Select Language



【SIGMA】Artレンズと雨の日の公園。

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年03月16日 10時30分]



SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

各地で気温が20度を超える日があったりと、季節はすっかり春。
今年の桜の開花予想は例年よりやや早いようで、街中の桜のつぼみもかなり膨らんできました。

今回ご紹介するのは、何年か前の4月に撮影をした雨の日の公園の写真です。使用した機材は『Canon EOS 6D』と『SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM』。いつも撮影をするときは単焦点レンズ1本でと決めています。
雨の日はどうしても外に出るのが億劫になってしまいがちですが、雨の日だからこそ撮れる1枚があるのも事実。雨粒でデコレーションされた景色には、晴れの日には決して味わえない魅力があります。


SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

こちらはムスカリと呼ばれる花。ブドウのように見えることから、ブドウヒアシンスと呼ばれることも。
50mmで撮影したとは思えない立体感に驚いてしまった1枚です。


SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

晴れている日には味わえない至極柔らかな光が、優しく草花を包み込みます。


SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

50mmのレンズにしては珍しく最短撮影距離が40cmと短いので、こんなカットもお手の物。背景のボケの滑らかさも見事です。


SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

雨粒が付いていたり、落ち着いた光を味わえたりと雨の日撮影のメリットはいくつかありますが、「雨の日は人が少ない」というのも大きなメリットのうちの1つです。
まさにこの写真を撮っているときは周りに誰もいなかったので、寝そべるような態勢になりながら撮影をしました。じっくりと被写体と向き合えるのも雨の日撮影の良いところです。


SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

パンジーにちょこんと乗る水滴が可愛らしいです。余談ですが、パンジーの花が顔に見えてしまうのは私だけでしょうか。この写真のパンジーはだいぶ酸っぱい顔をしています。


SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

花は可愛いのに、つぼみが怖いことで有名なポピー。舌を出して笑っているようにも見えます。訪れた時はまだほとんどがつぼみだったので一面モジャモジャでした。


SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

冒頭の桜と同じくらい春の花として有名なチューリップ。綺麗に咲く期間は1週間くらいと短命です。この日はちょうど綺麗に咲きそろっていてくれました。


SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

夕方になってくると徐々に晴れ間が出てきて、帰るころにはすっかり雨も止んでいました。

このブログを書いていて、以前に新宿御苑で透明なCDケースに霧吹きで水をかけたあと、そのケース越しに花を撮影している人を見かけたことを思い出しました。晴れ男・晴れ女の方々はそういった形で雨を演出してみても良いかもしれません。

その他にも、水たまりを鏡のように利用してみたり、水滴が落ちるところを速いシャッタースピードで捉えてみたり、雨の日撮影は様々な楽しみ方があります。カメラが濡れてしまうことにだけは気を付けて、ぜひ皆さんも雨の日撮影にチャレンジしてみてください。








〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年03月16日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

EOS Kiss X8i + EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM 【Canon】初撮り Kiss X8i 2018年06月23日
初心者、女性でも使いやすいと評判の【EOS Kiss X8i + EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM】で、都内某所をお散歩してきました。 まずは、神社で参拝です。 ここでは、パワースポットの「勝ち運の銭洗い弁天」があると知り、小銭を洗ってみました。 こちらの水で願いを込めてお金を洗うとご利益があるそうです。 私は 115円 で、「いいご縁がありますように」と願いを込めてみました。 梅雨の時期ということもあり、紫陽花が咲いてました。 そろそろお腹が空いたので、スープカレ...
続きを読む
デジタル一眼はじめました。 デジタル一眼はじめました。 2018年06月22日
マップカメラに入社してからはや数年、子供たちの小学校入学を機にミラーレス一眼カメラの購入を決めました。 ボディは、オートフォーカスと連続撮影に定評がありタッチパネルを装備している、α6500。 レンズは、まずは標準ズームと思い SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z を選びました。 これがデジタル一眼初体験という状態にもかかわらず、入学式1週間前にやっと購入。 機能の確認や試し撮りする時間もほとんどないまま、ほぼぶっつけ本番での撮影となりました。 ...
続きを読む
null 写真展のご案内 〜 写真展『水のとき』 2018年06月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 - 『水のとき』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
写真に残す。 写真に残す。 2018年06月21日
写真を撮っていくと 色々なことにこだわってきたり、臆病になったりします。 たとえば 白飛びや黒潰れ。 特にデジタルの世代になって「白飛び」にはかなり神経を使うことが多くなった気がします。 白飛びも黒潰れも気をつけなくてはいけないのは間違いありません。 そうなってしまったところは現像でも手をつけることが出来ませんから。 でもその「素材」を重視するあまり、なんでもかんでもアンダーに撮ってしまうようになっていました。 撮り方を知るほど、拡がる選択肢に助けられたり...
続きを読む
ユカイハンズ・アシスタント写真展『Sunrise』 写真展のご案内 〜 ユカイハンズ・アシスタント写真展『Sunrise』 2018年06月21日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは ユカイハンズ・アシスタント写真展 - 『Sunrise』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む

[↑TOPへ戻る]