Select Language



【Canon】 EF135mm F2L USM + SIGMA MC-11 で撮る。

[ Category:Canon|掲載日時:2018年03月15日 18時35分]



SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L
絞り:F2.0/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:200 / SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L


 135mm。
 望遠レンズの入り口、とも言われる焦点距離ですが
 なかなか最初は単焦点レンズとして手にしよう、とは思わないかもしれません。

 しかし各社から出ている135mmのレンズにハズレなし
 と言えるほど写りが良く、国内外問わずその素晴らしい作例に惹かれた
 135mmユーザーは着実に増えています。ともいう私もその中の1人です。

 やはり135mmといえばポートレートだと思いますが
 ふらふら歩きながら撮るのにも面白いかも、と思い使っています。
 今日はそんな135mmスナップをご紹介させていただきます。

SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L
絞り:F3.2/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L


 丁度このレンズを手にした頃です。
 もうじき桜の季節、開花が待ち遠しいです。
 f3.2と割と絞っていますがボケも綺麗です。
 この撮影でこのレンズの魅力がグッと増しました。

 ん?と思われた方もいるかもしれませんが
 アスペクト比を16:9にしています。
 135mmだと縦が冗長になりがちなため、この比率の方が個人的に画作りがハマりやすいのです。

SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L
絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100 / SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L


 中望遠でF2の明るさから生まれるボケが魅力ですが
 解像力、描写力も素晴らしいものがあります。
 このレンズ、実はもう発売から20年以上経っています。(1996年発売)
 今は海外では売切れが続くほど人気で、マップカメラでも海外から足を運んで購入される方が沢山います。

SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L
絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 / SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L


SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L
絞り:F3.2/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:500 / SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L
 
 切り取る。
 中望遠の面白さ。

SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L
絞り:F2.0/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:200 / SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L

SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L
絞り:F2.0/ シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:400 / SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L

 開放で撮る直線の奥行き。
 楽しみ方は様々です。

SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L
絞り:F3.2/ シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / SONY α7RII + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L


 このレンズは「逆光が美しい」レンズかもしれません。
 ※この写真はSONY α7RIIで撮影しています。さすがの解像力です。

SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L
絞り:F2.2/ シャッタースピード:1/500秒 / ISO:320 / SONY α7RII + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L


 ちなみにこのSIGMA MC-11
 α7第二世代からであればAFも使用可能になります。
 今からご検討中の方がいらっしゃればα7IIからの組み合わせをおすすめします。
 (135mmのMFで動き回る娘を撮るのは骨が3,4本折れます)

SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L
絞り:F2.0/ シャッタースピード:1/160秒 / ISO:400 / SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L

SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L
絞り:F2.0/ シャッタースピード:1/800秒 / ISO:1000 / SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L


 勿論夜間スナップにも使えます。
 むしろこのレンズを持つようになって夜間スナップに興味が湧きました。
 
peak design (ピークデザイン) リーシュ カメラストラップ アッシュ


ちなみに

既にカメラ業界では有名ですが
私もpeak design (ピークデザイン)のストラップを購入しました。
既存のものより更に細身になったストラップ「リーシュ」です。
peak design (ピークデザイン)の付け替えが簡単な
アンカーリンクシステムは一度体験すると癖になります。
是非体験してみてください。









〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓
 

[ Category:Canon|掲載日時:2018年03月15日 18時35分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Canon】クリップオンストロボを使ってみよう! 2018年06月07日
F6.3 1/500 ISO-100 16mm フラッシュあり 先日、素敵なお二人のエンゲージフォトを撮影させて頂きました! ウェディングフォトはもちろんのこと、ポートレート撮影には欠かせない…それはストロボ。 今回はストロボありなしで、どれだけ違いがあるのかをご紹介いたします! ***カメラとレンズ情報は写真の上にカーソルを合わせて(スマートフォンの方は写真長押しで)ご確認下さい。 F5.6 1/500 ISO-100 16mm F5.6 1/640 ISO-100 16mm フラッシュあり この二枚は、フラッシュなし...
続きを読む
【はじまる410】体感型フォトムービー04『はじまるno森へ向かう旅』 【はじまる410】体感型フォトムービー04『はじまるno森へ向かう旅』 2018年06月06日
【はじまる410(フォト)ムービー】  まったく新しい体感型フォトムービー『はじまる410ムービー』 それは、いつもとは違う小さな旅。 そこは、新しい発見と未来を見る小さな旅。 そこへ、何度でも行きたくなる小さな旅。 そんな小旅行『はじまるトリップ』は、写真を通じて体感する小さな旅の物語です。 次はどこへ行こう!次は何をするに応える『はじまる410ムービー』がはじまります。 『はじまるトリップ ~ はじまるno森へ向かう旅 ~』 おかげさまで6月1日...
続きを読む
【Canon】東京から小一時間の世界(後編) 【Canon】東京から小一時間の世界(後編) 2018年06月04日
急に思い立った八丈島一泊二日の旅、前回に引き続き後編をお送ります。 前日は早朝から山へ海へ動きっぱなしで、普段眠りが浅い私もノンストップで寝ていました。 しっかりとしたお宿に泊まっていたのですが、滝のような雨が窓に打ち付ける音でその朝は目覚めたのでした。 底土港にて。 朝食をとっている間もずーっと滝のような雨が降っていました。 レンタルバイクで島を回っているため、今日は厳しいか...と思いましたが チェックアウトする頃には不思議と陽射しが出てきます。 数十分でガラッ...
続きを読む
EOS5D MarkⅣ+EF14mm F2.8L Ⅱ USM 【Canon】超広角単焦点レンズの世界へ 2018年05月24日
筆者は時々レンズを衝動買いすることがります。 今回は「広角単焦点レンズ」を求め、 キヤノンのEF14mm F2.8L Ⅱ USMを購入しました。 今まで汎用性の高い画角を好んできた筆者にとっては初めての領域です。 しかし、こんなレンズこそ何か特別なものを撮ることができます。 このレンズは水平方向104°を写すことが可能な広角単焦点レンズで、 キヤノンLレンズのラインアップの中では最も広角といえる単焦点レンズです。 Ⅱ型とはいえ発売は2007年9月で現行レンズとしてはやや古いことから、 新品価格に...
続きを読む
【Canon】東京から小一時間の世界(前編) 【Canon】東京から小一時間の世界(前編) 2018年05月14日
とある5月の連休直前。何も考えておらず、直前まで特に予定を入れないでいました。 しかし学生時代、制作のため奄美大島で撮影した写真を見て急に離島へ出かけたくなります。 奄美大島は羽田空港から直行便で2時間半近く、しかも1日1往復しか飛んでおらず 2日間の日程で出かけるには少々もったいない行き先です。 もう少し近くでよい場所は無いか、悩んでいたところ....ありました! その名も「八丈島」 羽田空港から1時間かからず到達でき1日3便就航しています。運賃もそんなに高くない。 気付いた...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]