そうだ花見に行こう!(信州上田編) » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



そうだ花見に行こう!(信州上田編)

[ Category:Fujifilm|掲載日時:2018年04月03日 00時25分]


FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS


筆者のわたくしもですが花粉症に悩める人達は、ついこの時期は外出が億劫になりがちです。

しかし「桜開花!」の便りを聞くとそこは日本人の性。気持ちはワクワク出かけてみようかな・・・というパワーが湧いてきます。


今日の相棒はFUJIFILM X-T10とフジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OISの組合せ。
FUJIFILMのボディはコンパクトで持ち運び、フットワークも生かせて良いですし、そこはフイルムメーカーのノウハウを生かした色彩豊かな描写にも期待しての選定となりました。


都内の桜のピークもあっという間に過ぎてしまった頃に、桜前線を北上し追いかけるか?標高の高い場所に行くかで毎年悩みます。
この日は別の(※後程お見せします)楽しみも仕込み、北上(東北)よりも近い信州に向け車を走らせました。


1枚目の写真は途中のサービスエリアでの一コマ。風は少し冷たくジャケット1枚欲しくなる気温ですが、桜の花も正に今が満開!長距離運転の疲れも癒されます。


FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS



上信越道上田インターで下車し街を抜け郊外に向かいます。
信州の古刹前山寺に到着。

FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS


石畳を歩き奥へと進みます。
立派な山門の手前には、正に撮ってくれ。と言わんばかりの綺麗な桜が出迎えてくれます。


撮影はこの後じっくり楽しむとして、その前に先ずはこちらを頂きます。

FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS



前山寺名物の「くるみおはぎ」をご相伴にあずかります。
『花より団子』ならぬ『花よりおはぎ』です。上品な甘さと、香ばしいクルミの風味が絶妙です。
私は今回で2回目の訪問ですが、この味に魅了され春の楽しみとなっています。


さてお腹も満たされ撮影再開です。


FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS



山門をくぐるとそこには春満開の景色が出迎えてくれます。


FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS



建物もどれも立派で貫禄があります。ふと春も良いけど「雪に包まれた時期に来てみたい」と感じました。これはカメラマンの欲張りな性でしょうか。


途中、抜け道?らしい路地に入り(すみません。こういった寄り道筆者は大好きです)木漏れ日の中で1枚。

FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS



強い光線が入り、非常に意地悪なテストになりましたが、このレベルの描写であればキットレンズもなかなかのものだと思います。


FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS



あちこち寄り道しながら市内中心部へ戻ってきたころには、だんだん夕陽も傾いてきました。


今日最後の楽しみは夜桜見物です。


FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS



昔のフィルム撮影ではもはやISO1600以上の撮影継続、まして「手持ち」なんてご法度だと思います。


ここでもこのカメラの優秀さが証明されました。


色の再現性はここでも強みです。


FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS


FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS




交換レンズも持って行きましたが、結局この日は標準ズーム1本でいろんなシーン、を撮ることができました。


皆さんもお気に入りの機材を片手にお花見散布に行かれては如何でしょうか。









〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Fujifilm|掲載日時:2018年04月03日 00時25分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Nikon】D850試し撮り 2018年04月25日
D850はNikon初のCMOSセンサーが裏面照射型を採用しており高感度での撮影に非常に長けています。 試し撮りには暗い場所ということで、栃木県にあります大谷資料館にいってきました。 様々なロケにも使用される石採掘場跡です。 幻想的な地下神殿のような雰囲気にも感じます。 まるでタイムスリップをした感覚に陥りました。 やはり高感度設定での撮影でも画質が落ちることはありません。 AF-4EVなので暗いところでもピントが合い綺麗に撮影できます。 暗くても、しっかりとそ...
続きを読む
【PENTAX】ようこそ魚眼ワールド 【PENTAX】ようこそ魚眼ワールド 2018年04月25日
PENTAXから唯一出ている現行の魚眼レンズ 「smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED」 通常の広角レンズと違った独特な世界。 今回はそんな魚眼レンズをK-70に付けて撮影に行きました。 ちょっとした路地裏もローアングルで撮影すると、 何処となくアンダーグラウンドな雰囲気に。 歩道橋と高速道路の交差地点 壁に描かれたグラフィティ モノクロで撮影すると、どことなく何時もより格好良く見えます。 駐車場の脇に咲いてる菜の花… カスタムイメージを「ほのか」にして少しノスタル...
続きを読む
null 【Leica】Tにあえてつけてみました。 2018年04月24日
「完璧かつ簡潔」 そんなコンセプトのもと、生み出されたライカT。 何故今ライカTなのか? TLでもTL2でもなく何故? その理由は後程。 アルミ削り出しの曲線的で洗練されたデザインは、スッと手に吸い付くように馴染みます。 背面を覆う大型のタッチパネル液晶はカスタマイズすることで自分のベストなメニュー配置にすることが出来ます。 まさに、機能を高めていくことで生まれた美しさ=「機能美」というものを体現しているカメラです。 さて、ライカTは専用のTマウントは勿論、Mレ...
続きを読む
PENTAX K-1 HD D FA 28-105mm F3.5-5.6 ED DC WR 【PENTAX】PENTAXの話 ~空へと続く道がやたらと混雑している話~ 2018年04月23日
今年の春は本当に足早に駆け抜けていく気がします とうとう夏日並みの気温となる日もきてしまいました 全体的にいろいろな花の開花状況が10日以上も早くなるのも無理はない気候です この春の気温の上昇により本日から開花状況がすでに見頃後半となってしまった ネモフィラブルーと青い空で有名な国営ひたち海浜公園にでかけてきました 今回、使用している機材はPENTAX K-1とHD D FA 28-105mm F3.5-5.6 ED DC WRの組み合わせ ペンタックス初のフルサイズ機にして3640万の圧倒的な画素数 ローパス...
続きを読む
【SONY】 "α" movies vol.06「ピクチャープロファイルを比較する」 【SONY】 "α" movies vol.06「ピクチャープロファイルを比較する」 2018年04月23日
ピクチャープロファイルという機能をご存知でしょうか? 元々業務用カメラに搭載されていた色調等の設定機能なのですが、SONYのαシリーズではα7Sから搭載されました。 S-Logで撮影される方なら馴染みの機能だと思いますが、使用したことの無い方も多いと思います。 プリセット数も多くあるので、違いを比較撮影してみました。 ピクチャープロファイルとは 映像の特徴を決めるパラメーターを調整、変更するメニューです。 調整項目は多数ありますが、項目を分類すると、以下の4種類に分けられます。 ・...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]