Select Language



あの日のこと、この日のこと。

[ Category:Leica|掲載日時:2018年02月09日 22時00分]




もう少しで7年目。
あの年に生まれた子供がもう小学生になるのだから、自分の感覚と歳月の流れに少し戸惑いを感じる時がある。



 

あの日で自分は変わった、と思っている。





でも、それ以上に自分の周りが変わっていた。





誰かの家の窓ガラスを通る光は、あの日の前と同じだろうか。





子供の頃に骨折した腕の鈍痛のように、寒くなるとぶり返す時がある。





たまにお風呂に浸かりながら、深く考える事がある。





この7年で、変わるもの。変わらないもの。





この日に海を眺めに来る意味。





誰のせいにもできない悔しさを思い出した。





ワタナベん家と、オオクボん家。





自分は戦時中の事は語れないが、この事は子供に伝えようと思う。





ソッチはどう? コッチは大丈夫。





この日には、人それぞれの思い出がある。
そして、今年もあの日が訪れる。
嬉しい時も、悲しい時も、私はシャッターを切り続ける。


2016.3.11 宮城・仙台市 荒浜地区にて撮影
(筆者出身:七郷地区)










〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年02月09日 22時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 2018年05月21日
皆様こんにちは。 今回はLeicaのプレミアムモデル「Leica M-P(Typ240) チタンセット」をご紹介! 2016年に世界限定333台で発売された数少ないレアモデル! 通常モデルはカメラボディに真鍮を使っていますが、当モデルはその名の通りチタンを使用! 軽くて頑丈な金属として近年注目を浴びている素材で、通常モデルのM-P(Typ240)よりも90gほど軽量化が図られています。 気になるセット内容は… ・Leica M-P(Typ240) ・ズミクロン M28mm F2 ASPH ・アポズミクロン M50mm F2 ASPH レンズはチタンアル...
続きを読む
【Leica】Tour de M9 【Leica】Tour de M9 2018年05月08日
ライカといえばスナップ撮影。 「スナップ写真の名作の多くにライカあり」というイメージです。 今回は敢えて街中のスリリングなスナップではなく、 「旅と共に」ライカを使ってみました。 今回はM9にSummilux 35mm F1.4 ASPH(旧)の組み合わせで館山へ。 海際の静寂をしっかり写し取ってくれました。 この日は曇りでした。上品な湿感で多少クセのあるところが 旧ASPHの好きなところです。 宿泊したホテルはオーシャンビュー。 日没と共にその姿は変わり、宵闇に佇む灯台の灯...
続きを読む
null 【Leica】M10 + SUMMARON 35mm F2.8 2018年05月06日
みなさま、ゴールデンウイークはいかがでしたか。 関東地方は好天に恵まれ、絶好の行楽日和となりました。 私も日頃行かない場所に、といっても公園ですが 出かけてまいりました。 今日のお供は【ライカ M10】と【ズマロン M35㎜ F2.8】です。 M10は2017年発売のMデジタルの最新鋭機。 ズマロンは1958年発売のレンズなので、その年齢差はなんと60年。 しかもブラックボディにシルバーレンズでもこの馴染みの良さはまさしくライカといえるものです。 ズマロン M35mm F2.8はクラシ...
続きを読む
【Leica】価格改定前に欲しいレンズ Pick up! 【Leica】価格改定前に欲しいレンズ Pick up! 2018年05月04日
皆様こんにちは! 早いもので、1年も3分の1が終わりました。新たに5月のスタートです! 5月と言えばゴールデンウィーク真っ只中ですが、カメラ業界では話題になっていることが1つあります。 それは…「Leica 価格改定」です! カメラ好きなら1度は手にしたいと思う憧れのLeicaというブランド。 来たる5月10日に対象商品が値上がりしてしまいます!! そこで今回は、価格改定の対象になっているレンズの中から「コレはイチオシ!」というものを幾つかご紹介! ノクティルックス M50mm F0.95...
続きを読む
null 【Leica】Tにあえてつけてみました。 2018年04月24日
「完璧かつ簡潔」 そんなコンセプトのもと、生み出されたライカT。 何故今ライカTなのか? TLでもTL2でもなく何故? その理由は後程。 アルミ削り出しの曲線的で洗練されたデザインは、スッと手に吸い付くように馴染みます。 背面を覆う大型のタッチパネル液晶はカスタマイズすることで自分のベストなメニュー配置にすることが出来ます。 まさに、機能を高めていくことで生まれた美しさ=「機能美」というものを体現しているカメラです。 さて、ライカTは専用のTマウントは勿論、Mレ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]