Select Language



【Voigtlander】夜を彷徨う。 NOKTON 50mm F1.1 VM

[ Category:etc.|掲載日時:2018年02月25日 10時30分]



待ち合わせは新宿駅、約束までにはたっぷりと時間がある。

カバンの中には「SONY α7II」と「Voigtlander NOKTON 50mm F1.1 VM」が入っている。

辺りはすっかり暗くなり、ふらりふらりと西新宿の街を歩き始めた。

こっちみてます

SONY α7II+Voigtlander NOKTON 50mm F1.1


視線を感じて横に目を向けると二つの眼がコチラを見ている。彼の仕事は、自転車の監視のはずなのだが、どうも自転車は眼中に無いようである。

曲がってます

α7II+Voigtlander NOKTON 50mm F1.1


直線道路の筈なのに、白線が微妙に曲がっている。人の手を感じさせる線を見ていると、無機質な直線が一気にぬくもりのある線に見えてくる。


脚立の持ち主は

α7II+Voigtlander NOKTON 50mm F1.1


お酒のイベントの準備なのだろうか。脚立とコーンが綺麗に並べられている。ただ、この三つの脚立、1人で運んだのだろうか。両肩に一脚づつ、あとの一脚は両手に持ってと、そうするとコーンは頭の上に並べて…。想像するとちょっとした曲芸の様だ。


ライダーは何をみるのか

α7II+Voigtlander NOKTON 50mm F1.1


信号待ちのスクーターのライダーは、何かに気が付いたらしい。視界を確保するために首を横に向けながら何かを見ている。光の残像を見ると気になるバイクがすれ違ったのかもしれない。

時計を見ると待ち合わせの時間が迫っていた。ファインダー越しに過ごす時間はあっという間らしい。慌てて駅に向かった。











〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category:etc.|掲載日時:2018年02月25日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

写真に残す。 写真に残す。 2018年06月21日
写真を撮っていくと 色々なことにこだわってきたり、臆病になったりします。 たとえば 白飛びや黒潰れ。 特にデジタルの世代になって「白飛び」にはかなり神経を使うことが多くなった気がします。 白飛びも黒潰れも気をつけなくてはいけないのは間違いありません。 そうなってしまったところは現像でも手をつけることが出来ませんから。 でもその「素材」を重視するあまり、なんでもかんでもアンダーに撮ってしまうようになっていました。 撮り方を知るほど、拡がる選択肢に助けられたり...
続きを読む
【Voigtlander】梅雨の合間に。 MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 【Voigtlander】梅雨の合間に。 MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 2018年06月18日
とある平日の午後。水田の真ん中にいた。 神奈川県開成町にあるあじさいの里。水田に沿って約5000株の紫陽花が植えられている。 水田に沿って進みながら「SONY α7II」と「Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 」でのんびりとシャッターを切る。 木彫りのカエルが道の脇に置いてある。荒々しい彫りの中に何とも言えない可愛らしさを感じる。 何か所に柄杓が置いてあり紫陽花に水を掛けられるようになっている。通るこども達が楽しそうに用水路から水を...
続きを読む
null 好きな物を写真に撮ろう。 2018年06月16日
Kasyapa for Leica : Elmarit-C 40mm F2.8 好きなのはカメラだけじゃない! 今回は筆者がKasyapaにて撮影したクルマ・バイクの写真だけを集めてみました。Kasyapaに掲載していないカットも含め、お届けしたいと思います。 まずは『レクサス LFA』世界限定500台・国内割り当て200台のスーパースポーツカー。ちなみにお値段は3750万円!(発売時)    Kasyapa : FUJIFILM FUJINON XF 16mm F1.4 R WR (Kasyapa非掲載) 『ランチア HFインテグラーレ』 最...
続きを読む
ロク・ヨン・ゴ。 ロク・ヨン・ゴ。 2018年06月12日
「CONTAX645」 筆者がフィルムカメラを始めた頃からずっと憧れていたカメラです。 「645」というのはフィルムの大きさを表します。 一般的なフィルムカメラは35mm判。 この645は「ブローニーフィルム」という35mm判に比べ、少し大きいフィルムを使用します。 左が35mmフィルムで右がブローニーフィルム。 ブローニーフィルムは「中判(ちゅうばん)」と呼ばれるカメラに使われます。 「ブローニー」や「120」、「220」という名前で呼ばれることが多いロールタイプのフィルムです。 220は120...
続きを読む
【KONICA MINOLTA】始めたばかりの頃のカメラ 【KONICA MINOLTA】始めたばかりの頃のカメラ 2018年06月11日
今から15年近くも前のこと、筆者がまだ小学校高学年だったころ。 機会あって父から真新しいデジタルカメラをもらいました。Canon 「IXY DIGITAL 30a」でした。 大したものを撮るでも訳でもありませんでしたが、写真というものが新鮮で色んなものを撮った記憶があります。 修学旅行では周囲はレンズ付フイルム(いわゆる使い捨てカメラ)が普通なところ、 私はひとりデジタルカメラ。その便利さと写真の面白さにすっかり目覚めていったのでした。 使っているうちにもらったIXY DIGITAL 30aでは色々と不満...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]