Select Language



新しいことへの挑戦

[ Category:Leica|掲載日時:2018年04月22日 06時00分]



4月もいよいよ最後の1週間に差し掛かろうとしています。
新しい環境で仕事や学生生活をスタートした方には、新鮮な事が非常に多かったのではないでしょうか?

筆者は世間でも色々な事が切り替わるこの時期に
毎年新しいことを、やってみたかったことを実際にやってみるようにしています。

今年は、趣味の方では英語の勉強を始めてみました。

カメラの方では触った事のない[画角]に挑戦してみることにしましたので今回は Voigtlander SNAPSHOT-SKOPAR 25mm F4 で広角での撮影に挑戦してみることにしました。

Leica (ライカ) M(Typ240) + Voigtlander (フォクトレンダー) SNAPSHOT-SKOPAR 25mm F4


筆者は普段 50~90mmと標準から中望遠域までのレンズを使い、
撮影対象を「切り取る」ように撮るのが好きである。

レンジファインダー使いの方には35mmが標準という方もいらっしゃると思うし、よく勧められるのだが
実際に35mmも何度か購入して連れ出し見たがすぐに50mmに戻って行ってしまうのである。

じゃあ思い切ってもっと広角ならどうだ!と選んだのがこのレンズです。

Leica (ライカ) M(Typ240) + Voigtlander (フォクトレンダー) SNAPSHOT-SKOPAR 25mm F4

周辺減光だと思って喜んだのもつかの間
減光じゃなくてマゼンタ被りでした。
Leica (ライカ) M(Typ240) + Voigtlander (フォクトレンダー) SNAPSHOT-SKOPAR 25mm F4

モノクロにするとわかりにくくなるので
モノクロ用と割り切って使ってもいいかもしれません。

Leica (ライカ) M(Typ240) + Voigtlander (フォクトレンダー) SNAPSHOT-SKOPAR 25mm F4

Leica (ライカ) M(Typ240) + Voigtlander (フォクトレンダー) SNAPSHOT-SKOPAR 25mm F4


最初こそ広過ぎるんじゃないかと心配したものの
使ってみると自分にとっては扱いやすい画角であることが判明。
筆者はどうやら広いか狭いかが極端でないと駄目みたいです。
なので中間にあたる35mmがしっくりこなかったのかなと自問自答。

Leica (ライカ) M(Typ240) + Voigtlander (フォクトレンダー) SNAPSHOT-SKOPAR 25mm F4
Leica (ライカ) M(Typ240) + Voigtlander (フォクトレンダー) SNAPSHOT-SKOPAR 25mm F4

このレンズは距離計との連動機構がないためコンパクトにまとまっているのと
3m、1.5m、1.0mでフォーカスクリックストップという引っ掛かる感覚があるためレンズを見ずにピントが今何mの所においてるのかが分かるようになっている、
慣れてくるとSNAPSHOTの名の通りスナップ撮影をする上で良い相棒になってくれるだろう。


GWも間近
デジタル使いの方はフィルムカメラを
ズームレンズ使いの方は単焦点を
使ったことのないもの・気になったものにみなさんもどんどん挑戦してみてください。






〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年04月22日 06時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

ユカイハンズ企画展#007 『塩川雄也 写真集『OASIS』出版記念展』 写真展のご案内 〜 ユカイハンズ企画展#007 『塩川雄也 写真集『OASIS』出版記念展』 2018年05月24日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは ユカイハンズ企画展#007 - 塩川雄也 写真集『OASIS』出版記念展 -です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー ~第二部~ ~第二部~ G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー 2018年05月23日
第一部の講義を終え、いよいよポートレート撮影が始まります! 今回お招きしたモデルさんは成田 彩美さん。長時間たくさんのカメラに囲まれつつも、最後まで素敵な笑顔を見せてくれました。 G9 PROによるポートレート撮影を行うために用意したLEICA DGレンズラインナップは以下の通り。5月24日発売の新製品『LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.』も先行で試すことができました。 LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 A...
続きを読む
G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー ~第一部~ ~第一部~ G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー 2018年05月23日
2018年5月19日(土)マップカメラからほど近い新宿ファーストウエストビルにて『Panasonic LUMIX G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー』を開催いたしました。 講師にお招きした上田 晃司氏には以前にも何度かマップカメラのイベントに出演していただいておりますが、今回はパナソニックの静止画のフラッグシップ機である『LUMIX DC-G9 PRO』でポートレート撮影をする際のテクニックをご教示いただきます。 マップカメラでは様々なセミナーを開催してお...
続きを読む
【Nikon】クラシックニコンS2で日常にスパイス 【Nikon】クラシックニコンS2で日常にスパイス 2018年05月23日
日常にスパイス 05 みなさんご存知ですか?6月1日は、写真の日です。 1841年当時、薩摩藩主の島津斉彬が日本で初めて 写真撮影を行ったことを記念した日、と言われています。 (実際は、それ以前に国内で撮影が行われたことがあったという説がいまは有力です。) 1839年にダゲレオタイプが発表され、 歴史に写真を撮るうえでのカメラが定着してから、 いまだ百数十年しか経っていませんが、 その中でカメラは日々進歩し、 今やさまざまな人々が生活の中で あたりまえにカメラを使っています...
続きを読む
【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 2018年05月22日
5月も半ばを過ぎ、良い陽気が続いています。 カメラを持ってのお出かけには、絶好の季節です。 ゴールデンウィークなどの長期休暇ですと撮影も本格的になり、装備も重くなってしまうかもですが、今の時期はもっと気軽にぶらっと出掛けてパシャッと撮るのも楽しいものです。 それもデジタルカメラで何でもかんでもバシャバシャ撮るのではなく、気に入った風景を1枚1枚丁寧に、心に刻むようにフィルムに残してみては… そんな撮影にうってつけなのが、ローライの二眼レフカメラです。 「二眼...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]