Select Language



【SIGMA】A 14-24mm F2.8 DG HSM 夜桜&建物撮影

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年04月06日 17時20分]



今年3月に発売したばかりの大注目レンズ、
SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG HSM
このレンズを持って夜の散歩に行ってきました。

今までに無かった明るい広角ズームレンズ。
そこにEOS 5D MarkIVの高感度性能。
夜の手持ち撮影をどこまで楽しませてくれるのでしょうか。


Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art14-24mm F2.8 DG HSM
F2.8 1/80 ISO-2500 14mm

六本木ヒルズでライトアップの夜桜撮影。
ビルを背景に、広角レンズで迫力ある夜桜撮影が出来ました。
四隅の流れや解像度落ちは予想よりも遥かに抑えられていてとても感触が良かったです。
原寸大で見ると特に隅の桜が流れていますが、逆に迫力が出て素晴らしい画となりました。



Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art14-24mm F2.8 DG HSM
F4.5 1/30 ISO-2000 14mm




Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art14-24mm F2.8 DG HSM
F2.8 1/160 ISO-800 24mm

望遠側にして開放値で撮影すればボケ味も出て楽しめます。



Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art14-24mm F2.8 DG HSM
F2.8 1/50 ISO-2000 14mm

広角側にして小さな桜に近づいて撮影。
特徴的なボケ方で迫力が出て、他とは違った画となりました。
最短撮影距離が26cmと短く、小さな花にも近付けるのが非常に魅力的なレンズです。



Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art14-24mm F2.8 DG HSM
F2.8 1/25 ISO-4000 24mm




Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art14-24mm F2.8 DG HSM
F2.8 1/50 ISO-6400 14mm




Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art14-24mm F2.8 DG HSM
F2.8 1/50 ISO-2000 14mm

続いて建物撮影。
広角側でも歪みが抑えられていました。
六本木は綺麗で特徴的な建物が沢山あって、撮影していて楽しいです。
この日は他にも三脚を持って撮影に来られているカメラマンを多数見かけました。
夜桜はもちろん、建物を撮影されている方もちらほら。



Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art14-24mm F2.8 DG HSM
F4.5 1/50 ISO-8000 14mm

カメラを真上に向けて撮影。
3つの建物が写りこんで面白い写真に。



Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art14-24mm F2.8 DG HSM
F2.8 1/25 ISO-6400 21mm




Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art14-24mm F2.8 DG HSM
F2.8 1/25 ISO-10000 24mm



Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art14-24mm F2.8 DG HSM
F2.8 1/25 ISO-16000 24mm



Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art14-24mm F2.8 DG HSM
F2.8 1/25 ISO-32000 24mm

最後に、EOS 5DMarkⅣのISO感度を上げてみるとどうなるのか試してみました。
まるで昼間のような写真に!
HP用に縮小して掲載するのであれば、見ての通りあまり気にならないのではないでしょうか。
撮り比べの3枚とも、JPEG撮って出しです。

気になる夜間のAF性能はかなり優秀でした。
暗いライトアップの中でもAFは素早く作動し、F2.8でもキレッキレのシャープなピントです。
なにより、広角側での歪みも抑えられていて驚きです。
明るいライトアップでフレア・ゴーストもなく、非常に快適な撮影を実現していました。
周辺光量落ちは、夜間での撮影や、明るい所でも2段程絞れば目立たないです。

大きさと重さが気になるとのご意見もありますが、
女性の私でも、撮影している内にさほど気にならなくなりました。
この素晴らしい高解像度、描写力で撮影出来るのならぜひ持ち歩きたい。
これから広角レンズを検討中の皆様にはぜひおすすめしたいレンズです。



↓今回使用した機材はコチラ!↓










〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年04月06日 17時20分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SIGMA】しぐまびより Part31 【SIGMA】しぐまびより Part31 2018年05月31日
とても久しぶりのPart31。 今回は sd Quattro H で撮影してきました。 Artレンズの中でも写りが良いとされる Art 135mm F1.8 DG HSMと合わせました。 バージョンアップを重ねるSIGMAの現像ソフト 「SIGMA Photo Pro」(以下SPP)のお話も併せてしたいと思います。 Foveon機で撮っていると白飛びが気になることが多々あります。 表紙の写真は窓側が白飛びするのを抑える為かなりアンダーで撮りました。 その為、シャドウ部の引き上げを現像処理で行いたかったのですが 今回追加された「...
続きを読む
null 【SIGMA】A 14-24mm F2.8 DG HSM 夜桜&建物撮影 2018年04月06日
今年3月に発売したばかりの大注目レンズ、 SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG HSM このレンズを持って夜の散歩に行ってきました。 今までに無かった明るい広角ズームレンズ。 そこにEOS 5D MarkIVの高感度性能。 夜の手持ち撮影をどこまで楽しませてくれるのでしょうか。 F2.8 1/80 ISO-2500 14mm 六本木ヒルズでライトアップの夜桜撮影。 ビルを背景に、広角レンズで迫力ある夜桜撮影が出来ました。 四隅の流れや解像度落ちは予想よりも遥かに抑えられていてとても感触が良かったです。 原寸大で...
続きを読む
【SIGMA】dp0で桜を撮る! 【SIGMA】dp0で桜を撮る! 2018年03月20日
皆様こんにちは! 明日は「春分の日」です! 日も長くなり、花粉も飛び交い、すっかり春です。 14mm F8 1/60秒 ISO100 ところで、いつからか思い出すのも難しいくらい前から 携帯電話にカメラ機能が付いているのが当たり前になりました。 このご時世、誰でも写メは簡単に撮れますが 「わぁ、すごい!この写真どうやって撮ったの!?」と言わしめるには やはり携帯電話のカメラ機能ではなく「カメラ」が必要不可欠です。 かといってその為だけに大きいカメラとレンズを持ち出すのもちょっと…...
続きを読む
【SIGMA】Artレンズと雨の日の公園。 【SIGMA】Artレンズと雨の日の公園。 2018年03月16日
各地で気温が20度を超える日があったりと、季節はすっかり春。 今年の桜の開花予想は例年よりやや早いようで、街中の桜のつぼみもかなり膨らんできました。 今回ご紹介するのは、何年か前の4月に撮影をした雨の日の公園の写真です。使用した機材は『Canon EOS 6D』と『SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM』。いつも撮影をするときは単焦点レンズ1本でと決めています。 雨の日はどうしても外に出るのが億劫になってしまいがちですが、雨の日だからこそ撮れる1枚があるのも事実。雨粒...
続きを読む
null SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM F値の違いによる検証 2017年11月30日
SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM 茨城の国営ひたち海浜公園に行ってきました。 使用カメラはCANON EOS 5D MarkⅢです。 シグマのArt標準50mmレンズでF値を変えて撮影すると、どんな風に写るのでしょうか。 今回はF値を変えて、写りにどんな違いがあるのか色々と試してみました。 写真データはPCで編集せず、撮影したそのままのデータで掲載させて頂いてます。 撮影時、ピクチャースタイルでコントラストと彩度高めで設定した写真が多いです。 F1.4 1/1600 ISO-100 撮影した時期は10月。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]