Select Language



【Leica】通勤ライカ Leica Q(Typ 116)

[ Category:Leica|掲載日時:2018年02月06日 10時30分]



立春は過ぎましたが、まだまだ寒さが続いています。

私なぞは、せっかくの休日も寒さに負けて家でゴロゴロしている日々…

それでも撮影欲だけは強くて、家の中でファインダーを覗いては溜息をついています。

…って、これではいけない! こんな時は「通勤写真」

いつもよりちょっと早起きして、通勤鞄にカメラを詰め込んで、いざ出発!!

普段より遠回りして駅に向かうも良し。 車窓から気になっていたスポットに行ってみるも良し。

はたまた、途中下車して1駅分歩いてみるも良し。(駅区間がうんと長い方にはおススメしません。)

昔から「早起きは三文の徳」といいます。 退屈な通勤時間に張りが出て、おまけに撮影欲も満たされます。


さて、そんな「通勤写真」のお伴にぴったりなのが、Leica Q(Typ116)。

null


レンズ一体型コンパクトカメラの分類ですが、有効画素数2400万の35mmフルサイズセンサーを搭載。

『ズミルックス 28mm F1.7 ASPH.』の細密な描写と合わせ、超高画質の撮影を手軽に楽しめる優れものです。

また、ボタン1つで28mm/35mm/50mmの画角が選べるデジタルクロッピングも、スナップシューティングには大きな味方。

まさに「通勤写真」のためのカメラです。


では、鞄に Leica Q(Typ116)を詰め、「通勤ライカ」の始まりです。

いつもはJR山手線で新宿駅に乗り入れるのですが、今日は1つ手前の代々木駅で総武線に乗り換え、1駅先の千駄ヶ谷駅に。

目指すは、新宿御苑 千駄ヶ谷門。

現在、午前8時55分。 開園5分前でした。

Leica Q

28mm F4 1/100秒 ISO100


すでに2、3人の方が、門の前にお待ちになっています。 …まぁ、スーツ姿は私だけですが…

門が開くと同時に券売所へ。 一番乗りです。

園内に入ると2週間前の大雪の名残りが、まだそこかしこに。

Leica Q

28mm F5.6 1/200秒 ISO100

出がけの天気予報では、朝から晴れマークだったのですが、上空には厚い雲が… ……嘘つき…

最近、外国人にも人気の新宿御苑ですが、裏手に当たる千駄ヶ谷門側の広場、それも朝一番の時間帯には、人っ子1人いません。

冬の寒空の下、スーツ姿で颯爽とライカを構える私…

Leica Q

28mm F5.6 1/320秒 ISO100

だんだん興に入ってきて、スーツ姿でしゃがみこんでローアングル撮影をする私…

Leica Q

28mm F5.6 1/400秒 ISO100


広場を抜け、中央の大きな池のほとりで撮影していると、後ろでカサコソ音がします。

誰か来たのかと振り返っても、誰もいず… よく見ると、小鳥が数羽、積もった落ち葉の上を歩いています。

…そういえば、門の前以来、誰ともすれ違っていません。

Leica Q

28mm F1.7 1/1000秒 ISO100

開放 F1.7 でも、これだけ細密な描写。

Leica Q

28㎜ F5.6 1/80秒 ISO100

水面の微妙な色合いもグラデーション豊かに表現されています。


橋に向かうところで、何の木でしょう、芽をつけているのを発見。 早速マクロモードに切り替え、マニュアルフォーカスで撮影。

Leica Q

35㎜ F4 1/60秒 ISO100


ベンチの下にまだ雛鳥のような小雀が… 近付くと逃げるどころか、逆にトコトコ近寄ってきました。

50㎜にクロップして撮影。 それでも小さいですが…

Leica Q

50㎜ F5.6 1/60秒 ISO1000


日本庭園に向かう途中で。

Leica Q

28mm F2.8 1/250秒 ISO100

日当たりのいい場所の梅の花芽ですら、まだこんな状態。 やっぱり今年は寒いです…

と思ったら、庭園の一角に色鮮やかな木が。 近付くとカンザクラでした。

まだ2分咲き程度ですが、それでも寒空の中で唯一のピンクが映えます。

Leica Q

28mm F2.8 1/500秒 ISO100

Leica Q

50mm F2.2 1/1000秒 ISO100


さて、御苑内は広いですから、探せば他にも花が見つかるはず。 それとも、温室で暖をとるのもいいか…

……あ、通勤途中でした……

新宿御苑からマップカメラの店舗までは意外と距離があります。

ましてや広い園内、のんびりしていると大変なことに…

急いで新宿門に向かいました。

まだ開園して1時間も経っていないのに、慌てて出口に向かうスーツ姿の男1人…

Leica Q

28㎜ F2.2 1/1000秒 ISO100

門ではこれから入園される方々と多くすれ違いましたが、大半が外国の方。

日本の美しい庭園、存分に楽しんでください。

見上げれば、空もずいぶん晴れてきました… 絶好の行楽日和です…

私は… えぇ、これから仕事に勤しみます…

null



「通勤写真」中は、つい撮影に夢中になってしまい、会社に遅刻してしまうという危険を常にはらんでいます。

自己責任のもと、安全にも十分配慮してお楽しみください。

なお、雪の残る新宿御苑をいい気になって歩き回ると、革靴が泥だらけになりますのでご注意ください……









null






マップカメラ本館地下フロアにある「ライカブティック MAP CAMERA SHINJUKU」は今年で5周年!
それを記念してフォトコンテストを開催いたします!!
応募条件はただひとつ!「ライカ社製カメラ」で撮影している写真であること。
デジタルは勿論、フィルムスキャンの作品も応募可能です。
「ライカで撮る」をテーマに皆様からのご応募お待ちしております!


null
(フォトコンテスト参加者募集中!)


〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年02月06日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 2018年05月21日
皆様こんにちは。 今回はLeicaのプレミアムモデル「Leica M-P(Typ240) チタンセット」をご紹介! 2016年に世界限定333台で発売された数少ないレアモデル! 通常モデルはカメラボディに真鍮を使っていますが、当モデルはその名の通りチタンを使用! 軽くて頑丈な金属として近年注目を浴びている素材で、通常モデルのM-P(Typ240)よりも90gほど軽量化が図られています。 気になるセット内容は… ・Leica M-P(Typ240) ・ズミクロン M28mm F2 ASPH ・アポズミクロン M50mm F2 ASPH レンズはチタンアル...
続きを読む
【Leica】Tour de M9 【Leica】Tour de M9 2018年05月08日
ライカといえばスナップ撮影。 「スナップ写真の名作の多くにライカあり」というイメージです。 今回は敢えて街中のスリリングなスナップではなく、 「旅と共に」ライカを使ってみました。 今回はM9にSummilux 35mm F1.4 ASPH(旧)の組み合わせで館山へ。 海際の静寂をしっかり写し取ってくれました。 この日は曇りでした。上品な湿感で多少クセのあるところが 旧ASPHの好きなところです。 宿泊したホテルはオーシャンビュー。 日没と共にその姿は変わり、宵闇に佇む灯台の灯...
続きを読む
null 【Leica】M10 + SUMMARON 35mm F2.8 2018年05月06日
みなさま、ゴールデンウイークはいかがでしたか。 関東地方は好天に恵まれ、絶好の行楽日和となりました。 私も日頃行かない場所に、といっても公園ですが 出かけてまいりました。 今日のお供は【ライカ M10】と【ズマロン M35㎜ F2.8】です。 M10は2017年発売のMデジタルの最新鋭機。 ズマロンは1958年発売のレンズなので、その年齢差はなんと60年。 しかもブラックボディにシルバーレンズでもこの馴染みの良さはまさしくライカといえるものです。 ズマロン M35mm F2.8はクラシ...
続きを読む
【Leica】価格改定前に欲しいレンズ Pick up! 【Leica】価格改定前に欲しいレンズ Pick up! 2018年05月04日
皆様こんにちは! 早いもので、1年も3分の1が終わりました。新たに5月のスタートです! 5月と言えばゴールデンウィーク真っ只中ですが、カメラ業界では話題になっていることが1つあります。 それは…「Leica 価格改定」です! カメラ好きなら1度は手にしたいと思う憧れのLeicaというブランド。 来たる5月10日に対象商品が値上がりしてしまいます!! そこで今回は、価格改定の対象になっているレンズの中から「コレはイチオシ!」というものを幾つかご紹介! ノクティルックス M50mm F0.95...
続きを読む
null 【Leica】Tにあえてつけてみました。 2018年04月24日
「完璧かつ簡潔」 そんなコンセプトのもと、生み出されたライカT。 何故今ライカTなのか? TLでもTL2でもなく何故? その理由は後程。 アルミ削り出しの曲線的で洗練されたデザインは、スッと手に吸い付くように馴染みます。 背面を覆う大型のタッチパネル液晶はカスタマイズすることで自分のベストなメニュー配置にすることが出来ます。 まさに、機能を高めていくことで生まれた美しさ=「機能美」というものを体現しているカメラです。 さて、ライカTは専用のTマウントは勿論、Mレ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]