Select Language



【Leica】世界遺産 富岡製糸場

[ Category:Leica|掲載日時:2018年02月26日 10時30分]


M21mmF2.8

富岡製糸場は都心からのアクセスも良く、日帰りで気軽に見学のできる世界遺産です。
最寄りの駅は、高崎から上信電鉄線の上州富岡駅
車だと上信越自動車道の富岡ICをおりてすぐ、駅周辺には無料の駐車場もあります。


M21mmF2.8

M21mmF2.8

M21mmF2.8

M21mmF2.8
中央に巨大なゴーストが出ています。
時々、マンガの「まぶしい」表現にこういう絵が出てきますが、
絞りの枚数を数えてしまうのは職業病でしょうか。


M21mmF2.8

M21mmF2.8

M21mmF2.8
1872年、官営工場として誕生。
日本を生糸の輸出国世界一に押上げた工場と敷地内の建物、設備を見ることが出来ます。
巨大なレンガ造りの倉庫は繭を保管しておく場所です。
レンガは瓦職人が焼いたそうです。


M21mmF2.8

M21mmF2.8

M21mmF2.8
繭から糸を紡ぎだす座繰り体験も出来ます。
繭がだんだん透けてきて、中からさなぎが顔を出します。


M21mmF2.8

M21mmF2.8
機械を動かす「ブリュナエンジン」。蒸気機関です。


M21mmF2.8
操糸場の自動繰糸機、圧倒的な迫力です。


M21mmF2.8

M21mmF2.8

M21mmF2.8
敷地は広く、宿舎、診療所もありました。
当時の施設をそのまま残しています。


M21mmF2.8
鏑川(かぶらがわ)
この川の水を利用し繭を茹でるお湯、機械を動かす蒸気を作り出しました。
使用後の水は下水を通して排水していたそうです。

今回は【ライカM-P】+【エルマリートM21mmF2.8】を使用しました。
M-P(Typ240)は2014年発売のライカM型のトップモデル。
エルマリートは1980年にスーパーアンギュロンに代わって登場したレンズです。
その後、アスフェリカルとしてレンズ構成が刷新されています。

この組み合わせ、30年の開きを感じさせないマッチングにあらためて「ライカ感」を感じます。
ただ、昔のM型と大きく違うところがあります。
それは、外付けファインダーがいらないこと。
M-Pにはライブビュー機能があります。
今までは、ボディのファインダーにない画角のレンズを使用するときは、
トップカバー上部にファインダーを付けていました。
M型ライカの変遷はレンジファインダーの対応画角の歴史でもあります。

ライブビュー機能、
これにより広角から望遠まであらゆるレンズをストレスなく装着することが出来るようになりました。
それはM型ライカが、フィルムかデジタルかということよりも大きな変化かもしれません。

















〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年02月26日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】Qと旅する~台湾編~ 【Leica】Qと旅する~台湾編~ 2018年06月19日
今回Qと共に訪れたのは、台湾! まずは仕事終わりに羽田に集合! 一晩明かし、早朝の便で旅立ちます。 人生初海外ということもあり、ドキドキワクワクの中上陸しました! 暑いというのは調べていましたが、正直甘かったです。 サウナと言っても過言ではない次元でした。 ではまずは水分補給をしましょう。 Monster改め魔爪です。 日本のものに較べると味や香りが薄く、癖がない印象でした。 こちらは日本では見かけないチュッパチャップスのジュース お茶が激甘だったりと、甘...
続きを読む
【Leica】SL(Typ601)で撮るライブ in 新宿レッドクロス Vol.1 【Leica】SL(Typ601)で撮るライブ in 新宿レッドクロス Vol.1 2018年06月05日
皆様こんにちは! 今までに2回ほど撮らせてもらっている知り合いのバンドのライブがあったので 久しぶりに観に&撮りに行ってきました。 彼女たちの今までのライブ風景はコチラ! 今まではPENTAX K-1で撮っていたのですが、今回はLeica SL(Typ601)にて。 ライブハウスの激しい照明の明滅や基本的に薄暗い環境などでEVFはどう見えるのか… 撮影前はちょっと不安があったのが本音です。ひとまず写真を載せていきます。 ステージの全体写真以外は全て「アポズミクロン M90mm F2 ASPH」を使ってい...
続きを読む
【Leica】ライカの傘 【Leica】ライカの傘 2018年06月03日
本日はライカから出ている『とある商品』をご紹介します。 ライカといえば知っての通り、カメラの中でも一歩上をいくメーカーであり、ともすればなかなか手を伸ばし辛いイメージがありますがこちらは違います。何しろ傘です。ライカアンブレラというライカから発売されている傘なのです。 グレイカラーにライカバッジをあしらったデザインが印象的。 また親骨の長さが77cmの大型で開いてみれば大人二人くらいは余裕で入れそうなサイズで、内部の骨組みもしっかりと作られています。 価格に関し...
続きを読む
【Leica】フィルムカメラ大量入荷致しました! 【Leica】フィルムカメラ大量入荷致しました! 2018年05月30日
皆様こんにちは! 例年よりだいぶ早いですが、関東も雨の日が徐々に増え、そろそろ梅雨入りでしょうか… マップカメラではしばらく品薄だった「Leica M型フィルムカメラ」が沢山入荷致しました! 我々スタッフも待ちに待った、といったところです。 今回は沢山入荷したM型フィルムカメラから幾つかPick upしてお届けします! まずは往年の名機として名を馳せる「Leica M3」にメガネ付きレンズを装着! M3はカメラ内に50/90/135mmの3種類のブライトフレームを内蔵しており ファインダー倍率がM...
続きを読む
【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 2018年05月21日
皆様こんにちは。 今回はLeicaのプレミアムモデル「Leica M-P(Typ240) チタンセット」をご紹介! 2016年に世界限定333台で発売された数少ないレアモデル! 通常モデルはカメラボディに真鍮を使っていますが、当モデルはその名の通りチタンを使用! 軽くて頑丈な金属として近年注目を浴びている素材で、通常モデルのM-P(Typ240)よりも90gほど軽量化が図られています。 気になるセット内容は… ・Leica M-P(Typ240) ・ズミクロン M28mm F2 ASPH ・アポズミクロン M50mm F2 ASPH レンズはチタンアル...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]