SUPER GT を撮ろう。今シーズンまもなくスタート!! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



SUPER GT を撮ろう。今シーズンまもなくスタート!!

[ Category:Canon|掲載日時:2018年03月29日 12時00分]



SUPER GTとは、主に国内のサーキットで行われていて、
前身が全日本GT選手権(JGTC)として開催されていた自動車レースで、
2005年からFIA公認の国際シリーズとなった自動車レースです。

GT500クラスとGT300クラスという異なる2つのクラスの車両が同一コースを混走するという方式で,
両クラスの速度差から徐々に混走状態となり、
コースの所々で抜きつ抜かれつの争いが展開になる為、
観客にはより楽しめるエキサイティングな場面が増え、
コースサイドではその迫力のレースを撮ろうと多くのアマチュアカメラマンが集まります。
また、国内外で行われる計8戦のレースは会場や季節が変わることで、
撮影のバリエーションも豊富な事がオススメです。

筆者は2016年シーズン、近隣の富士スピードウェイから遠方のチャーンインターナショナルサーキットに至るまでの、
全戦の撮影を経て様々な場面に遭遇しました。
今回はそんなSUPER GTのレースで撮影した写真を紹介します。
レースを撮影している方や、これからレースを撮影する方の参考になれば幸いです。


レース撮影において基本になってくる使用レンズは超望遠レンズ。
筆者は1シーズンの撮影で、
EF400mm F2.8L IS Ⅱ USM、EF500mm F4L IS Ⅱ USM、EF600mm F4L IS Ⅱ USMを使用。
撮影当時のボディ構成ではメイン機にEOS-1D X MarkⅡ、サブ機もEOS-1D X MarkⅡを使用、
そしてAPS-Cの1.6倍を利用した距離を稼ぐ為のEOS7D MarkⅡを含めた計3台を会場に運んでいました。
メイン機とサブ機を同じカメラにしておくと操作系に迷いがなくタイムロスが無くなります。

※画像にカーソルを置くと使用レンズが分かります。

EF600mm F4L IS Ⅱ USM


EF400mm F2.8L IS Ⅱ USM


フェンスの金網は大口径レンズだとこの様に抜けます。


次に良く使用するレンズが望遠ズームレンズ。
コースとの距離が近いところではサブ機にEF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USMを携えて撮影をします。

EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM


EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM


そしてグリッド撮影やピット内の撮影で重要になってくるのが標準ズームレンズ。
EF24-70mm F2.8L Ⅱ USMです。
ここは明るさを重視しなければ、EF24-70mm F4L IS USMやEF24-105mm F4L IS Ⅱ USMも良い候補かと思います。


EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM


EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM


筆者の愛車はミシュラン製のタイヤ、MICHELIN PILOT SPORT 4Sを履いてるので、
ピット裏でミシュラン製のタイヤを見つけると興奮を覚えます。

EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM


レースは走行がメインですが、
舞台裏のピットの設営やグリットウォーク、華やかなレースクイーンも写真に収めておきたいところです。

EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM


EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM


EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM


EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM



いかがでしたでしょうか。ブログでは伝えきれない現場の雰囲気や撮影手法、そんなものを沢山得てきましたので、
気になる読者の方はマップカメラ店頭の、本館4階にいらしてください。レンズ選びのアドバイスも致します。
レース写真初心者の方も大歓迎です。

2018年、今シーズンは、4/7-8に岡山国際サーキットで行われる第一戦を歯切りに国内外7箇所、
計8戦が予定されています。詳しくは「SUPER GT」で検索。

EF600mm F4L IS Ⅱ USM


EF500mm F4L IS Ⅱ USM


EF600mm F4L IS Ⅱ USM


EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM


▼今回の使用機材はこちら!▼







▼こちらもチェック!▼

超望遠レンズは数々の選択肢がありますが、
実際に一番使いやすかったのはEF500mm F4L IS Ⅱ USM(ゴーヨン)です。
ヨンニッパやロクヨンに比べると軽く、携行性に優れている点がオススメです。
また、サーキットにおいて一番キマる画角も500mmだと、筆者は思います。


〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2018年03月29日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Canon(キヤノン)PowerShot G7X Mark II 【Canon】G7X Mark IIで街歩き 2018年04月19日
本日はCanon PowerShot G7X Mark IIを持って有楽町周辺を散策してきました。 この日の天候は晴れ。 青空に綺麗な雲が浮かび上がり、少し汗ばむくらいの心地良い一日でした。 焦点距離:24mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/640秒 ISO:200 まずは東京国際フォーラム内で広角撮影をしました。 はじめて訪れた場所だったのですが、事前に調べた際に「ガラスの船」のようだという文字を目にしました。 実際に目の当たりにしたら、まさにその通りで、ガラス張りの天井から光が差し込んでいる...
続きを読む
【Canon】EOS Kiss M レビュー  エントリー機の名前を冠した最新鋭ミラーレスの実力 【Canon】EOS Kiss M レビュー エントリー機の名前を冠した最新鋭ミラーレスの実力 2018年04月12日
Canon EOS Kiss M 2018年3月23日に新発売となったEOS Kiss M 気になっている方も多いのではないでしょうか? 今までキヤノンのKissシリーズはすべて一眼レフカメラでしたが、ついに満を持してミラーレス機としてデビューを果たしました。 今回EOS Kiss Mを使う機会がありましたので、作例を交えたレビューをお伝えしたいと思います。 エントリークラスとしての位置付けですが、実質的には現行のEOS M5やM6に対しての下剋上機種といって差し支えない完成度です。 新映像エンジンDIGIC 8が...
続きを読む
null SUPER GT を撮ろう。今シーズンまもなくスタート!! 2018年03月29日
SUPER GTとは、主に国内のサーキットで行われていて、 前身が全日本GT選手権(JGTC)として開催されていた自動車レースで、 2005年からFIA公認の国際シリーズとなった自動車レースです。 GT500クラスとGT300クラスという異なる2つのクラスの車両が同一コースを混走するという方式で, 両クラスの速度差から徐々に混走状態となり、 コースの所々で抜きつ抜かれつの争いが展開になる為、 観客にはより楽しめるエキサイティングな場面が増え、 コースサイドではその迫力のレースを撮ろうと多くのアマチュ...
続きを読む
null 単焦点レンズでポートレート撮影 2018年03月22日
単焦点レンズ2本とストロボを持って、 野外と室内とで友人の和装ポートレート作品を撮影。 今回は異なるメーカー2本を持って行きました。 Canon EF50mm F1.2L USM F2 1/500 ISO-100 50mm 公園で夕暮れ時に撮影。 小さな公園で背景選びに苦労しましたが、レンズ効果で背景が綺麗にボケてくれるので良く撮れました。 着物はモデル自身が着付けています。 和装撮影は滅多に出来ないのでとても楽しむことができました。 F1.8 1/160 ISO-500 50mm 室内で小物を持ち寄って背景を作り、撮...
続きを読む
null 【Canon】 EF135mm F2L USM + SIGMA MC-11 で撮る。 2018年03月15日
絞り:F2.0/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:200 / SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L  135mm。  望遠レンズの入り口、とも言われる焦点距離ですが  なかなか最初は単焦点レンズとして手にしよう、とは思わないかもしれません。  しかし各社から出ている135mmのレンズにハズレなし  と言えるほど写りが良く、国内外問わずその素晴らしい作例に惹かれた  135mmユーザーは着実に増えています。ともいう私もその中の1人です。  やはり135mmといえばポートレートだと思いま...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]