SUPER GT を撮ろう。今シーズンまもなくスタート!! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



SUPER GT を撮ろう。今シーズンまもなくスタート!!

[ Category:Canon|掲載日時:2018年03月29日 12時00分]



SUPER GTとは、主に国内のサーキットで行われていて、
前身が全日本GT選手権(JGTC)として開催されていた自動車レースで、
2005年からFIA公認の国際シリーズとなった自動車レースです。

GT500クラスとGT300クラスという異なる2つのクラスの車両が同一コースを混走するという方式で,
両クラスの速度差から徐々に混走状態となり、
コースの所々で抜きつ抜かれつの争いが展開になる為、
観客にはより楽しめるエキサイティングな場面が増え、
コースサイドではその迫力のレースを撮ろうと多くのアマチュアカメラマンが集まります。
また、国内外で行われる計8戦のレースは会場や季節が変わることで、
撮影のバリエーションも豊富な事がオススメです。

筆者は2016年シーズン、近隣の富士スピードウェイから遠方のチャーンインターナショナルサーキットに至るまでの、
全戦の撮影を経て様々な場面に遭遇しました。
今回はそんなSUPER GTのレースで撮影した写真を紹介します。
レースを撮影している方や、これからレースを撮影する方の参考になれば幸いです。


レース撮影において基本になってくる使用レンズは超望遠レンズ。
筆者は1シーズンの撮影で、
EF400mm F2.8L IS Ⅱ USM、EF500mm F4L IS Ⅱ USM、EF600mm F4L IS Ⅱ USMを使用。
撮影当時のボディ構成ではメイン機にEOS-1D X MarkⅡ、サブ機もEOS-1D X MarkⅡを使用、
そしてAPS-Cの1.6倍を利用した距離を稼ぐ為のEOS7D MarkⅡを含めた計3台を会場に運んでいました。
メイン機とサブ機を同じカメラにしておくと操作系に迷いがなくタイムロスが無くなります。

※画像にカーソルを置くと使用レンズが分かります。

EF600mm F4L IS Ⅱ USM


EF400mm F2.8L IS Ⅱ USM


フェンスの金網は大口径レンズだとこの様に抜けます。


次に良く使用するレンズが望遠ズームレンズ。
コースとの距離が近いところではサブ機にEF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USMを携えて撮影をします。

EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM


EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM


そしてグリッド撮影やピット内の撮影で重要になってくるのが標準ズームレンズ。
EF24-70mm F2.8L Ⅱ USMです。
ここは明るさを重視しなければ、EF24-70mm F4L IS USMやEF24-105mm F4L IS Ⅱ USMも良い候補かと思います。


EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM


EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM


筆者の愛車はミシュラン製のタイヤ、MICHELIN PILOT SPORT 4Sを履いてるので、
ピット裏でミシュラン製のタイヤを見つけると興奮を覚えます。

EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM


レースは走行がメインですが、
舞台裏のピットの設営やグリットウォーク、華やかなレースクイーンも写真に収めておきたいところです。

EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM


EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM


EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM


EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM



いかがでしたでしょうか。ブログでは伝えきれない現場の雰囲気や撮影手法、そんなものを沢山得てきましたので、
気になる読者の方はマップカメラ店頭の、本館4階にいらしてください。レンズ選びのアドバイスも致します。
レース写真初心者の方も大歓迎です。

2018年、今シーズンは、4/7-8に岡山国際サーキットで行われる第一戦を歯切りに国内外7箇所、
計8戦が予定されています。詳しくは「SUPER GT」で検索。

EF600mm F4L IS Ⅱ USM


EF500mm F4L IS Ⅱ USM


EF600mm F4L IS Ⅱ USM


EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM


▼今回の使用機材はこちら!▼







▼こちらもチェック!▼

超望遠レンズは数々の選択肢がありますが、
実際に一番使いやすかったのはEF500mm F4L IS Ⅱ USM(ゴーヨン)です。
ヨンニッパやロクヨンに比べると軽く、携行性に優れている点がオススメです。
また、サーキットにおいて一番キマる画角も500mmだと、筆者は思います。


〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2018年03月29日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Nikon】D850試し撮り 2018年04月25日
D850はNikon初のCMOSセンサーが裏面照射型を採用しており高感度での撮影に非常に長けています。 試し撮りには暗い場所ということで、栃木県にあります大谷資料館にいってきました。 様々なロケにも使用される石採掘場跡です。 幻想的な地下神殿のような雰囲気にも感じます。 まるでタイムスリップをした感覚に陥りました。 やはり高感度設定での撮影でも画質が落ちることはありません。 AF-4EVなので暗いところでもピントが合い綺麗に撮影できます。 暗くても、しっかりとそ...
続きを読む
【PENTAX】ようこそ魚眼ワールド 【PENTAX】ようこそ魚眼ワールド 2018年04月25日
PENTAXから唯一出ている現行の魚眼レンズ 「smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED」 通常の広角レンズと違った独特な世界。 今回はそんな魚眼レンズをK-70に付けて撮影に行きました。 ちょっとした路地裏もローアングルで撮影すると、 何処となくアンダーグラウンドな雰囲気に。 歩道橋と高速道路の交差地点 壁に描かれたグラフィティ モノクロで撮影すると、どことなく何時もより格好良く見えます。 駐車場の脇に咲いてる菜の花… カスタムイメージを「ほのか」にして少しノスタル...
続きを読む
null 【Leica】Tにあえてつけてみました。 2018年04月24日
「完璧かつ簡潔」 そんなコンセプトのもと、生み出されたライカT。 何故今ライカTなのか? TLでもTL2でもなく何故? その理由は後程。 アルミ削り出しの曲線的で洗練されたデザインは、スッと手に吸い付くように馴染みます。 背面を覆う大型のタッチパネル液晶はカスタマイズすることで自分のベストなメニュー配置にすることが出来ます。 まさに、機能を高めていくことで生まれた美しさ=「機能美」というものを体現しているカメラです。 さて、ライカTは専用のTマウントは勿論、Mレ...
続きを読む
PENTAX K-1 HD D FA 28-105mm F3.5-5.6 ED DC WR 【PENTAX】PENTAXの話 ~空へと続く道がやたらと混雑している話~ 2018年04月23日
今年の春は本当に足早に駆け抜けていく気がします とうとう夏日並みの気温となる日もきてしまいました 全体的にいろいろな花の開花状況が10日以上も早くなるのも無理はない気候です この春の気温の上昇により本日から開花状況がすでに見頃後半となってしまった ネモフィラブルーと青い空で有名な国営ひたち海浜公園にでかけてきました 今回、使用している機材はPENTAX K-1とHD D FA 28-105mm F3.5-5.6 ED DC WRの組み合わせ ペンタックス初のフルサイズ機にして3640万の圧倒的な画素数 ローパス...
続きを読む
【SONY】 "α" movies vol.06「ピクチャープロファイルを比較する」 【SONY】 "α" movies vol.06「ピクチャープロファイルを比較する」 2018年04月23日
ピクチャープロファイルという機能をご存知でしょうか? 元々業務用カメラに搭載されていた色調等の設定機能なのですが、SONYのαシリーズではα7Sから搭載されました。 S-Logで撮影される方なら馴染みの機能だと思いますが、使用したことの無い方も多いと思います。 プリセット数も多くあるので、違いを比較撮影してみました。 ピクチャープロファイルとは 映像の特徴を決めるパラメーターを調整、変更するメニューです。 調整項目は多数ありますが、項目を分類すると、以下の4種類に分けられます。 ・...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]