Select Language



小さい、ということ

[ Category:SONY|掲載日時:2018年02月24日 01時00分]




35mm。
これまでに多くのカメラマンや写真家が愛用し、スナップからポートレートまで
幅広い撮影に使われる焦点距離です。

一般的に人の視点に近いといわれるのは50mmですが、
35mmというのは人の目に見えている範囲、
すなわち「視界」に近いのではないかと思います。

日常や旅先で自分の見たものを自然に記録するために、
機材は必要最小限にして軽快にいきたいものです。

今回使用したSAMYANG (サムヤン) AF 35mm F2.8 FE
はまさしく軽快の一言に尽きるレンズです。
ソニーの純正レンズにもSonnar T* FE 35mm F2.8 ZA SEL35F28Z
がありますが、本レンズはそれと焦点距離や明るさは
同一でありながら質量(本体のみ)で85.6gと軽く、
お値段もリーズナブルになっています。


SONY (ソニー) α7Rボディ ILCE-7R+SAMYANG (サムヤン) AF 35mm F2.8 FE

スキー場へ向かう車窓から。
窓ガラス越しではありますが、遠くの雪山はシャープ、
そして開放付近での適度な周辺光量の減少によって
より旅情感が強まります。


SONY (ソニー) α7Rボディ ILCE-7R+SAMYANG (サムヤン) AF 35mm F2.8 FE

途中で立ち寄ったサービスエリアでの一コマ。
この日は風が強く、細かな雪の粒が風で巻き上がっていました。


SONY (ソニー) α7Rボディ ILCE-7R+SAMYANG (サムヤン) AF 35mm F2.8 FE

スキー場の屋根。
F8まで絞れば全体的にシャープになります。
開放時との描写の違いがはっきりしているので使い分け次第で写真の表情を変化させることが出来ます。


SONY (ソニー) α7Rボディ ILCE-7R+SAMYANG (サムヤン) AF 35mm F2.8 FE


所変わってとある路地。
光が差し込む階段のひび割れが時代を感じさせます。
モノクロにすると絞った時のシャープさがより引き立ちます。

SONY (ソニー) α7Rボディ ILCE-7R+SAMYANG (サムヤン) AF 35mm F2.8 FE

SONY (ソニー) α7Rボディ ILCE-7R+SAMYANG (サムヤン) AF 35mm F2.8 FE


当然ながら、写真はカメラを構えなければ撮ることはできません。
ふとした瞬間にカメラがそこになければ何もできないのです。
このレンズならボディに装着してもほとんど存在を感じさせないほどに軽くコンパクトです。
たとえバッグの中にしまっていたとしてもすぐにサッと取り出すことができます。
そして何よりフルサイズ対応というのは驚くべきことです。

撮りたいと思った瞬間にカメラを持っている、
というのはどんな機材を使うか、ということより増して重要です。
ふとした瞬間を高画質で気軽に撮れる、
SAMYANG (サムヤン) AF 35mm F2.8 FEで気の向くままに
撮影をお楽しみください


今回使用した機材はこちら
SONY (ソニー) α7Rボディ ILCE-7R
SAMYANG (サムヤン) AF 35mm F2.8 FE


















〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年02月24日 01時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

EOS Kiss X8i + EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM 【Canon】初撮り Kiss X8i 2018年06月23日
初心者、女性でも使いやすいと評判の【EOS Kiss X8i + EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM】で、都内某所をお散歩してきました。 まずは、神社で参拝です。 ここでは、パワースポットの「勝ち運の銭洗い弁天」があると知り、小銭を洗ってみました。 こちらの水で願いを込めてお金を洗うとご利益があるそうです。 私は 115円 で、「いいご縁がありますように」と願いを込めてみました。 梅雨の時期ということもあり、紫陽花が咲いてました。 そろそろお腹が空いたので、スープカレ...
続きを読む
デジタル一眼はじめました。 デジタル一眼はじめました。 2018年06月22日
マップカメラに入社してからはや数年、子供たちの小学校入学を機にミラーレス一眼カメラの購入を決めました。 ボディは、オートフォーカスと連続撮影に定評がありタッチパネルを装備している、α6500。 レンズは、まずは標準ズームと思い SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z を選びました。 これがデジタル一眼初体験という状態にもかかわらず、入学式1週間前にやっと購入。 機能の確認や試し撮りする時間もほとんどないまま、ほぼぶっつけ本番での撮影となりました。 ...
続きを読む
null 写真展のご案内 〜 写真展『水のとき』 2018年06月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 - 『水のとき』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
写真に残す。 写真に残す。 2018年06月21日
写真を撮っていくと 色々なことにこだわってきたり、臆病になったりします。 たとえば 白飛びや黒潰れ。 特にデジタルの世代になって「白飛び」にはかなり神経を使うことが多くなった気がします。 白飛びも黒潰れも気をつけなくてはいけないのは間違いありません。 そうなってしまったところは現像でも手をつけることが出来ませんから。 でもその「素材」を重視するあまり、なんでもかんでもアンダーに撮ってしまうようになっていました。 撮り方を知るほど、拡がる選択肢に助けられたり...
続きを読む
ユカイハンズ・アシスタント写真展『Sunrise』 写真展のご案内 〜 ユカイハンズ・アシスタント写真展『Sunrise』 2018年06月21日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは ユカイハンズ・アシスタント写真展 - 『Sunrise』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む

[↑TOPへ戻る]