フィルター機能で撮ってみよう~LX100編~ » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language




ミラーレスのカメラには当たり前のようについている
「フィルター(画像効果)」機能。
PhotoshopやLightroomなどの現像ソフトを使っているとあまり使わない機能かもしれません。
しかし、筆者のようにまだまだソフトの勉強が足りなかったり、その場で感じたインスピレーションをすぐに作品に投影したい。
昨今のSNSブームでカメラで撮りたいけど、撮ってその場ですぐに写真を共有したいという方も多いのではないでしょうか。


そこで、今回はPanasonic LUMIX DMC-LX100のフィルター機能を使って色々な写真を撮影してみました。


では早速1枚目
Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-LX100

トイフォトモードにて撮影
四隅が減光気味になり、写りがチープ気味になるのが特徴。
トイカメラで撮影したことある方ならびびっとくるのではないでしょうか。

Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-LX100

セピアにて撮影
多くのカメラにモノクロと並んで付いてる機能なのですが、意外と使ったことがなく新鮮でした。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-LX100
Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-LX100

比較用にほぼ同じ場所からフィルターのみ変えて撮影しました。
上がハイキー、下がローキーです。
露出量が違うとやはり写真の雰囲気も大きく変わります。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-LX100

シルキーモノクロームにて撮影
LX100はモノクロームの種類だけで4種類あるのでその中の1つです。
ハイキー+モノクロームという感じです。
モノクロでありながらどこか幻想的な雰囲気を醸し出せるかもしれないフィルターです。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-LX100

クロスプロセスにて撮影
聞き慣れない単語という方もいるかもしれませんが、フィルムの現像テクニックの一つで「青」「緑」「紫」「黄色」が強調されます。
特殊な色合いなので好き嫌い分かれるかもしれませんがフィルムの雰囲気を手軽に味わえます。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-LX100

サンシャインにて撮影
上の写真と同じ時間・場所で撮影していますが、さっきまでなかった太陽が出現。
自分で撮っておきながら頭に「?」が浮かびました。
簡潔に言うと太陽(光源)を写真上に合成するモードのようです。
当然そこに本当に光源があるわけではないのですが、写真を少しでも明るい雰囲気に持っていきたい方に是非。
今回は試せませんでしたが夜景に使うとどうなるのでしょう。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-LX100

レトロにて撮影
名前のままですが、すこし懐かしいノスタルジックな雰囲気が出せるモードです。
冬の平日とあって誰もいないグラウンドを撮影したのですが、良い雰囲気がでてると思います。
思い出の場所やアンティークな物を撮影するときなどに向いていると思います。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-LX100

ワンポイントカラーにて撮影
画面内の指定した色だけを残して他の色はすべてモノクロに。
これだけで十分すぎるぐらいに独創的な世界が広がります。
個人的にはLX100を買った方・すでに持っている方には一度は試して頂きたいフィルターの一つです。


LX100には全22種類のフィルターがあるのですが、紹介しきれませんので厳選したものを掲載しました。


今回撮影に使ったLX100はコンパクトなサイズながら、24-70mm(35mm換算)f1.7-f2.8と非常にレンズが明るく
広角側で3cmまで寄れるので簡易マクロのような撮影もできてしまいます。

また、シャッタースピードや絞りなどがダイヤルで操作するアナログ操作ということもあり「カメラを弄る」という楽しさを再認識させてくれます。

フィルターの紹介をさせて頂きましたが、スマートフォンからのステップアップにも、サブ機を探しいる方にも
そして、メイン機にもなりえるこの1台をこの機会にお試しください。






〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Panasonic|掲載日時:02月11日 05時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

夜を彷徨う。 NOKTON 50mm F1.1 VM 【Voigtlander】夜を彷徨う。 NOKTON 50mm F1.1 VM 2018年02月25日
待ち合わせは新宿駅、約束までにはたっぷりと時間がある。 カバンの中には「SONY α7II」と「Voigtlander NOKTON 50mm F1.1 VM」が入っている。 辺りはすっかり暗くなり、ふらりふらりと西新宿の街を歩き始めた。 こっちみてます 視線を感じて横に目を向けると二つの眼がコチラを見ている。彼の仕事は、自転車の監視のはずなのだが、どうも自転車は眼中に無いようである。 曲がってます 直線道路の筈なのに、白線が微妙に曲がっている。人の手を感じさせる線を見ていると、無機質な...
続きを読む
小さい、ということ 小さい、ということ 2018年02月24日
35mm。 これまでに多くのカメラマンや写真家が愛用し、スナップからポートレートまで 幅広い撮影に使われる焦点距離です。 一般的に人の視点に近いといわれるのは50mmですが、 35mmというのは人の目に見えている範囲、 すなわち「視界」に近いのではないかと思います。 日常や旅先で自分の見たものを自然に記録するために、 機材は必要最小限にして軽快にいきたいものです。 今回使用したSAMYANG (サムヤン) AF 35mm F2.8 FE はまさしく軽快の一言に尽きるレンズです。 ソニーの純...
続きを読む
エビフォトとびきりコンテスト 【エビフォト】『とびきりの一枚コンテストVol.3』本日スタート! 2018年02月23日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 エビフォトのフォトコン情報をお届けします! 本日より毎度ご好評いただいている『とびきりの一枚コンテスト』がスタート!! “毎日が当選日”のフォトコンテストVol.3!! 3月16日(金)までの期間中毎日とびきりの一枚を選考し発表します! ※初回は本日ご投稿の写真から明日厳選の上発表いたします! 受賞作にはマップカメラで使えるシュッピンポイント1000円分を進呈! さらに、3月の第1~第3水曜日に週間グラ...
続きを読む
null シェア “したい” 写真 2018年02月23日
  &nbsp 気軽に写真を撮影したくて、スクエア写真に挑戦してみました。 昔のデジタルカメラでは選択できなかったアスペクト比 1:1。 それが今では多くのカメラで採用され、気軽に撮影することができる。 私はあまり馴染みがなかったけれど、撮影をしているとドンドンと次が撮りたくなるのが不思議で仕方がない。   &nbsp 35mm(フルサイズ、アスペクト比 3:2)で撮影するのとは感覚が違うのもまた新鮮で面白い。 またそれが新しい表現を手に入れることなんだろう。 ...
続きを読む
【FUJIFILM】フラッグシップ X-H1 作例展示中! 【FUJIFILM】フラッグシップ X-H1 作例展示中! 2018年02月23日
【FUJIFILM X-H1 先行展示&作例展示 実施中】 ただいまマップカメラ本館3階では、フジフイルムのフラッグシップ X-H1の実機デモ展示ほか、多数の作例写真を店内に展開中です! 高性能プリンターで出力したA3ノビサイズの写真を店内壁面に展示。さらに手に取ってご覧いただける作例集もご用意しております。 X-H1はX-Pro2、X-T2に続くフジフイルム第三のフラッグシップ機種になります。 最先端の技術を次々と取り入れXシリーズは進化し続けています。 さらにカメラとして使ってみたいと心を揺さぶ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]