Select Language



【OLYMPUS】OM-D E-M1 Mark IIと里帰り

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年05月10日 15時45分]



千葉県匝瑳(そうさ)市晴海。旧八日市場市。
親戚の家が自動車整備会社を営んでおり、幼いころはよく父親に連れて行ってもらっていました。
この日はOM-D E-M1 Mark IIM.ZUIKO DiGITAL ED 12-100mm F4 PRO ISを手に、実に十数年ぶりに訪れてみました。


OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
焦点距離:12mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/60秒 ISO:250

工場(こうば)の風景。
幼い頃、作業をしていない時は良くこのスペースで遊ばせてもらっていました。
今改めて見ると昔から変わることのない景色に時間の流れが止まっているかのような気持ちにさせられます。
※OM-D E-M1 Mark IIのアートフィルター「ブリーチバイパス」で処理。


OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
焦点距離:34mm 絞り:F5.6 シャッタースピード:1/1250秒 ISO:200

工場の裏は一面水田が広がります。
毎日眺めている新宿の風景とは真逆の世界です。


OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
焦点距離:54mm 絞り:F5.6 シャッタースピード:1/640秒 ISO:200

家のすぐそばを流れる川。
一緒に来ていた甥が石を投げ込んで遊んでいました。
自身も昔は同じように遊んでいたことを思い出します。
子どもにとってはこういった田舎ならではの風景が新鮮なのだと思います。


OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
焦点距離:100mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:200

親戚の家を離れ、同市内にある「ふれあいパーク八日市場」へ。
この日は天気もよく、子どもたちが遊べる広い公園があり、私自身ものんびりと休日を満喫できました。
100mm側の望遠でのカットですが背景のボケも程よく綺麗で、
ピントを合わせた姪の後ろ姿が強調されて立体感のある描写となっています。


OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
焦点距離:12mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/1250秒 ISO:200

息子の足元を広角側12mmのローアングルで。
改めてバリアングルの液晶モニターが搭載されていることはすごく有り難く思います。
ローアングルの写真は普段なかなか観ることのできない世界感を観せてくれます。撮影の幅を広げてくれますのでオススメです。


OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
焦点距離:100mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:200

近くにある農園でいちご狩りも満喫しました。
このレンズは新鮮ないちごの瑞々しさまで伝えてくれます。


OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
焦点距離:15mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/800秒 ISO:200

いちごのポートレート写真とでも言いましょうか・・・
赤い色も自然な見たままの色を再現してくれます。


OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
焦点距離:29mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/2000秒 ISO:200

いちご狩りに夢中な姪。
肌色の発色もとても健康的で綺麗な色です。
解像感もとても高く、画素数以上の描写を感じることができます。


OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
焦点距離:100mm 絞り:F7.1 シャッタースピード:1/800秒 ISO:200

最後に長閑なこの土地ならではの1枚。
ガードレールもないこういった道がたくさんあります。
私にとっては懐かしい気持ちにさせてくれる場所であり、今後も変わらぬ姿で
あって欲しいと勝手ながらに思ってしまいます。
実は望遠側の100mmで撮影しています。マイクロフォーサーズセンサーでも
圧縮効果はきちんと出ていて、遠くの景色もよく見えてきます。


発売されてから早いものでもう1年以上経ち、所有されている方も増えてきていると思います。
定番の組み合わせではありますが、やはりこの組み合わせならではの6.5段分の手ぶれ補正は強力で、
少し遅いくらいのシャッタースピードであれば全く手ブレを気にすることなく軽快に撮影することできました。
OM-D E-M1 Mark IIを手にするのであれば必ず一緒に所有しておきたいレンズです。
ズームレンズとは言え、やはりOLYMPUSの誇るPROシリーズのレンズ。描写力も申し分ありません。
広角から望遠までカバーできますので大抵の撮影はこの1本で任せることができます。
おでかけのお供に改めてこの組み合わせをおすすめしたいと思います。

▼今回撮影した機材はこちら▼
今ならマップカメラオリジナルセットで発売中!!







今回ご紹介した機材は、実際に店頭でお手にとってお試しいただけます。
スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ちしております。

また、電話でのお問い合せも受け付けております。
お気軽にお問い合せください。




〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓



[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年05月10日 15時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

海街に惹かれて 海街に惹かれて 2018年05月18日
皆さんは心の落ち着く場所、というものがありますでしょうか。 以前にも書かせていただいたことがあるのですが、私は海に近い地域で育ったためか海辺で過ごすことでとても心が落ち着きます。 もちろん、ほとんどの方が同様にお思いになるかもしれません。 生命の源である「海」を見たくなるのは生物としての本能である、といえるかもしれません。 さて、「横浜」という街はもう既にあらゆる部分で語り尽くされているかと思います。 私は数年前まで横浜に住んでおり、赤レンガ周辺のお決まりのコース...
続きを読む
【OLYMPUS】OM-D E-M1 Mark IIと里帰り 【OLYMPUS】OM-D E-M1 Mark IIと里帰り 2018年05月10日
千葉県匝瑳(そうさ)市晴海。旧八日市場市。 親戚の家が自動車整備会社を営んでおり、幼いころはよく父親に連れて行ってもらっていました。 この日はOM-D E-M1 Mark IIとM.ZUIKO DiGITAL ED 12-100mm F4 PRO ISを手に、実に十数年ぶりに訪れてみました。 焦点距離:12mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/60秒 ISO:250 工場(こうば)の風景。 幼い頃、作業をしていない時は良くこのスペースで遊ばせてもらっていました。 今改めて見ると昔から変わることのない景色に時間の流れが止まっている...
続きを読む
小さくとも大きな発見 小さくとも大きな発見 2018年05月05日
長い時間カメラを持ち歩いていると思うことがあります。 「重い」と。 これまで様々なカメラを使ってきた結果、やはり王道が一番ということでフルサイズ一眼レフを使ってきました。 そして、そのサブ機という名目でフルサイズミラーレス機を導入し、その日の気分で使い分けることでなんとか落ち着いていました。 しかし一眼レフは重く、サブ機の方は手にした感触や機能面で不満を抱いていました。 ものすごく贅沢な悩みには違いありませんが、いつも肩身放さず持ち歩くものには貪欲になるのが人情と...
続きを読む
【OLYMPUS】雨色景色 【OLYMPUS】雨色景色 2018年04月21日
皆様はどんな時や理由で写真を撮りに行きますか? 新しいカメラ、レンズを購入した時。 桜が満開を迎えた時。 お子さんが七五三や運動会の時。 インスタでいいね!が欲しい時。 などなど。 色々あるかと思いますが、 私は雨です。 今回の撮影には「OLYMPUS PEN-F」と「Panasonic LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH.」の組み合わせを使用しました。 いつもの帰り道も一味違った雰囲気に。 普段見ている景色でも雨が降るだけで、違う表情を見せる事がありま...
続きを読む
OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 【OLYMPUS】小さな大口径を持っていこう! 2018年04月20日
春の行楽シーズンの今、各地で緑が生い茂り花が咲き誇っています。 普段、出歩かないという方も自然を感じに出かけたくなることかと思います。 とはいえ、歩き回るなら「荷物は少なく」とどうしても思ってしまいます。 標準ズーム1本あれば、ある程度は事足りてしまうのも事実です。 でも、せっかく行くならその場所にあわせてもう1本くらい持っていきたいところです。 今回は、森林公園ということで、360°木に囲まれた空間や開けた花畑を撮るため広角単焦点レンズをチョイス。 というわけ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]