Select Language



【Canon】EOS 5D MarkIV ウェディング撮影

[ Category:Canon|掲載日時:2018年02月22日 16時00分]



昨年秋に友人の結婚式を撮影。
今回、使用機材はこちらを使用しました。
EOS 5D MarkⅣ
EF24-70mm F2.8L II USM
スピードライト 600EX II-RT


どのレンズを持って行こうか、何本持って行こうかとても悩みましたが、
参列者としてゆっくり楽しみたいという気持ちがあったので今回はシンプルにズームレンズ一本で挑みました。


EOS 5D MarkⅣ + EF24-70mm F2.8L II USM
F3.5 1/80 ISO-4000 24mm

新郎新婦入場。
場所取りに出遅れ、前から5列目の新郎側席で撮影。
赤味の強い式場でしたが下手にWB調整をすると違和感を覚えるので、あまり青味は入れませんでした。



EOS 5D MarkⅣ + EF24-70mm F2.8L II USM
F3.5 1/80 ISO-4000 70mm




EOS 5D MarkⅣ + EF24-70mm F2.8L II USM
F5.6 1/100 ISO-3200 70mm フラッシュあり

フラッシュを入れると色味がスッキリとします。
前から5列目となると、新郎新婦の表情を大きく抑えられず厳しいです。
やはり理想は望遠レンズを着けたカメラがもう一台欲しい。
難しい判断です。



EOS 5D MarkⅣ + EF24-70mm F2.8L II USM
F4.5 1/160 ISO-200 70mm



EOS 5D MarkⅣ + EF24-70mm F2.8L II USM
F4.5 1/250 ISO-200 50mm

この日は曇りで、屋外では非常に撮影しやすかったです。
フラワーシャワーは一瞬の出来事でしたが、EOS 5D MarkⅣはAFも向上してその一瞬も逃しません。



EOS 5D MarkⅣ + EF24-70mm F2.8L II USM
F5 1/160 ISO-1600 70mm

新郎新婦入場シーン。
披露宴内は照明がよく切り替わるので、瞬時に設定を変えなければなりません。
EOS 5D MarkⅣならタッチパネル搭載で操作性が良く、ストレスなく設定切替出来ました。



EOS 5D MarkⅣ + EF24-70mm F2.8L II USM
F2.8 1/50 ISO-2000 70mm




EOS 5D MarkⅣ + EF24-70mm F2.8L II USM
F5 1/160 ISO-800 70mm+トリミング

EOS 5D MarkⅣ + EF24-70mm F2.8L II USM
F5 1/160 ISO-800 70mm+トリミング フラッシュあり

同じシーンをフラッシュなし・ありで比較。
大分色味が変わります。
雰囲気を重視するならフラッシュなし。
表情を明るく撮影したいならフラッシュあり。
私はどちらも好きなので、大切なシーンは両方撮影します。
フラッシュは、やはり結婚式や室内撮影には必需品。



EOS 5D MarkⅣ + EF24-70mm F2.8L II USM
F5 1/100 ISO-1600 70mm フラッシュあり




EOS 5D MarkⅣ + EF24-70mm F2.8L II USM
F2.8 1/320 ISO-1250 24mm フラッシュあり

絞り開放で撮影。
小物を撮るときにはF2.8通しレンズだと雰囲気が出て綺麗に撮れるので重宝します。


EOS 5D MarkⅣ + EF24-70mm F2.8L II USM
F5.6 1/160 ISO-2000 70mm+トリミング

歓談中の新婦笑顔。
表情には沢山種類があって、沢山撮影しても、実はお気に入りの画はほんの少し。
たった一瞬の良い表情なのに、ブレていたり、ピントがずれていたり、酷い時には撮りたい瞬間にシャッターが切れない!
今回はそんなことは全くなく、暗闇でもシャッターが切れるし、ブレもしないし、撮りたい瞬間に撮りたい画が撮れる。
イベントが盛りだくさんの結婚式、AFがしっかり合って一瞬の表情も逃さず、
撮影者にとってストレスの少ない非常に素晴らしい機材でした。



EOS 5D MarkⅣ + EF24-70mm F2.8L II USM
F5.6 1/160 ISO-2000 70mm+トリミング




EOS 5D MarkⅣ + EF24-70mm F2.8L II USM
F6.3 1/80 ISO-4000 70mm


今まではずっとEOS 5D MarkIII+EF24-105mm F4L IS USMの組み合わせで結婚式を撮影していました。
その組み合わせと比べた結果、
やはりEOS 5D MarkⅣは解像度もAFも色味も操作性も、全ての性能が非常に向上していました!!
本当に素晴らしい機材です。

EOS 5D MarkⅣになってから少し赤味が抜けてスッキリとした印象の写真に。
式場内と披露宴内の赤味が出やすい状況でも、WBが調整しやすかったです。
解像度とISO感度も向上していて、原寸表示でもノイズが少なく非常に美しい。
EF24-70mm F2.8L II USMだと少し距離が足りないので一部トリミングをしていますが、トリミングして大きく引き伸ばしても問題のないレベルです。
EF24-105mm F4L IS II USMとどちらにしようか迷いどころですが、画質と解像度を優先すると、EF24-70mmが良いと思います。
ただトリミングするのが手間と考える場合はEF24-105mmの方が表情を大きくとらえられるので、それぞれの好みに合わせて選ぶのも良いです。

今回の写真はトリミング以外の画像処理をいじっておらず、全てJPEG撮って出しです。
結婚式の写真は色味調整が難しいので勿論RAW現像処理がベストですが、
いつも撮影枚数が500~1000枚と多いので全て現像すると多大な時間が掛かります。。。
EOS 5D MarkⅣなら失敗も少なく、JPEG撮って出しでも充分綺麗な写真を沢山残せました。
これから春の結婚式シーズンにぜひ!

お仕事で使われる方は勿論、お子様やご家族を撮影される方、趣味で撮影される方にも断然おすすめです!



↓今回使用した機材はコチラ!↓












〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category:Canon|掲載日時:2018年02月22日 16時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

EOS5D MarkⅣ+EF14mm F2.8L Ⅱ USM 【Canon】超広角単焦点レンズの世界へ 2018年05月24日
筆者は時々レンズを衝動買いすることがります。 今回は「広角単焦点レンズ」を求め、 キヤノンのEF14mm F2.8L Ⅱ USMを購入しました。 今まで汎用性の高い画角を好んできた筆者にとっては初めての領域です。 しかし、こんなレンズこそ何か特別なものを撮ることができます。 このレンズは水平方向104°を写すことが可能な広角単焦点レンズで、 キヤノンLレンズのラインアップの中では最も広角といえる単焦点レンズです。 Ⅱ型とはいえ発売は2007年9月で現行レンズとしてはやや古いことから、 新品価格に...
続きを読む
【Canon】東京から小一時間の世界(前編) 【Canon】東京から小一時間の世界(前編) 2018年05月14日
とある5月の連休直前。何も考えておらず、直前まで特に予定を入れないでいました。 しかし学生時代、制作のため奄美大島で撮影した写真を見て急に離島へ出かけたくなります。 奄美大島は羽田空港から直行便で2時間半近く、しかも1日1往復しか飛んでおらず 2日間の日程で出かけるには少々もったいない行き先です。 もう少し近くでよい場所は無いか、悩んでいたところ....ありました! その名も「八丈島」 羽田空港から1時間かからず到達でき1日3便就航しています。運賃もそんなに高くない。 気付いた...
続きを読む
Canon(キヤノン)PowerShot G7X Mark II 【Canon】G7X Mark IIで街歩き 2018年04月19日
本日はCanon PowerShot G7X Mark IIを持って有楽町周辺を散策してきました。 この日の天候は晴れ。 青空に綺麗な雲が浮かび上がり、少し汗ばむくらいの心地良い一日でした。 焦点距離:24mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/640秒 ISO:200 まずは東京国際フォーラム内で広角撮影をしました。 はじめて訪れた場所だったのですが、事前に調べた際に「ガラスの船」のようだという文字を目にしました。 実際に目の当たりにしたら、まさにその通りで、ガラス張りの天井から光が差し込んでいる...
続きを読む
【Canon】EOS Kiss M レビュー  エントリー機の名前を冠した最新鋭ミラーレスの実力 【Canon】EOS Kiss M レビュー エントリー機の名前を冠した最新鋭ミラーレスの実力 2018年04月12日
Canon EOS Kiss M 2018年3月23日に新発売となったEOS Kiss M 気になっている方も多いのではないでしょうか? 今までキヤノンのKissシリーズはすべて一眼レフカメラでしたが、ついに満を持してミラーレス機としてデビューを果たしました。 今回EOS Kiss Mを使う機会がありましたので、作例を交えたレビューをお伝えしたいと思います。 エントリークラスとしての位置付けですが、実質的には現行のEOS M5やM6に対しての下剋上機種といって差し支えない完成度です。 新映像エンジンDIGIC 8が...
続きを読む
null SUPER GT を撮ろう。今シーズンまもなくスタート!! 2018年03月29日
SUPER GTとは、主に国内のサーキットで行われていて、 前身が全日本GT選手権(JGTC)として開催されていた自動車レースで、 2005年からFIA公認の国際シリーズとなった自動車レースです。 GT500クラスとGT300クラスという異なる2つのクラスの車両が同一コースを混走するという方式で, 両クラスの速度差から徐々に混走状態となり、 コースの所々で抜きつ抜かれつの争いが展開になる為、 観客にはより楽しめるエキサイティングな場面が増え、 コースサイドではその迫力のレースを撮ろうと多くのアマチュ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]