Select Language



【SONY】α7III その進化に迫る Part1

[ Category:SONY|掲載日時:2018年02月27日 20時25分]


α7III ブログ
マップカメラが注目する
α7Ⅲの特徴
α7Ⅲは凄い!
ライバル機とスペック比較

α7IIユーザーのみならず、多くのカメラファンから期待されていた『α7III』が遂に発表されました。その詳細は驚くもので、操作系やボディ形状はα9やα7RIIIと共通するものへ一新。センサーは裏面照射型へと進化し、AFに至ってはα9以上の693点像面位相差と425点のコントラストAFを併せ持つハイブリッドAFへと強化されました。ベーシックグレードでありながら上位機種よりも優れた性能も目立つ『α7III』。今回は注目すべきポイントをピックアップし、ご紹介致します。

新開発の裏面照射型CMOS
約15ストップのダイナミックレンジ

α7III ブログ

有効約2420万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサーを新たに開発し、画像処理システムも新世代の画像処理エンジンBIONZ Xと画像処理をサポートするフロントエンドLSIに一新。常用ISO感度を最高ISO51200まで高め、ISO100~51200(拡張ISO50~204800)の広い感度域をカバーし、暗所や薄暗い場所でもノイズの少ない高感度撮影ができます。低感度時は、約15ストップの広いダイナミックレンジを実現。一新した画像処理システムにより、色再現性をより高め、ポートレート撮影における肌色や、鮮やかな花の色などを自然に描写します。

10コマ/秒の高速連続撮影
10コマ/秒のサイレント撮影を実現

最新のシャッターユニット採用に加え、画像処理システムを刷新することで、従来機『α7 II』比の2倍となる最高約10コマ/秒のAF/AE追従高速連写を実現。無音・無振動のサイレント撮影時にも、同様に最高10コマ/秒で連写できます。さらに、ライブビュー方式では最高約8コマ/秒の高速連写が可能です。バッファメモリーの大容量化に加え、システムの高速化とUHS-II対応のSDカードスロット採用などにより、JPEGスタンダード約177枚/圧縮RAW約89枚/非圧縮RAW約40枚の連続撮影ができます。

5.0段分に進化した
ボディ内5軸手ブレ補正機能

高精度な手ブレ補正ユニットとジャイロセンサーを搭載し、手ブレ補正アルゴリズムも最適化したことで、5.0段の補正効果を実現し、様々なブレに対して5軸でブレを検出して高い補正効果を発揮します。静止画撮影中の手ブレ補正効果は、シャッターボタン半押しまたはピント拡大表示中にライブビュー映像で確認することができます。さらにボディ内手ブレ補正は、すべてのEマウントレンズはもちろん、マウントアダプターを介して装着するAマウントレンズなどでも活用できます。加えて、動画撮影時も5軸で手ブレを高精度に補正します。



AF-Cモードに対応した
「瞳AF」

α7III ブログ

瞳を検出してオートフォーカスする瞳AF機能の検出精度・速度が向上し、AF-Cモードにも対応。瞳に安定して追従し続け、正面からうつ向き顔になった場合や振り向いた瞬間など、ピント合わせが難しい状況でも、瞬時に瞳を検出しピントを合わせて追従します。また、AF時の顔優先が[入]時は、シャッター半押しやAF-ONボタンを押すだけで自動で瞳AFが作動するようになりました(AF-Sモード時のみ)。さらにマウントアダプターを介してのAマウントレンズ装着時(※対応レンズの詳細は、メーカーサイトをご覧ください)も瞳AFに対応します。


デュアルSDカードスロットと
マルチセレクター

α9、α7RIIIと同様にデュアルスロットを搭載。スロット1はUHS-II対応なので、大容量の撮影データも高速で書き込むことが可能です。
また、操作系は『α7RII』と共通したものになり、AFポイントを任意で変えることのできるマルチセレクター、そしてAF-ONボタンが追加になったのが大きな進化点です。



α9のAFシステムを最適化した
最高峰のAF性能

α7III ブログ

撮像エリアの約93%をカバーする範囲に693点の像面位相差AF。コントラストAFは従来機『α7 II』の25点から425点に多分割化し、検出精度が大幅に向上しています。AF速度は低輝度時に最大2倍向上。動体追従性能においては、イメージセンサーからの読み出し速度の高速化に加え、最新の動体予測アルゴリズムを本機に最適化して搭載することで、従来機比約2倍に向上しています。また、AFアルゴリズムの進化により、AF-SモードでのAF検出輝度範囲の下限値はEV-3(ISO100相当/F2.0レンズ使用)を達成し、暗いシーンでも高精度な撮影が可能です。



α9・α7RIIIと同じ大容量バッテリー
「NP-FZ100」採用

α9、α7RIIIと共通のバッテリー、NP-FZ100を採用することにより容量が大幅にUPしました。ファインダー使用でミラーレス業界最大となる約710枚の静止画撮影が可能です。






次の記事へ >>




〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年02月27日 20時25分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

デジタル一眼はじめました。 デジタル一眼はじめました。 2018年06月22日
マップカメラに入社してからはや数年、子供たちの小学校入学を機にミラーレス一眼カメラの購入を決めました。 ボディは、オートフォーカスと連続撮影に定評がありタッチパネルを装備している、α6500。 レンズは、まずは標準ズームと思い SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z を選びました。 これがデジタル一眼初体験という状態にもかかわらず、入学式1週間前にやっと購入。 機能の確認や試し撮りする時間もほとんどないまま、ほぼぶっつけ本番での撮影となりました。 ...
続きを読む
【SONY】少しの非日常 SONY RX100 【SONY】少しの非日常 SONY RX100 2018年05月21日
とある平日。思い立ってプチツーリングに出掛けた。 リアバックにはデイキャンプの道具、腰のケースにRX100を詰めて走り出した。 2時間後、目の前に広がるのは湖と橋。でも、今日はここが目的地ではない。 湖畔の林道を通ってとある場所を目指す。 ここが第一の目的地。崖から滾々と湧水が湧いている。 この日は最高気温が30度近くまで上がっていた。水に手を付けるとひんやりとした流れを感じる。 水筒に水を詰めると、また再び走り出した。 着いたのは本日の目的地。河...
続きを読む
null 【SONY】 α7RIIIでプロレスの写真を撮る。 2018年05月19日
本日はプロレスの写真撮影に再挑戦する為に「SONY α7RIII + FE 70-300mm F4.5-5.6 G」を携えて格闘技の聖地「後楽園ホール」に再びやって参りました。 今回もリングに最も近い最前列での観戦です。 この日の試合はお昼からのスタートでしたが、第一試合から白熱する闘いが繰り広げられました。 選手達の熱い表情を「FE 70-300mm」が鮮明に捉えてくれます。 「α7RIII + FE 70-300mm」の組み合わせならば最前列からでもリング中央での熱戦をいとも簡単に撮影する事が可能です。 「...
続きを読む
null 【SONY】箱根で感じる物語の世界 2018年05月13日
少し前のお話しです。 春の足音が近づいてきた日のこと、王子さまに会いに行くことにしました。 王子さまはとてもすてきなところにいました。 日本であることを忘れてしまうかのようです。ここは20世紀初頭のフランスの街並みが再現されています。 色褪せた外壁と真新しい鮮やかなブルーの扉の対比に心くすぐられます。 良く見ると、作者の名前が看板になっていました。 こんな遊び心あふれる造りも、物語の世界に入り込んでいるようでときめきます。 直訳すれば「サン=テグジュペリの家」...
続きを読む
null 【SONY】二律背反 2018年05月07日
ボケ味と解像力。二律背反する要素を高い水準で纏め上げたソニー渾身の一石。 大口径標準ズームレンズFE 24-70mm F2.8 GM。 発売されてから2年ほど経過し、その間にFE 24-105mm F4 G OSSが発売され、更に今月末にはTAMRONから初のフルサイズのEマウントに対応した標準ズームレンズ28-75mm F2.8 DiIII RXD(Model A036SF)が発売となる。 徐々に選択肢が広がっていく中で描写の再確認をと思い、マップカメラ本館5F、ソニーフロアスタッフが撮影に臨んだ。 ss1/50 F2.8 ISO100 焦点距離47mm 2度目に...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]