そうだ花見に行こう!(信州上田編) » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



そうだ花見に行こう!(信州上田編)

[ Category:Fujifilm|掲載日時:2018年04月03日 00時25分]


FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS


筆者のわたくしもですが花粉症に悩める人達は、ついこの時期は外出が億劫になりがちです。

しかし「桜開花!」の便りを聞くとそこは日本人の性。気持ちはワクワク出かけてみようかな・・・というパワーが湧いてきます。


今日の相棒はFUJIFILM X-T10とフジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OISの組合せ。
FUJIFILMのボディはコンパクトで持ち運び、フットワークも生かせて良いですし、そこはフイルムメーカーのノウハウを生かした色彩豊かな描写にも期待しての選定となりました。


都内の桜のピークもあっという間に過ぎてしまった頃に、桜前線を北上し追いかけるか?標高の高い場所に行くかで毎年悩みます。
この日は別の(※後程お見せします)楽しみも仕込み、北上(東北)よりも近い信州に向け車を走らせました。


1枚目の写真は途中のサービスエリアでの一コマ。風は少し冷たくジャケット1枚欲しくなる気温ですが、桜の花も正に今が満開!長距離運転の疲れも癒されます。


FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS



上信越道上田インターで下車し街を抜け郊外に向かいます。
信州の古刹前山寺に到着。

FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS


石畳を歩き奥へと進みます。
立派な山門の手前には、正に撮ってくれ。と言わんばかりの綺麗な桜が出迎えてくれます。


撮影はこの後じっくり楽しむとして、その前に先ずはこちらを頂きます。

FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS



前山寺名物の「くるみおはぎ」をご相伴にあずかります。
『花より団子』ならぬ『花よりおはぎ』です。上品な甘さと、香ばしいクルミの風味が絶妙です。
私は今回で2回目の訪問ですが、この味に魅了され春の楽しみとなっています。


さてお腹も満たされ撮影再開です。


FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS



山門をくぐるとそこには春満開の景色が出迎えてくれます。


FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS



建物もどれも立派で貫禄があります。ふと春も良いけど「雪に包まれた時期に来てみたい」と感じました。これはカメラマンの欲張りな性でしょうか。


途中、抜け道?らしい路地に入り(すみません。こういった寄り道筆者は大好きです)木漏れ日の中で1枚。

FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS



強い光線が入り、非常に意地悪なテストになりましたが、このレベルの描写であればキットレンズもなかなかのものだと思います。


FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS



あちこち寄り道しながら市内中心部へ戻ってきたころには、だんだん夕陽も傾いてきました。


今日最後の楽しみは夜桜見物です。


FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS



昔のフィルム撮影ではもはやISO1600以上の撮影継続、まして「手持ち」なんてご法度だと思います。


ここでもこのカメラの優秀さが証明されました。


色の再現性はここでも強みです。


FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS


FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS




交換レンズも持って行きましたが、結局この日は標準ズーム1本でいろんなシーン、を撮ることができました。


皆さんもお気に入りの機材を片手にお花見散布に行かれては如何でしょうか。









〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Fujifilm|掲載日時:2018年04月03日 00時25分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【FUJIFILM】This is the "Snap-Shooter" 【FUJIFILM】This is the "Snap-Shooter" 2018年04月11日
今まで多くのスナップシューターを魅了したFUJIFILM X100シリーズ。 その4世代目として成熟したX100Fは更に磨きをかけ、 フィルムシミュレーションACROSを搭載。 「カラーもモノクロも、これ1台」と言って良いほど。 本来は35mm判換算で35mm相当のレンズが付いているX100Fですが、 今回はワイドコンバージョンレンズWCL-X100 IIを装着。 35mm判換算28mm相当で撮影しています。 フィルムシミュレーションは勿論ACROS、 更にモノクロ撮影には欠かせないイエローフィルターを加えて ACROS+Yモー...
続きを読む
【FUJIFILM】X100Fで撮る赤外スナップ 【FUJIFILM】X100Fで撮る赤外スナップ 2018年04月07日
赤外撮影というと、何やら特殊な機材を用いた撮影方法のように思えますが、今のデジタルカメラでは専用フィルター1枚で気軽に楽しむことができます。 ブログの写真は『FUJIFILM X100F』にデジタルカメラ用の赤外撮影フィルター『Kenko PRO 1D R72 フィルター』を装着して撮影をしたものです。デジタルカメラ内部のセンサーには赤外線除去フィルターが付いていますが僅かながら赤外線を感光することができます。(使用するカメラの機種によって、赤外の感光特性が異なりま...
続きを読む
FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS そうだ花見に行こう!(信州上田編) 2018年04月03日
筆者のわたくしもですが花粉症に悩める人達は、ついこの時期は外出が億劫になりがちです。 しかし「桜開花!」の便りを聞くとそこは日本人の性。気持ちはワクワク出かけてみようかな・・・というパワーが湧いてきます。 今日の相棒はFUJIFILM X-T10とフジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OISの組合せ。 FUJIFILMのボディはコンパクトで持ち運び、フットワークも生かせて良いですし、そこはフイルムメーカーのノウハウを生かした色彩豊かな描写にも期待しての選定となりました。 都内の桜のピーク...
続きを読む
【はじまる410】体感型フォトムービー03『春の梅園de春爛漫の旅』 【はじまる410】体感型フォトムービー03『春の梅園de春爛漫の旅』 2018年03月21日
【はじまる410(フォト)ムービー】  まったく新しい体感型フォトムービー『はじまる410ムービー』。 それは、いつもとは違う小さな旅。 そこは、新しい発見と未来を見る小さな旅。 そこへ、何度でも行きたくなる小さな旅。 そんな小旅行『はじまるトリップ』は、写真を通じて体感する小さな旅の物語です。 次はどこへ行こう!次は何をするに応える『はじまる410ムービー』がはじまります。 本日、3月21日は春分の日。昼と夜の長さが同じになる日です。 『はじまるト...
続きを読む
【FUJIFILM】フィルムシミュレーション ACROS 【FUJIFILM】フィルムシミュレーション ACROS 2018年03月11日
焦点距離36㎜(換算56㎜) F8 1/400秒 ISO200 ~FUJIFUILMフィルムシミュレーション~ フィルムメーカーとして色に強いこだわりを持ち、独自の色再現技術でユーザーの心をつかむフジフイルム。 独自のセンサーに加えその要となっているのがフィルムシミュレーションです。 フィルムを交換するイメージでモノクロ、カラー、色味など異なるにモードに切り変えることができます。 今回はその中からモノクロのシミュレーション”ACROS(アクロス)”をご紹介いたします。 X-Pro2から搭載されたフィル...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]