Select Language



CP+2018レポート その2

[ Category:etc.|掲載日時:2018年03月02日 10時35分]


CP+2018レポート
CP+2018レポート CP+2018レポート
CP+2018レポート CP+2018レポート
  

今年のCanonブースの目玉は何と言っても『EOS Kiss M』です。本格的な画作りができるエントリー一眼レフとして、世界中のユーザーから絶大な支持を得てきたEOS Kissが次のモデルからミラーレス機に生まれ変わります。実機を試せるタッチアンドトライコーナーでは、若い女性から大きなカメラを肩から下げたベテランまで、幅広い層のカメラファンが撮影を楽しんでいました。2018年はキャノンの一眼レフにとって大きな節目となる年になるかもしれません。

 
CP+2018レポート CP+2018レポート








CP+2018レポート
CP+2018レポート CP+2018レポート
CP+2018レポート CP+2018レポート
  

FUJIFILMブースでは発売されたばかりの『X-H1』が一番の注目機種。第3のフラッグシップ機として登場した本機ですが、ラインアップが紹介されたディスプレイを見ると、頂点に君臨しているのが『X-H1』です。タッチアンドトライ、動画システムの紹介、写真作品を紹介するブースなど、『X-H1』に対するメーカーの本気度が伝わってくる展示でした。

 
CP+2018レポート CP+2018レポート










CP+2018レポート
CP+2018レポート CP+2018レポート
CP+2018レポート CP+2018レポート
  

オリンパスブースはフラッグシップ機である『E-M1 MarkII』に加え、3/9発売予定の『PEN E-PL9』がメインに展示されています。毎回面白いディスプレイがあるイメージのオリンパスですが、今年はヴィンテージ風に加工されたPENやOM-Dの展示が多くの注目を集めていました。また、メーカー純正で本格的な水中撮影ができるハウジングを出していることもあり、水中撮影の特設コーナーも用意されていました。

 
CP+2018レポート CP+2018レポート








CP+2018レポート
CP+2018レポート CP+2018レポート
CP+2018レポート CP+2018レポート
  

今年のパナソニックブースは静止画撮影のフラッグシップモデルとして登場した『G9 PRO』のタッチアンドトライが一番のメイン。そして3/15に発売予定の『GX7 MK3』と新しい望遠レンズ『LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S. 』も試すことができます。例年だと独自のデジタル技術を紹介する展示が目立っていたパナソニックブースですが、今年は写真とカメラを前面に押し出す展示へと大きく変わっています。『G9 PRO』の登場をきっかけに今後のパナソニックのカメラブランドイメージが大きく変わる予感がしました。

 
CP+2018レポート CP+2018レポート








CP+2018レポート
CP+2018レポート CP+2018レポート
CP+2018レポート CP+2018レポート
  

近年は一眼レフ用やレンジファインダー用のレンズのみならず、魅力的なEマウントレンズも次々と発表するコシナ。今年はCP+開幕直前に『NOKTON 50mm F1.2 Aspherical VM』『COLOR-SKOPAR 21mmF3.5 Aspherical E-mount』『MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount』の新レンズ3本を発表しました。そのうちNOKTONとMACRO APO-LANTHARはデモ撮影可能で、新レンズの描写をいち早く体感することができます。個人的に最も興味のあった『NOKTON 50mm F1.2 Aspherical VM』は想像以上にコンパクト。開放からのピントの立ちもよく、F1.2らしい深いボケ味が大変美しい描写でした。

 
CP+2018レポート CP+2018レポート












[ Category:etc.|掲載日時:2018年03月02日 10時35分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

写真に残す。 写真に残す。 2018年06月21日
写真を撮っていくと 色々なことにこだわってきたり、臆病になったりします。 たとえば 白飛びや黒潰れ。 特にデジタルの世代になって「白飛び」にはかなり神経を使うことが多くなった気がします。 白飛びも黒潰れも気をつけなくてはいけないのは間違いありません。 そうなってしまったところは現像でも手をつけることが出来ませんから。 でもその「素材」を重視するあまり、なんでもかんでもアンダーに撮ってしまうようになっていました。 撮り方を知るほど、拡がる選択肢に助けられたり...
続きを読む
【Voigtlander】梅雨の合間に。 MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 【Voigtlander】梅雨の合間に。 MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 2018年06月18日
とある平日の午後。水田の真ん中にいた。 神奈川県開成町にあるあじさいの里。水田に沿って約5000株の紫陽花が植えられている。 水田に沿って進みながら「SONY α7II」と「Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 」でのんびりとシャッターを切る。 木彫りのカエルが道の脇に置いてある。荒々しい彫りの中に何とも言えない可愛らしさを感じる。 何か所に柄杓が置いてあり紫陽花に水を掛けられるようになっている。通るこども達が楽しそうに用水路から水を...
続きを読む
null 好きな物を写真に撮ろう。 2018年06月16日
Kasyapa for Leica : Elmarit-C 40mm F2.8 好きなのはカメラだけじゃない! 今回は筆者がKasyapaにて撮影したクルマ・バイクの写真だけを集めてみました。Kasyapaに掲載していないカットも含め、お届けしたいと思います。 まずは『レクサス LFA』世界限定500台・国内割り当て200台のスーパースポーツカー。ちなみにお値段は3750万円!(発売時)    Kasyapa : FUJIFILM FUJINON XF 16mm F1.4 R WR (Kasyapa非掲載) 『ランチア HFインテグラーレ』 最...
続きを読む
ロク・ヨン・ゴ。 ロク・ヨン・ゴ。 2018年06月12日
「CONTAX645」 筆者がフィルムカメラを始めた頃からずっと憧れていたカメラです。 「645」というのはフィルムの大きさを表します。 一般的なフィルムカメラは35mm判。 この645は「ブローニーフィルム」という35mm判に比べ、少し大きいフィルムを使用します。 左が35mmフィルムで右がブローニーフィルム。 ブローニーフィルムは「中判(ちゅうばん)」と呼ばれるカメラに使われます。 「ブローニー」や「120」、「220」という名前で呼ばれることが多いロールタイプのフィルムです。 220は120...
続きを読む
【KONICA MINOLTA】始めたばかりの頃のカメラ 【KONICA MINOLTA】始めたばかりの頃のカメラ 2018年06月11日
今から15年近くも前のこと、筆者がまだ小学校高学年だったころ。 機会あって父から真新しいデジタルカメラをもらいました。Canon 「IXY DIGITAL 30a」でした。 大したものを撮るでも訳でもありませんでしたが、写真というものが新鮮で色んなものを撮った記憶があります。 修学旅行では周囲はレンズ付フイルム(いわゆる使い捨てカメラ)が普通なところ、 私はひとりデジタルカメラ。その便利さと写真の面白さにすっかり目覚めていったのでした。 使っているうちにもらったIXY DIGITAL 30aでは色々と不満...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]