Select Language



CP+2018レポート その3

[ Category:etc.|掲載日時:2018年03月02日 13時15分]


CP+2018レポート
シグマブース
シグマブース センサークリーニング
  

シグマブースにも沢山の新商品が並びました。
ブース入口にディスプレイされた商品ラインナップ。豊富なレンズ群に圧倒されますが、ブース内ではセンサークリーニングの実演をするなど、唯一無二のFoveonセンサー搭載カメラの存在感も際立ちます。

 
art35mm art14mm
art70mm art105mm
  

レンズ群は、ソニーEマウントレンズにアップデートされたArtシリーズの単焦点レンズが並びます。すでにマウントコンバーターを介して使用可能なレンズ群ですが、専用マウントになったことでAFがより正確で、高速になりました。α7IIIの登場もあり、Eマウントレンズからますます目が離せなくなりました。
さらにカミソリマクロの呼び声高いの「Art 70mm F2.8 DG MACRO」やディストーションゼロの大口径超広角ズームレンズ「Art 14-24mm F2.8 DG HSM」、F1.4シリーズ最長焦点距離のBOKEH-MASTER「Art 105mm F1.4 DG HSM」を見ることができました。

 




CP+2018レポート
タムロンブース
タムロン新レンズ sp70-210
  

タムロンブースでは、新製品の「70-210mm F4 Di VC USD」とタムロン初の35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ用レンズ「28-75mm F2.8 Di III RXD」がお披露目。新製品ながら焦点距離の値を見ると少し懐かしい感じになる商品です。「70-210mm F4 Di VC USD」は実際に撮影を体感することができました。ズーム全域でF/4固定の利便性に加え、軽量且つ強力な手ぶれ補正機能が相まってとても使いやすい印象を受けました。

 


kenko
ケンコーブース
Firin opera
  

ケンコー・トキナーブースで真っ先に目に飛び込んできたのが、トキナーの新レンズ2本です。
画質に定評のあるソニーEマウント用単焦点レンズ「FíRIN 20mm F2 FE」が光学系そのままにAF化。カメラのAF機能が向上しているだけに嬉しい進化です。
そして高級レンズの新シリーズとして「opera 50mm F1.4 FF」が新登場。イタリア語で作品という意味をもつ名称が与えられた新レンズ。その名に相応しい活躍が想像できるレンズです。

 
samyang samyang
ゼクロス
  

韓国製レンズ「SAMYANG」レンズにも新製品が登場。キヤノン用のAFレンズ「AF14mm F2.8 EF」や、ニコン用マニュアルレンズ「XP14mm F2.4 ED」、そしてキヤノン用マニュアルレンズ「XP50mm F1.2」が紹介されていました。
XP50mm F1.2をブースに置かれていたEOS 6D に装着してみましたが、なかなかの迫力です。ピント面はすごく薄いものの、明るい開放Fのおかげでスムーズなピント合わせが可能です。
他にもフィルムスキャナーや5月発売予定の新製品ゼクロスC-PLフィルターを見ることができました。

 


マルミ
マルミブース exus
  

新製品のフィルターといえば、マルミ光機からもEXUSブランドのNDフィルターが発表。9段、10段分相当のND500、ND1000もありバリエーション豊富です。

 


LAOWA
ラオワブース YI M1
  

高いコストパフォーマンスが魅力なLAOWAレンズを集めたサイトロンジャパンのブースも大盛況です。
展示レンズに紛れて見たことのないカメラを発見!マイクロフォーサーズ用の7.5mmF2レンズを装着したカメラは中国の「YI」というメーカーの「M1」というカメラでした。いたるところに新しい発見があるのもCP+の醍醐味です。

 







[ Category:etc.|掲載日時:2018年03月02日 13時15分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

写真に残す。 写真に残す。 2018年06月21日
写真を撮っていくと 色々なことにこだわってきたり、臆病になったりします。 たとえば 白飛びや黒潰れ。 特にデジタルの世代になって「白飛び」にはかなり神経を使うことが多くなった気がします。 白飛びも黒潰れも気をつけなくてはいけないのは間違いありません。 そうなってしまったところは現像でも手をつけることが出来ませんから。 でもその「素材」を重視するあまり、なんでもかんでもアンダーに撮ってしまうようになっていました。 撮り方を知るほど、拡がる選択肢に助けられたり...
続きを読む
【Voigtlander】梅雨の合間に。 MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 【Voigtlander】梅雨の合間に。 MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 2018年06月18日
とある平日の午後。水田の真ん中にいた。 神奈川県開成町にあるあじさいの里。水田に沿って約5000株の紫陽花が植えられている。 水田に沿って進みながら「SONY α7II」と「Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 」でのんびりとシャッターを切る。 木彫りのカエルが道の脇に置いてある。荒々しい彫りの中に何とも言えない可愛らしさを感じる。 何か所に柄杓が置いてあり紫陽花に水を掛けられるようになっている。通るこども達が楽しそうに用水路から水を...
続きを読む
null 好きな物を写真に撮ろう。 2018年06月16日
Kasyapa for Leica : Elmarit-C 40mm F2.8 好きなのはカメラだけじゃない! 今回は筆者がKasyapaにて撮影したクルマ・バイクの写真だけを集めてみました。Kasyapaに掲載していないカットも含め、お届けしたいと思います。 まずは『レクサス LFA』世界限定500台・国内割り当て200台のスーパースポーツカー。ちなみにお値段は3750万円!(発売時)    Kasyapa : FUJIFILM FUJINON XF 16mm F1.4 R WR (Kasyapa非掲載) 『ランチア HFインテグラーレ』 最...
続きを読む
ロク・ヨン・ゴ。 ロク・ヨン・ゴ。 2018年06月12日
「CONTAX645」 筆者がフィルムカメラを始めた頃からずっと憧れていたカメラです。 「645」というのはフィルムの大きさを表します。 一般的なフィルムカメラは35mm判。 この645は「ブローニーフィルム」という35mm判に比べ、少し大きいフィルムを使用します。 左が35mmフィルムで右がブローニーフィルム。 ブローニーフィルムは「中判(ちゅうばん)」と呼ばれるカメラに使われます。 「ブローニー」や「120」、「220」という名前で呼ばれることが多いロールタイプのフィルムです。 220は120...
続きを読む
【KONICA MINOLTA】始めたばかりの頃のカメラ 【KONICA MINOLTA】始めたばかりの頃のカメラ 2018年06月11日
今から15年近くも前のこと、筆者がまだ小学校高学年だったころ。 機会あって父から真新しいデジタルカメラをもらいました。Canon 「IXY DIGITAL 30a」でした。 大したものを撮るでも訳でもありませんでしたが、写真というものが新鮮で色んなものを撮った記憶があります。 修学旅行では周囲はレンズ付フイルム(いわゆる使い捨てカメラ)が普通なところ、 私はひとりデジタルカメラ。その便利さと写真の面白さにすっかり目覚めていったのでした。 使っているうちにもらったIXY DIGITAL 30aでは色々と不満...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]