Select Language



SUPER GT を撮ろう。今シーズンまもなくスタート!!

[ Category:Canon|掲載日時:2018年03月29日 12時00分]



SUPER GTとは、主に国内のサーキットで行われていて、
前身が全日本GT選手権(JGTC)として開催されていた自動車レースで、
2005年からFIA公認の国際シリーズとなった自動車レースです。

GT500クラスとGT300クラスという異なる2つのクラスの車両が同一コースを混走するという方式で,
両クラスの速度差から徐々に混走状態となり、
コースの所々で抜きつ抜かれつの争いが展開になる為、
観客にはより楽しめるエキサイティングな場面が増え、
コースサイドではその迫力のレースを撮ろうと多くのアマチュアカメラマンが集まります。
また、国内外で行われる計8戦のレースは会場や季節が変わることで、
撮影のバリエーションも豊富な事がオススメです。

筆者は2016年シーズン、近隣の富士スピードウェイから遠方のチャーンインターナショナルサーキットに至るまでの、
全戦の撮影を経て様々な場面に遭遇しました。
今回はそんなSUPER GTのレースで撮影した写真を紹介します。
レースを撮影している方や、これからレースを撮影する方の参考になれば幸いです。


レース撮影において基本になってくる使用レンズは超望遠レンズ。
筆者は1シーズンの撮影で、
EF400mm F2.8L IS Ⅱ USM、EF500mm F4L IS Ⅱ USM、EF600mm F4L IS Ⅱ USMを使用。
撮影当時のボディ構成ではメイン機にEOS-1D X MarkⅡ、サブ機もEOS-1D X MarkⅡを使用、
そしてAPS-Cの1.6倍を利用した距離を稼ぐ為のEOS7D MarkⅡを含めた計3台を会場に運んでいました。
メイン機とサブ機を同じカメラにしておくと操作系に迷いがなくタイムロスが無くなります。

※画像にカーソルを置くと使用レンズが分かります。

EF600mm F4L IS Ⅱ USM


EF400mm F2.8L IS Ⅱ USM


フェンスの金網は大口径レンズだとこの様に抜けます。


次に良く使用するレンズが望遠ズームレンズ。
コースとの距離が近いところではサブ機にEF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USMを携えて撮影をします。

EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM


EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM


そしてグリッド撮影やピット内の撮影で重要になってくるのが標準ズームレンズ。
EF24-70mm F2.8L Ⅱ USMです。
ここは明るさを重視しなければ、EF24-70mm F4L IS USMやEF24-105mm F4L IS Ⅱ USMも良い候補かと思います。


EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM


EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM


筆者の愛車はミシュラン製のタイヤ、MICHELIN PILOT SPORT 4Sを履いてるので、
ピット裏でミシュラン製のタイヤを見つけると興奮を覚えます。

EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM


レースは走行がメインですが、
舞台裏のピットの設営やグリットウォーク、華やかなレースクイーンも写真に収めておきたいところです。

EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM


EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM


EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM


EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM



いかがでしたでしょうか。ブログでは伝えきれない現場の雰囲気や撮影手法、そんなものを沢山得てきましたので、
気になる読者の方はマップカメラ店頭の、本館4階にいらしてください。レンズ選びのアドバイスも致します。
レース写真初心者の方も大歓迎です。

2018年、今シーズンは、4/7-8に岡山国際サーキットで行われる第一戦を歯切りに国内外7箇所、
計8戦が予定されています。詳しくは「SUPER GT」で検索。

EF600mm F4L IS Ⅱ USM


EF500mm F4L IS Ⅱ USM


EF600mm F4L IS Ⅱ USM


EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM


▼今回の使用機材はこちら!▼







▼こちらもチェック!▼

超望遠レンズは数々の選択肢がありますが、
実際に一番使いやすかったのはEF500mm F4L IS Ⅱ USM(ゴーヨン)です。
ヨンニッパやロクヨンに比べると軽く、携行性に優れている点がオススメです。
また、サーキットにおいて一番キマる画角も500mmだと、筆者は思います。


〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2018年03月29日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Canon】クリップオンストロボを使ってみよう! 2018年06月07日
F6.3 1/500 ISO-100 16mm フラッシュあり 先日、素敵なお二人のエンゲージフォトを撮影させて頂きました! ウェディングフォトはもちろんのこと、ポートレート撮影には欠かせない…それはストロボ。 今回はストロボありなしで、どれだけ違いがあるのかをご紹介いたします! ***カメラとレンズ情報は写真の上にカーソルを合わせて(スマートフォンの方は写真長押しで)ご確認下さい。 F5.6 1/500 ISO-100 16mm F5.6 1/640 ISO-100 16mm フラッシュあり この二枚は、フラッシュなし...
続きを読む
【はじまる410】体感型フォトムービー04『はじまるno森へ向かう旅』 【はじまる410】体感型フォトムービー04『はじまるno森へ向かう旅』 2018年06月06日
【はじまる410(フォト)ムービー】  まったく新しい体感型フォトムービー『はじまる410ムービー』 それは、いつもとは違う小さな旅。 そこは、新しい発見と未来を見る小さな旅。 そこへ、何度でも行きたくなる小さな旅。 そんな小旅行『はじまるトリップ』は、写真を通じて体感する小さな旅の物語です。 次はどこへ行こう!次は何をするに応える『はじまる410ムービー』がはじまります。 『はじまるトリップ ~ はじまるno森へ向かう旅 ~』 おかげさまで6月1日...
続きを読む
【Canon】東京から小一時間の世界(後編) 【Canon】東京から小一時間の世界(後編) 2018年06月04日
急に思い立った八丈島一泊二日の旅、前回に引き続き後編をお送ります。 前日は早朝から山へ海へ動きっぱなしで、普段眠りが浅い私もノンストップで寝ていました。 しっかりとしたお宿に泊まっていたのですが、滝のような雨が窓に打ち付ける音でその朝は目覚めたのでした。 底土港にて。 朝食をとっている間もずーっと滝のような雨が降っていました。 レンタルバイクで島を回っているため、今日は厳しいか...と思いましたが チェックアウトする頃には不思議と陽射しが出てきます。 数十分でガラッ...
続きを読む
EOS5D MarkⅣ+EF14mm F2.8L Ⅱ USM 【Canon】超広角単焦点レンズの世界へ 2018年05月24日
筆者は時々レンズを衝動買いすることがります。 今回は「広角単焦点レンズ」を求め、 キヤノンのEF14mm F2.8L Ⅱ USMを購入しました。 今まで汎用性の高い画角を好んできた筆者にとっては初めての領域です。 しかし、こんなレンズこそ何か特別なものを撮ることができます。 このレンズは水平方向104°を写すことが可能な広角単焦点レンズで、 キヤノンLレンズのラインアップの中では最も広角といえる単焦点レンズです。 Ⅱ型とはいえ発売は2007年9月で現行レンズとしてはやや古いことから、 新品価格に...
続きを読む
【Canon】東京から小一時間の世界(前編) 【Canon】東京から小一時間の世界(前編) 2018年05月14日
とある5月の連休直前。何も考えておらず、直前まで特に予定を入れないでいました。 しかし学生時代、制作のため奄美大島で撮影した写真を見て急に離島へ出かけたくなります。 奄美大島は羽田空港から直行便で2時間半近く、しかも1日1往復しか飛んでおらず 2日間の日程で出かけるには少々もったいない行き先です。 もう少し近くでよい場所は無いか、悩んでいたところ....ありました! その名も「八丈島」 羽田空港から1時間かからず到達でき1日3便就航しています。運賃もそんなに高くない。 気付いた...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]