Select Language



小さくとも大きな発見

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年05月05日 08時00分]



長い時間カメラを持ち歩いていると思うことがあります。
「重い」と。

これまで様々なカメラを使ってきた結果、やはり王道が一番ということでフルサイズ一眼レフを使ってきました。
そして、そのサブ機という名目でフルサイズミラーレス機を導入し、その日の気分で使い分けることでなんとか落ち着いていました。

しかし一眼レフは重く、サブ機の方は手にした感触や機能面で不満を抱いていました。
ものすごく贅沢な悩みには違いありませんが、いつも肩身放さず持ち歩くものには貪欲になるのが人情というものです。


あれこれ悩んだ末に浮かんできた言葉。

「マイクロフォーサーズ」

正直、これまで見向きもしてこなかったこの規格に急に興味を持ち始めたのです。


苦悩した挙句、価格が大分落ち着いたOLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1を購入。(残念ながらMarkⅡではありません)
レンズは標準レンズの定番Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.にしました。


ということで、今回は私と同じような悩みをお持ちの方がいらっしゃることを願ってお送りしようと思います。


新たな機材を導入した際、私は必ずと言っていいほど上野恩賜公園へ向かいます。そうではなくても毎日のように行っているですが。
その理由として、公園内には機材の性能を試す要素が溢れているからです。

広大な空間、行き過ぎる人や動物、木などの自然物や美術品などの人工物など。
スナップから物撮り、風景写真に至るまで、機材の性能のみならず自らの写真の腕を試すものが無尽蔵にあります。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


美術館内にあるおなじみの銅像。
フルサイズのボケ具合に慣れていると少し物足りなく思うかもしれませんが、開放からこの解像感なのは正直予想外でした。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.

博物館の階段。
コントラストを強めてはいますがシャープネスはそのままです。
こういった石階段には現在に至るまでにいったいどれほどの人々が行き来し、どれほどの時が重なってきたのかを想像させる魅力があります。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


もともとはそこにランプが吊り下がっていたのか、もしくは他の何かがはめられていたのか。
奥に見える照明の装飾も意匠を凝らした美しい造形です。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


鈍く光を反射する金属は、周囲の優しいボケがピント面のシャープな部分を強調してくれます。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


主役の手前に物を置くことによって、奥の主役が引き立ちます。
マイクロフォーサーズでここまでボケるとは思っていなかったので驚きです。
この日の撮影で一番好きな一枚になりました。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


マイクロフォーサーズを使ってみて感じたのは、画質の面からみて、フルサイズに何ら劣ってはいないということです。
少ないボケは工夫次第でどうにかなるとして、ピント面のシャープさフルサイズと何ら変わりありません。

軽快なボディと評判のいい手振れ補正。
最新型ではなくとも十分に満足できる買い物が出来ました。


今回使用した機材はこちら
OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ
+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


















〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年05月05日 08時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

ユカイハンズ企画展#007 『塩川雄也 写真集『OASIS』出版記念展』 写真展のご案内 〜 ユカイハンズ企画展#007 『塩川雄也 写真集『OASIS』出版記念展』 2018年05月24日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは ユカイハンズ企画展#007 - 塩川雄也 写真集『OASIS』出版記念展 -です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー ~第二部~ ~第二部~ G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー 2018年05月23日
第一部の講義を終え、いよいよポートレート撮影が始まります! 今回お招きしたモデルさんは成田 彩美さん。長時間たくさんのカメラに囲まれつつも、最後まで素敵な笑顔を見せてくれました。 G9 PROによるポートレート撮影を行うために用意したLEICA DGレンズラインナップは以下の通り。5月24日発売の新製品『LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.』も先行で試すことができました。 LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 A...
続きを読む
G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー ~第一部~ ~第一部~ G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー 2018年05月23日
2018年5月19日(土)マップカメラからほど近い新宿ファーストウエストビルにて『Panasonic LUMIX G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー』を開催いたしました。 講師にお招きした上田 晃司氏には以前にも何度かマップカメラのイベントに出演していただいておりますが、今回はパナソニックの静止画のフラッグシップ機である『LUMIX DC-G9 PRO』でポートレート撮影をする際のテクニックをご教示いただきます。 マップカメラでは様々なセミナーを開催してお...
続きを読む
【Nikon】クラシックニコンS2で日常にスパイス 【Nikon】クラシックニコンS2で日常にスパイス 2018年05月23日
日常にスパイス 05 みなさんご存知ですか?6月1日は、写真の日です。 1841年当時、薩摩藩主の島津斉彬が日本で初めて 写真撮影を行ったことを記念した日、と言われています。 (実際は、それ以前に国内で撮影が行われたことがあったという説がいまは有力です。) 1839年にダゲレオタイプが発表され、 歴史に写真を撮るうえでのカメラが定着してから、 いまだ百数十年しか経っていませんが、 その中でカメラは日々進歩し、 今やさまざまな人々が生活の中で あたりまえにカメラを使っています...
続きを読む
【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 2018年05月22日
5月も半ばを過ぎ、良い陽気が続いています。 カメラを持ってのお出かけには、絶好の季節です。 ゴールデンウィークなどの長期休暇ですと撮影も本格的になり、装備も重くなってしまうかもですが、今の時期はもっと気軽にぶらっと出掛けてパシャッと撮るのも楽しいものです。 それもデジタルカメラで何でもかんでもバシャバシャ撮るのではなく、気に入った風景を1枚1枚丁寧に、心に刻むようにフィルムに残してみては… そんな撮影にうってつけなのが、ローライの二眼レフカメラです。 「二眼...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]