Select Language



【SONY】二律背反

[ Category:SONY|掲載日時:2018年05月07日 14時35分]



ボケ味と解像力。二律背反する要素を高い水準で纏め上げたソニー渾身の一石。
大口径標準ズームレンズFE 24-70mm F2.8 GM。
発売されてから2年ほど経過し、その間にFE 24-105mm F4 G OSSが発売され、更に今月末にはTAMRONから初のフルサイズのEマウントに対応した標準ズームレンズ28-75mm F2.8 DiIII RXD(Model A036SF)が発売となる。
徐々に選択肢が広がっていく中で描写の再確認をと思い、マップカメラ本館5F、ソニーフロアスタッフが撮影に臨んだ。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
ss1/50 F2.8 ISO100 焦点距離47mm

2度目にはなってしまうが「ボケ味と解像力」の両立。これがこのレンズの最大の特徴であろう。
絞り開放から高い描写力を誇り、開放から使えるということは豊かなボケ量を得る事に繋がる。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
ss1/30 F2.8 ISO400 焦点距離54mm

まずは2枚共に50mm付近の焦点距離での撮影となったが、中距離での立体感もとても良く出ている様に感じる。さすがに前後ボケ共に際立ったボケ味は難しいのか前ボケは少しうるさいように感じたが、それでも「この後ボケと比べれば」である。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7RM2+FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
ss1/250 F3.5 ISO125 焦点距離37mm

一度35mm付近まで引いてみよう。深度が欲しかったため少し絞り込んでいるが、線の細かい被写体でも破綻することなく描き切っている。
FE 24-70mm F2.8 GMというレンズの中ではこの35mm付近がもっとも美味しい焦点距離であるように感じる。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7RM3+FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
ss1/400 F2.8 ISO100 焦点距離67mm

次はテレ側に振って開放で撮影。24mm~70mmという焦点距離のレンズとしてはテレ側が弱点であり他の焦点域と比べると少し緩いため、F3.5ないしF4.0くらいまで絞ると細かい線までしっかりと描いてくれるようになる。
今回はボケ量を優先したかったため、敢えて開放を使っている。



SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7RM3+FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
ss1/125 F4.5 ISO200 焦点距離36mm

色味はZEISS銘のレンズと比べても少し落ち着いた印象を受けた。決して誇張することなくリアルにその場を切り取ってくれるが、どことなくエモーショナルに感じるのは豊かなトーンの成せる業だろうか。筆者お気に入りのショットだ。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7RM3+FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
ss1/10 F4.0 ISO1600 焦点距離24mm

線と形で画を作る。三脚がNGなシーンではこういった明るいレンズはありがたい。
自分の中での下限のシャッタースピードから決めて、ノイズを許容できるISOと、解像感/周辺減光を許容できる絞り値を決めていくのだが、このレンズでワイド端なら解放から1段絞りでも必要十分な解像をしてくれると判断したため、最後にISOを決める形で露出を決めた。

ズームレンズ毎に描写、重量、焦点距離と比較する要素は沢山あるのだが、どのズーム域を使っても妥協のない描写がこのレンズの最大の特徴だろう。
まさに、「G Master」の名に恥じないものであると感じた。


お求めはコチラから







マップカメラ本館5Fはソニー製品を中心に、更にCONTAXやMINOLTAなどのレンズも多数ご用意しております。
もちろんショーケース内の中古商品はお手にとってお試しいただけます。

ご興味ご関心お持ちのお客様は是非、マップカメラ本館5Fへお立ち寄りください!

5F Floor Photo


ご案内

mapquality


〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年05月07日 14時35分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

ユカイハンズ企画展#007 『塩川雄也 写真集『OASIS』出版記念展』 写真展のご案内 〜 ユカイハンズ企画展#007 『塩川雄也 写真集『OASIS』出版記念展』 2018年05月24日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは ユカイハンズ企画展#007 - 塩川雄也 写真集『OASIS』出版記念展 -です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー ~第二部~ ~第二部~ G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー 2018年05月23日
第一部の講義を終え、いよいよポートレート撮影が始まります! 今回お招きしたモデルさんは成田 彩美さん。長時間たくさんのカメラに囲まれつつも、最後まで素敵な笑顔を見せてくれました。 G9 PROによるポートレート撮影を行うために用意したLEICA DGレンズラインナップは以下の通り。5月24日発売の新製品『LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.』も先行で試すことができました。 LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 A...
続きを読む
G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー ~第一部~ ~第一部~ G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー 2018年05月23日
2018年5月19日(土)マップカメラからほど近い新宿ファーストウエストビルにて『Panasonic LUMIX G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー』を開催いたしました。 講師にお招きした上田 晃司氏には以前にも何度かマップカメラのイベントに出演していただいておりますが、今回はパナソニックの静止画のフラッグシップ機である『LUMIX DC-G9 PRO』でポートレート撮影をする際のテクニックをご教示いただきます。 マップカメラでは様々なセミナーを開催してお...
続きを読む
【Nikon】クラシックニコンS2で日常にスパイス 【Nikon】クラシックニコンS2で日常にスパイス 2018年05月23日
日常にスパイス 05 みなさんご存知ですか?6月1日は、写真の日です。 1841年当時、薩摩藩主の島津斉彬が日本で初めて 写真撮影を行ったことを記念した日、と言われています。 (実際は、それ以前に国内で撮影が行われたことがあったという説がいまは有力です。) 1839年にダゲレオタイプが発表され、 歴史に写真を撮るうえでのカメラが定着してから、 いまだ百数十年しか経っていませんが、 その中でカメラは日々進歩し、 今やさまざまな人々が生活の中で あたりまえにカメラを使っています...
続きを読む
【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 2018年05月22日
5月も半ばを過ぎ、良い陽気が続いています。 カメラを持ってのお出かけには、絶好の季節です。 ゴールデンウィークなどの長期休暇ですと撮影も本格的になり、装備も重くなってしまうかもですが、今の時期はもっと気軽にぶらっと出掛けてパシャッと撮るのも楽しいものです。 それもデジタルカメラで何でもかんでもバシャバシャ撮るのではなく、気に入った風景を1枚1枚丁寧に、心に刻むようにフィルムに残してみては… そんな撮影にうってつけなのが、ローライの二眼レフカメラです。 「二眼...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]