Select Language



新しいことへの挑戦

[ Category:Leica|掲載日時:2018年04月22日 06時00分]



4月もいよいよ最後の1週間に差し掛かろうとしています。
新しい環境で仕事や学生生活をスタートした方には、新鮮な事が非常に多かったのではないでしょうか?

筆者は世間でも色々な事が切り替わるこの時期に
毎年新しいことを、やってみたかったことを実際にやってみるようにしています。

今年は、趣味の方では英語の勉強を始めてみました。

カメラの方では触った事のない[画角]に挑戦してみることにしましたので今回は Voigtlander SNAPSHOT-SKOPAR 25mm F4 で広角での撮影に挑戦してみることにしました。

Leica (ライカ) M(Typ240) + Voigtlander (フォクトレンダー) SNAPSHOT-SKOPAR 25mm F4


筆者は普段 50~90mmと標準から中望遠域までのレンズを使い、
撮影対象を「切り取る」ように撮るのが好きである。

レンジファインダー使いの方には35mmが標準という方もいらっしゃると思うし、よく勧められるのだが
実際に35mmも何度か購入して連れ出し見たがすぐに50mmに戻って行ってしまうのである。

じゃあ思い切ってもっと広角ならどうだ!と選んだのがこのレンズです。

Leica (ライカ) M(Typ240) + Voigtlander (フォクトレンダー) SNAPSHOT-SKOPAR 25mm F4

周辺減光だと思って喜んだのもつかの間
減光じゃなくてマゼンタ被りでした。
Leica (ライカ) M(Typ240) + Voigtlander (フォクトレンダー) SNAPSHOT-SKOPAR 25mm F4

モノクロにするとわかりにくくなるので
モノクロ用と割り切って使ってもいいかもしれません。

Leica (ライカ) M(Typ240) + Voigtlander (フォクトレンダー) SNAPSHOT-SKOPAR 25mm F4

Leica (ライカ) M(Typ240) + Voigtlander (フォクトレンダー) SNAPSHOT-SKOPAR 25mm F4


最初こそ広過ぎるんじゃないかと心配したものの
使ってみると自分にとっては扱いやすい画角であることが判明。
筆者はどうやら広いか狭いかが極端でないと駄目みたいです。
なので中間にあたる35mmがしっくりこなかったのかなと自問自答。

Leica (ライカ) M(Typ240) + Voigtlander (フォクトレンダー) SNAPSHOT-SKOPAR 25mm F4
Leica (ライカ) M(Typ240) + Voigtlander (フォクトレンダー) SNAPSHOT-SKOPAR 25mm F4

このレンズは距離計との連動機構がないためコンパクトにまとまっているのと
3m、1.5m、1.0mでフォーカスクリックストップという引っ掛かる感覚があるためレンズを見ずにピントが今何mの所においてるのかが分かるようになっている、
慣れてくるとSNAPSHOTの名の通りスナップ撮影をする上で良い相棒になってくれるだろう。


GWも間近
デジタル使いの方はフィルムカメラを
ズームレンズ使いの方は単焦点を
使ったことのないもの・気になったものにみなさんもどんどん挑戦してみてください。






〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年04月22日 06時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 2018年05月21日
皆様こんにちは。 今回はLeicaのプレミアムモデル「Leica M-P(Typ240) チタンセット」をご紹介! 2016年に世界限定333台で発売された数少ないレアモデル! 通常モデルはカメラボディに真鍮を使っていますが、当モデルはその名の通りチタンを使用! 軽くて頑丈な金属として近年注目を浴びている素材で、通常モデルのM-P(Typ240)よりも90gほど軽量化が図られています。 気になるセット内容は… ・Leica M-P(Typ240) ・ズミクロン M28mm F2 ASPH ・アポズミクロン M50mm F2 ASPH レンズはチタンアル...
続きを読む
【Leica】Tour de M9 【Leica】Tour de M9 2018年05月08日
ライカといえばスナップ撮影。 「スナップ写真の名作の多くにライカあり」というイメージです。 今回は敢えて街中のスリリングなスナップではなく、 「旅と共に」ライカを使ってみました。 今回はM9にSummilux 35mm F1.4 ASPH(旧)の組み合わせで館山へ。 海際の静寂をしっかり写し取ってくれました。 この日は曇りでした。上品な湿感で多少クセのあるところが 旧ASPHの好きなところです。 宿泊したホテルはオーシャンビュー。 日没と共にその姿は変わり、宵闇に佇む灯台の灯...
続きを読む
null 【Leica】M10 + SUMMARON 35mm F2.8 2018年05月06日
みなさま、ゴールデンウイークはいかがでしたか。 関東地方は好天に恵まれ、絶好の行楽日和となりました。 私も日頃行かない場所に、といっても公園ですが 出かけてまいりました。 今日のお供は【ライカ M10】と【ズマロン M35㎜ F2.8】です。 M10は2017年発売のMデジタルの最新鋭機。 ズマロンは1958年発売のレンズなので、その年齢差はなんと60年。 しかもブラックボディにシルバーレンズでもこの馴染みの良さはまさしくライカといえるものです。 ズマロン M35mm F2.8はクラシ...
続きを読む
【Leica】価格改定前に欲しいレンズ Pick up! 【Leica】価格改定前に欲しいレンズ Pick up! 2018年05月04日
皆様こんにちは! 早いもので、1年も3分の1が終わりました。新たに5月のスタートです! 5月と言えばゴールデンウィーク真っ只中ですが、カメラ業界では話題になっていることが1つあります。 それは…「Leica 価格改定」です! カメラ好きなら1度は手にしたいと思う憧れのLeicaというブランド。 来たる5月10日に対象商品が値上がりしてしまいます!! そこで今回は、価格改定の対象になっているレンズの中から「コレはイチオシ!」というものを幾つかご紹介! ノクティルックス M50mm F0.95...
続きを読む
null 【Leica】Tにあえてつけてみました。 2018年04月24日
「完璧かつ簡潔」 そんなコンセプトのもと、生み出されたライカT。 何故今ライカTなのか? TLでもTL2でもなく何故? その理由は後程。 アルミ削り出しの曲線的で洗練されたデザインは、スッと手に吸い付くように馴染みます。 背面を覆う大型のタッチパネル液晶はカスタマイズすることで自分のベストなメニュー配置にすることが出来ます。 まさに、機能を高めていくことで生まれた美しさ=「機能美」というものを体現しているカメラです。 さて、ライカTは専用のTマウントは勿論、Mレ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]