朝から家を飛び出します。しかしここで天の邪鬼な筆者は「休日の人ごみに飲まれたくない」と思ってしまい、行き当たりばったりな撮影に切り替えます。こういう時は大抵しょうもない写真ばかりが増えてしまうものなので、今回は"東京の路地を撮ろう"とざっくりとした目的を付け加えました。 そうして訪れたのが都電荒川線沿いにある三ノ輪駅。以前にも何度か撮影で訪れた事があり、来る度...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]