フィルター機能で撮ってみよう~LX100編~ » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language




ミラーレスのカメラには当たり前のようについている
「フィルター(画像効果)」機能。
PhotoshopやLightroomなどの現像ソフトを使っているとあまり使わない機能かもしれません。
しかし、筆者のようにまだまだソフトの勉強が足りなかったり、その場で感じたインスピレーションをすぐに作品に投影したい。
昨今のSNSブームでカメラで撮りたいけど、撮ってその場ですぐに写真を共有したいという方も多いのではないでしょうか。


そこで、今回はPanasonic LUMIX DMC-LX100のフィルター機能を使って色々な写真を撮影してみました。


では早速1枚目
Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-LX100

トイフォトモードにて撮影
四隅が減光気味になり、写りがチープ気味になるのが特徴。
トイカメラで撮影したことある方ならびびっとくるのではないでしょうか。

Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-LX100

セピアにて撮影
多くのカメラにモノクロと並んで付いてる機能なのですが、意外と使ったことがなく新鮮でした。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-LX100
Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-LX100

比較用にほぼ同じ場所からフィルターのみ変えて撮影しました。
上がハイキー、下がローキーです。
露出量が違うとやはり写真の雰囲気も大きく変わります。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-LX100

シルキーモノクロームにて撮影
LX100はモノクロームの種類だけで4種類あるのでその中の1つです。
ハイキー+モノクロームという感じです。
モノクロでありながらどこか幻想的な雰囲気を醸し出せるかもしれないフィルターです。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-LX100

クロスプロセスにて撮影
聞き慣れない単語という方もいるかもしれませんが、フィルムの現像テクニックの一つで「青」「緑」「紫」「黄色」が強調されます。
特殊な色合いなので好き嫌い分かれるかもしれませんがフィルムの雰囲気を手軽に味わえます。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-LX100

サンシャインにて撮影
上の写真と同じ時間・場所で撮影していますが、さっきまでなかった太陽が出現。
自分で撮っておきながら頭に「?」が浮かびました。
簡潔に言うと太陽(光源)を写真上に合成するモードのようです。
当然そこに本当に光源があるわけではないのですが、写真を少しでも明るい雰囲気に持っていきたい方に是非。
今回は試せませんでしたが夜景に使うとどうなるのでしょう。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-LX100

レトロにて撮影
名前のままですが、すこし懐かしいノスタルジックな雰囲気が出せるモードです。
冬の平日とあって誰もいないグラウンドを撮影したのですが、良い雰囲気がでてると思います。
思い出の場所やアンティークな物を撮影するときなどに向いていると思います。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DMC-LX100

ワンポイントカラーにて撮影
画面内の指定した色だけを残して他の色はすべてモノクロに。
これだけで十分すぎるぐらいに独創的な世界が広がります。
個人的にはLX100を買った方・すでに持っている方には一度は試して頂きたいフィルターの一つです。


LX100には全22種類のフィルターがあるのですが、紹介しきれませんので厳選したものを掲載しました。


今回撮影に使ったLX100はコンパクトなサイズながら、24-70mm(35mm換算)f1.7-f2.8と非常にレンズが明るく
広角側で3cmまで寄れるので簡易マクロのような撮影もできてしまいます。

また、シャッタースピードや絞りなどがダイヤルで操作するアナログ操作ということもあり「カメラを弄る」という楽しさを再認識させてくれます。

フィルターの紹介をさせて頂きましたが、スマートフォンからのステップアップにも、サブ機を探しいる方にも
そして、メイン機にもなりえるこの1台をこの機会にお試しください。






〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Panasonic|掲載日時:02月11日 05時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Panasonic LUMIX DC-G9 PRO Panasonic G9PROはフルサイズに匹敵するのか? 2018年02月15日
こんにちは。 先日発売された話題の機種 パナソニック LUMIX DC-G9 PRO スチル専用機として設計された当機種は、写真を撮る事に拘り抜き、パナソニックの技術を全て詰め込んだ渾身の次世代機です。 今回G9PROを使用する機会に恵まれましたので、奥秩父にある三十槌の氷柱へ撮影に向かいました。 筆者はフルサイズ機種を常用しており、マイクロフォーサーズに対してはどうしても画質の面で不安があったのですが、今回の撮影でそのイメージは完全に払拭されました。 一眼レフのサブ機ではなく、メ...
続きを読む
null フィルター機能で撮ってみよう~LX100編~ 2018年02月11日
ミラーレスのカメラには当たり前のようについている 「フィルター(画像効果)」機能。 PhotoshopやLightroomなどの現像ソフトを使っているとあまり使わない機能かもしれません。 しかし、筆者のようにまだまだソフトの勉強が足りなかったり、その場で感じたインスピレーションをすぐに作品に投影したい。 昨今のSNSブームでカメラで撮りたいけど、撮ってその場ですぐに写真を共有したいという方も多いのではないでしょうか。 そこで、今回はPanasonic LUMIX DMC-LX100のフィルター機能を使って色々な...
続きを読む
null 【Panasonic】映像制作日記02 LUMIX GH5「手ブレロック」を試す 2018年01月29日
前回の映像制作日記01では「V-Log Lと10bit撮影」を紹介しています。 今回はファームウェアVer2.0から新たに搭載された「手ブレロック」を見ていこう。 この機能は手持ち撮影による固定したアングルでの動画撮影時の手ブレをより強力に補正してくれる、というもの。 果たして効果はいか程か?早速、三脚などが使えない街中で撮影テストを行った。 サンプル映像 使用機材:Panasonic LUMIX DC-GH5 + LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S. 撮影設定:C4K 24p V-Log L記録 ...
続きを読む
null 中野新橋‐中野駅周辺 2018年01月28日
「Panasonic LUMIX DMC-GX8ボディ」と「Panasonic LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S.」を首から下げ、中野新橋から中野駅方面に向かって歩く。 花見橋からの都庁。季節や時間によって、いろいろな顔を見せてくる。 2枚目は別の日、約1時間前に撮ったもの。 花見橋、神田川にかかる小さな橋。上流にあるのが桜橋、下流は月見橋。 本郷氷川神社。中野新橋駅近くにある神社。規模は大きくはないが、歴史を感じさせてくれる。 狛犬の一体が、授乳をしている。御祭...
続きを読む
Panasonic G9 PRO 改めてその魅力に迫ります Panasonic G9 PRO 改めてその魅力に迫ります 2018年01月22日
ミラーレス市場を最前線で率いてきたパナソニック G1発売から10周年という記念すべき節目に投入されたのが スチル向けフラッグシップモデル G9 PROです。 今までの機種とは一線を画する本機 店頭スタッフも唸るスペックとこだわりが感じられます。 発売日まで残り3日と迫った本機の魅力を、改めてご紹介いたします。 -パナソニック史上最高の表現力- G9 PROは写真撮影でもっとも重要な要素のひとつである色作りを一新。 まるで生きているかのような、生命力が伝わってくる質感と色合いを...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]