Select Language



ネコ散歩

[ Category:etc.|掲載日時:2018年03月14日 10時30分]



Nikon (ニコン) D4 ボディ+ Carl Zeiss (カールツァイス) Distagon T* 25mm F2 ZF.2(ニコンF用)
Nikon D4 + Carl Zeiss Distagon T* 25mm F2 ZF.2

-お気に入りのカメラで猫を撮る-
筆者、大の猫好きで猫を探しにさまざな場所に散歩へ出かけています。

近年、猫ブームが到来し、お客様の中にも猫を飼われていたり、街中で筆者のように写真を撮っている方も、たくさんいるのではないかと思います。
店頭においても「猫の写真を撮るんですが、どんなカメラ・レンズがいいですか?」「どのように撮ったらいいですか?」といったご相談を受けることがあります。猫は動きを予測するのが難しい上に、種類や生活環境によっても、大きく変わってくるのでベストな機材を決めるのは難しいところでもあります。

そのような中で、筆者が猫を撮る時に気をつけているポイントが3つあります。

1.大きいボディ・大口径レンズを使わない
猫を探すのには長丁場になる可能性があるため、なるべく負担の少ない軽いボディを選ぶようにしております。
また、大口径レンズを使わない理由としては、レンズが大きな目玉のように見えてしまい、猫が警戒してしまう可能性があるからです。

2.猫の目線に合わせる
同じ目線になることで、迫力のある写真を撮れる可能性が上がります。上から撮っていては撮れない表情もあるためです。

3.猫とのコミュニケーション
やはりこれが一番大事。警戒されていては素敵な写真はなかなか撮れません。
可能であれば撮影を始める前に撫でたり、話しかけたりしてコミュニケーションを取るようにしています。
オス猫であれば「凛々しく」メス猫であれば「美しく」撮ってあげられるようにしたいと、いつも心がけています。

上記の3つ以外にも、チルト液晶やバリアングル液晶のカメラを使用したり、ズームレンズを使用し、近づくことの出来ない状況にも対応するなど、細かくみていけば多々ありますが、今回は特に気をつけている3点を挙げさせていただきました。

では、このあたりで筆者が撮影した猫の写真をご覧ください。

SONY (ソニー) α7RII ボディ+Carl Zeiss (カールツァイス) Loxia 35mm F2(ソニーE用/フルサイズ対応)
SONY α7RII+ Carl Zeiss Loxia 35mm F2

のそのそと筆者の方に向かってくる。足元でスリスリしてくる仕草はとても可愛いです。

SONY (ソニー) α7RII ボディ+Carl Zeiss (カールツァイス) Loxia 35mm F2(ソニーE用/フルサイズ対応)
SONY α7RII+ Carl Zeiss Loxia 35mm F2

凛々しい表情を見せてくれたので、アップで一枚。

SONY (ソニー) α7RII ボディ+Carl Zeiss (カールツァイス) Loxia 35mm F2(ソニーE用/フルサイズ対応)
SONY α7RII+ Carl Zeiss Loxia 35mm F2

茶猫の後を追って、同じように筆者に近づいて来る。

SONY (ソニー) α7RII ボディ+Carl Zeiss (カールツァイス) Loxia 35mm F2(ソニーE用/フルサイズ対応)
SONY α7RII+ Carl Zeiss Loxia 35mm F2

彼もいい表情ですね。
ふたりは、かなり仲がいいようで、どちらかが動けば後をついて行くの繰り返し。

SONY (ソニー) α7RII ボディ+Carl Zeiss (カールツァイス) Loxia 35mm F2(ソニーE用/フルサイズ対応)
SONY α7RII+ Carl Zeiss Loxia 35mm F2

最後はふたり揃って撮影です。丸々とした体型は貫禄がありますね。

今回の散歩で出会った猫たちは、人にかなり慣れているようなので、比較的に撮影が難しくはありませんでしたが、マニュアルフォーカスレンズのみでの撮影だったため、時間をかけながらの撮影になりました。長々付き合ってくれた、彼らには感謝の気持ちでいっぱいです。

一期一会の散歩。素敵な出会いを求めて、また散歩に出かけたいと思います。

*今回の散歩で使用したボディはニコンとソニー、レンズはカールツァイスです。







[ Category:etc.|掲載日時:2018年03月14日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー ~第二部~ G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー ~第二部~ 2018年05月23日
第一部の講義を終え、いよいよポートレート撮影が始まります! 今回お招きしたモデルさんは成田 彩美さん。長時間たくさんのカメラに囲まれつつも、最後まで素敵な笑顔を見せてくれました。 G9 PROによるポートレート撮影を行うために用意したLEICA DGレンズラインナップは以下の通り。5月24日発売の新製品『LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.』も先行で試すことができました。 LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 A...
続きを読む
G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー ~第一部~ G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー ~第一部~ 2018年05月23日
2018年5月19日(土)マップカメラからほど近い新宿ファーストウエストビルにて『Panasonic LUMIX G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー』を開催いたしました。 講師にお招きした上田 晃司氏には以前にも何度かマップカメラのイベントに出演していただいておりますが、今回はパナソニックの静止画のフラッグシップ機である『LUMIX DC-G9 PRO』でポートレート撮影をする際のテクニックをご教示いただきます。 マップカメラでは様々なセミナーを開催してお...
続きを読む
【Nikon】クラシックニコンS2で日常にスパイス 【Nikon】クラシックニコンS2で日常にスパイス 2018年05月23日
日常にスパイス 05 みなさんご存知ですか?6月1日は、写真の日です。 1841年当時、薩摩藩主の島津斉彬が日本で初めて 写真撮影を行ったことを記念した日、と言われています。 (実際は、それ以前に国内で撮影が行われたことがあったという説がいまは有力です。) 1839年にダゲレオタイプが発表され、 歴史に写真を撮るうえでのカメラが定着してから、 いまだ百数十年しか経っていませんが、 その中でカメラは日々進歩し、 今やさまざまな人々が生活の中で あたりまえにカメラを使っています...
続きを読む
【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 2018年05月22日
5月も半ばを過ぎ、良い陽気が続いています。 カメラを持ってのお出かけには、絶好の季節です。 ゴールデンウィークなどの長期休暇ですと撮影も本格的になり、装備も重くなってしまうかもですが、今の時期はもっと気軽にぶらっと出掛けてパシャッと撮るのも楽しいものです。 それもデジタルカメラで何でもかんでもバシャバシャ撮るのではなく、気に入った風景を1枚1枚丁寧に、心に刻むようにフィルムに残してみては… そんな撮影にうってつけなのが、ローライの二眼レフカメラです。 「二眼...
続きを読む
【SONY】少しの非日常 SONY RX100 【SONY】少しの非日常 SONY RX100 2018年05月21日
とある平日。思い立ってプチツーリングに出掛けた。 リアバックにはデイキャンプの道具、腰のケースにRX100を詰めて走り出した。 2時間後、目の前に広がるのは湖と橋。でも、今日はここが目的地ではない。 湖畔の林道を通ってとある場所を目指す。 ここが第一の目的地。崖から滾々と湧水が湧いている。 この日は最高気温が30度近くまで上がっていた。水に手を付けるとひんやりとした流れを感じる。 水筒に水を詰めると、また再び走り出した。 着いたのは本日の目的地。河...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]