Select Language



【FUJIFILM】フィルムシミュレーション ACROS

[ Category:Fujifilm|掲載日時:2018年03月11日 10時30分]




X-Pro2 XF18-55 アクロス
焦点距離36㎜(換算56㎜) F8 1/400秒 ISO200


FUJIFUILMフィルムシミュレーション~

フィルムメーカーとして色に強いこだわりを持ち、独自の色再現技術でユーザーの心をつかむフジフイルム。
独自のセンサーに加えその要となっているのがフィルムシミュレーションです。
フィルムを交換するイメージでモノクロ、カラー、色味など異なるにモードに切り変えることができます。

今回はその中からモノクロのシミュレーション”ACROS(アクロス)”をご紹介いたします。

X-Pro2から搭載されたフィルムシミュレーションで、フィルムも現行で販売されています。
豊かな階調と優れたシャープネスが特徴で幅広いシーンで使われているモノクロフィルムです。

早速どのような写真になるのか見ていきましょう。

X-Pro2 XF18-55 アクロス
焦点距離19㎜(換算28㎜) F5.6 1/12秒 ISO1600

まるでフィルムを印画紙に焼き付けた時のような質感になり、
今までのデジタルカメラでのモノクロ写真の常識を覆すような印象を受けました。


X-Pro2 XF18-55 アクロス

先ほどの写真の左上側をトリミングしたものになりますが、木目の細部に至るまで質感が写し出されています。
またフィルムでいうところの粒状性が感じられ、感度を上げた状態で撮影した方がかえって雰囲気が出ました。
それもACROSでは従来と異なるアルゴリズムでノイズリダクションが行われ、ノイズを粒状性へと上手く変化させているからです。


X-Pro2 XF18-55 アクロス
焦点距離18㎜(換算27㎜) F8 1/480秒 ISO400

デジタルカメラでモノクロ撮影となるとトーンが単調になりねむたくなってしまうことや、
反対にコントラストが高めになってしまうことをよく経験しました。
ACROSはその点ダイナミックレンジが広く、諧調表現に優れており自然な印象を受けました。


X-Pro2 XF18-55 アクロス
焦点距離21㎜(換算31㎜) F8 1/340秒 ISO200

粒状性の再現技術と諧調の豊かさによってもたらされた立体感によって
モノクロフイルムで撮影した写真と同じような感覚を味わうことができました。

今後"PRESTO"や"SUPER PRESTO"なんていうシミュレーションが出てこないかなと思ってしまったり、
同じ考えに基づいたモノクロ写真専用プリンターなんか出てこないかなと勝手に妄想が膨らんでしまいました。

話が脱線しましたが、みなさまもフジフイルムのフィルムシミュレーションで好みの"色"を見つけてはいかがでしょうか。



↓今回使用した機材はコチラ↓




↓中古のX-Pro2とXF18-55㎜はコチラ↓













〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Fujifilm|掲載日時:2018年03月11日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【FUJIFILM】大藤に魅せられて 【FUJIFILM】大藤に魅せられて 2018年05月09日
大藤で有名なあしかがフラワーパークへ XF10-24㎜とXF35㎜ F1.4を携え新機種X-H1と共に 壮大な藤棚を思うままに撮影してみました。 藤は古くから女性に例えられ、優雅に垂れる花房は振袖姿を思わせたそうです。 その印象に違わず、陽気の下で優しく揺れる藤の花房は和の風情を感じさせます。 約1mの花房が垂れ下がって埋め尽くす様は壮観です。 少し汗ばむ陽気のこの日 XF35㎜ F1.4のレンズで撮った画像には 藤の花房の向こう側に夏の訪れを感じる事が出来ました。 ラ...
続きを読む
null 【FUJIFILM】4月の今、桜を求めて 2018年04月27日
みなさま、今年の桜は楽しめましたでしょうか。 東京の桜はすっかりピークを終えていますが、 日本気象協会によれば青森では満開、北海道函館市では4月25日に開花が確認できたそうです。 東北、北海道で見ごろを迎えようとしているこの時期、東京では奥多摩まで足を運べば山に咲く桜を楽しむことができます。 今回は奥多摩の大岳山へ行ったときの写真をご紹介いたします。 大岳山は日本二百名山に数えられており、都内からのアクセスが良く都内であれば十分日帰りで楽しむことができます。 大岳...
続きを読む
【FUJIFILM】This is the "Snap-Shooter" 【FUJIFILM】This is the "Snap-Shooter" 2018年04月11日
今まで多くのスナップシューターを魅了したFUJIFILM X100シリーズ。 その4世代目として成熟したX100Fは更に磨きをかけ、 フィルムシミュレーションACROSを搭載。 「カラーもモノクロも、これ1台」と言って良いほど。 本来は35mm判換算で35mm相当のレンズが付いているX100Fですが、 今回はワイドコンバージョンレンズWCL-X100 IIを装着。 35mm判換算28mm相当で撮影しています。 フィルムシミュレーションは勿論ACROS、 更にモノクロ撮影には欠かせないイエローフィルターを加えて ACROS+Yモー...
続きを読む
【FUJIFILM】X100Fで撮る赤外スナップ 【FUJIFILM】X100Fで撮る赤外スナップ 2018年04月07日
赤外撮影というと、何やら特殊な機材を用いた撮影方法のように思えますが、今のデジタルカメラでは専用フィルター1枚で気軽に楽しむことができます。 ブログの写真は『FUJIFILM X100F』にデジタルカメラ用の赤外撮影フィルター『Kenko PRO 1D R72 フィルター』を装着して撮影をしたものです。デジタルカメラ内部のセンサーには赤外線除去フィルターが付いていますが僅かながら赤外線を感光することができます。(使用するカメラの機種によって、赤外の感光特性が異なりま...
続きを読む
FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS そうだ花見に行こう!(信州上田編) 2018年04月03日
筆者のわたくしもですが花粉症に悩める人達は、ついこの時期は外出が億劫になりがちです。 しかし「桜開花!」の便りを聞くとそこは日本人の性。気持ちはワクワク出かけてみようかな・・・というパワーが湧いてきます。 今日の相棒はFUJIFILM X-T10とフジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OISの組合せ。 FUJIFILMのボディはコンパクトで持ち運び、フットワークも生かせて良いですし、そこはフイルムメーカーのノウハウを生かした色彩豊かな描写にも期待しての選定となりました。 都内の桜のピーク...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]