Select Language



【SONY】箱根で感じる物語の世界

[ Category:SONY|掲載日時:2018年05月13日 22時15分]


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

少し前のお話しです。
春の足音が近づいてきた日のこと、王子さまに会いに行くことにしました。

SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

王子さまはとてもすてきなところにいました。
日本であることを忘れてしまうかのようです。ここは20世紀初頭のフランスの街並みが再現されています。
色褪せた外壁と真新しい鮮やかなブルーの扉の対比に心くすぐられます。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

良く見ると、作者の名前が看板になっていました。
こんな遊び心あふれる造りも、物語の世界に入り込んでいるようでときめきます。
直訳すれば「サン=テグジュペリの家」ですが、看板だけ見て「チョコレート屋さんかしら」などと妄想にふけってみたり。
それが許されるのも、こういう場所ならでは。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

本屋さんのショーウィンドー。
窓枠の色が好みで目を引かれましたが、あらためて写真で見ると棚の色と相まって本を引き立てる役割があると感じます。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

街並みを抜けると、庭の先に教会があります。
しっとりとした空気があたりを包み込んでいました。
教会の中にあるシャンデリアの光が控えめで、とても落ち着ける空間が広がっていました。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

庭にはすてきなオブジェもあります。
土星の輪に座ってみたいと幼いころ願っていたことを思い出しました。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

こちらは実業家。自分の星を数えてばかりいます。
大変そうな人、嫌な感じの人、というよりも大人にしてはかわいらしい感じがします。
そのほかの登場人物たちもいますので、スタンプラリーのように探してみるのも面白いかもしれません。

SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

「帽子」か「ゾウを飲み込んだウワバミ」か。

お話の中で、ぼく(主人公)の書いた絵を見た大人たちはみんな「帽子」と言った。
王子さまは絵を見てすぐに「ゾウを飲み込んだウワバミ」と言った。

本質を見る目というのはいつ養われ、いつ曇るのでしょう。
大人だから本質を見抜けるかといえば必ずしもそうではなく、子供だからものがわからないかといえば必ずしもそうではなく。
人とはとかく面白いものであると思うのです。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

歩き疲れたらベンチに座って撮った写真を見返すのも楽しい時間。
このベンチ、座面の色といい横顔といい、とてもすてきだったので被写体になってもらいました。


写真をご覧になられてなんだかフワフワしているとお感じになられた方もいるかと思います。
実はこのレンズ、レンズ内がとても曇っております。お店では「難有り品」と言われる部類に入ってしまう状態です。
光の方向、入り具合でフワフワとした印象の写真になります。
街並みやベンチの写真は、はっきり・しっかりした写りになりました。
1本のレンズでこれだけ表情が変わるのはオールドレンズの楽しみ方の一つとして、
ひと癖ある写真を手軽に楽しむ手法と言えるかもしれません。


「星の王子さまミュージアム」ご興味がある方は、王子さまの大切な庭にバラが咲くこれからの季節に行くことをお勧めします。
今年の「ローズフェア2018」は5/26から7/8まで開催されるとのこと。
ぜひ、美しいフランスの街並みとローズガーデンを写真におさめてみてはいかがでしょうか。









〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年05月13日 22時15分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

ユカイハンズ企画展#007 『塩川雄也 写真集『OASIS』出版記念展』 写真展のご案内 〜 ユカイハンズ企画展#007 『塩川雄也 写真集『OASIS』出版記念展』 2018年05月24日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは ユカイハンズ企画展#007 - 塩川雄也 写真集『OASIS』出版記念展 -です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー ~第二部~ ~第二部~ G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー 2018年05月23日
第一部の講義を終え、いよいよポートレート撮影が始まります! 今回お招きしたモデルさんは成田 彩美さん。長時間たくさんのカメラに囲まれつつも、最後まで素敵な笑顔を見せてくれました。 G9 PROによるポートレート撮影を行うために用意したLEICA DGレンズラインナップは以下の通り。5月24日発売の新製品『LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.』も先行で試すことができました。 LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 A...
続きを読む
G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー ~第一部~ ~第一部~ G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー 2018年05月23日
2018年5月19日(土)マップカメラからほど近い新宿ファーストウエストビルにて『Panasonic LUMIX G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー』を開催いたしました。 講師にお招きした上田 晃司氏には以前にも何度かマップカメラのイベントに出演していただいておりますが、今回はパナソニックの静止画のフラッグシップ機である『LUMIX DC-G9 PRO』でポートレート撮影をする際のテクニックをご教示いただきます。 マップカメラでは様々なセミナーを開催してお...
続きを読む
【Nikon】クラシックニコンS2で日常にスパイス 【Nikon】クラシックニコンS2で日常にスパイス 2018年05月23日
日常にスパイス 05 みなさんご存知ですか?6月1日は、写真の日です。 1841年当時、薩摩藩主の島津斉彬が日本で初めて 写真撮影を行ったことを記念した日、と言われています。 (実際は、それ以前に国内で撮影が行われたことがあったという説がいまは有力です。) 1839年にダゲレオタイプが発表され、 歴史に写真を撮るうえでのカメラが定着してから、 いまだ百数十年しか経っていませんが、 その中でカメラは日々進歩し、 今やさまざまな人々が生活の中で あたりまえにカメラを使っています...
続きを読む
【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 2018年05月22日
5月も半ばを過ぎ、良い陽気が続いています。 カメラを持ってのお出かけには、絶好の季節です。 ゴールデンウィークなどの長期休暇ですと撮影も本格的になり、装備も重くなってしまうかもですが、今の時期はもっと気軽にぶらっと出掛けてパシャッと撮るのも楽しいものです。 それもデジタルカメラで何でもかんでもバシャバシャ撮るのではなく、気に入った風景を1枚1枚丁寧に、心に刻むようにフィルムに残してみては… そんな撮影にうってつけなのが、ローライの二眼レフカメラです。 「二眼...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]