Select Language



海街に惹かれて

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年05月18日 08時00分]



皆さんは心の落ち着く場所、というものがありますでしょうか。

以前にも書かせていただいたことがあるのですが、私は海に近い地域で育ったためか海辺で過ごすことでとても心が落ち着きます。
もちろん、ほとんどの方が同様にお思いになるかもしれません。
生命の源である「海」を見たくなるのは生物としての本能である、といえるかもしれません。

さて、「横浜」という街はもう既にあらゆる部分で語り尽くされているかと思います。
私は数年前まで横浜に住んでおり、赤レンガ周辺のお決まりのコースを何度も歩きました。
にもかかわらず、ふとした時にたまらなく行きたくなるのはなぜでしょうか。

やはりその理由には自分の育った故郷に似た波の音、潮風のにおい、行き交う船の汽笛、そしてなによりあの開けた場所に立つ解放感と
圧倒的な水の存在からくる一種の安心感ではないでしょうか。
もちろん歴史ある建物や異国情緒溢れる街並みも大きな魅力であることに間違いはないのですが。

しかし、そのような風景のイメージは巷に溢れています。
今回はごく私的な目線で、赤レンガ周辺のお馴染みのコースを巡っていこうと思います。


OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.



神奈川県立博物館の直線と近代的な彫刻のデザインは、時代を経てもなお美しいです。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


赤レンガ倉庫の石畳。
その名の通り、もともと船で運ばれてきた荷物を保管していたこの倉庫。
この石畳の上をいったいどれほどの人や荷物が行きかったのでしょうか。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


赤レンガ倉庫から少し進んだところの波打ち際。
救助用の浮き輪と柵の影に心惹かれました。


OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


山下公園のコンビ二の前にある「インド水塔」の屋根の裏側。
実は横浜市認定歴史的建造物に認定されているそうです。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


山下公園にはさまざまな種類の花が植えられています。
マイクロフォーサーズとはいえ、開放でここまで寄れば美しくボケさせることができます。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


日が落ち始めたので急いで港の見える丘公園へ。
展望台からの眺めももちろんきれいだったのですが、暗くなり始めたころの外灯の明かりと曲線が魅力的に写りました。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


最後に番外編。
E-M1の「HDR(ハイダイナミックレンジ)撮影機能」を使ってライトアップされた赤レンガ倉庫を撮影してみました。
HDR撮影とは、明るさが異なる4枚を同時に撮影し、1枚に合成するという機能です。
こうすることによってシャドウからハイライトまで幅広いダイナミックレンジのある写真を作成することができます。

4枚を同時に撮影する必要があるため、本来であれば三脚などでボディを固定する必要があるのですが
今回は試しに手持ちで挑んでみました。
E-M1の強力な手振れ補正のおかげで、この暗さの中でもなんとか成功することができましたが、
やはりご使用の際は三脚の使用をお勧めします。
E-M1でのHDR撮影は、JPEG限定(RAWは適正露出のみ記録)、感度はISO200固定、ピクチャーモードは「Natural」に固定
などの制約があります。
ご使用の際はご注意ください。


定番のコースだからこそ、その時の気分や誰と行くか、どんなカメラを持っていくかで見えてくるものが違ってきます。
「何度行っても飽きない街」 それも横浜の魅力なのかもしれません。

今回使用した機材はこちら
OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ
+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.









〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年05月18日 08時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

森にさす光 森にさす光 2018年06月09日
関東も梅雨に入り、いよいよ湿気の多い季節に突入しました。 梅雨入り宣言が出されながらも絶好調に晴れたこの日、 しばらく拝めないであろう日の光を今のうちに感じておこうと 都内にある森へ出かけました。 ゲートを抜けると目の前に広大な空間。 イギリス式、フランス式、日本式の庭園が組み合わされてできている園内には、 それぞれ特徴的な趣の空間が広がっています。 庭園もいいのですが、ゲートを抜けてすぐに右に折れると巨大な樹木が密集する 森林エリアに入ります。 足元に咲く小...
続きを読む
null 【OLYMPUS】 カメラもアンチエイジング。 2018年06月02日
先日発表されたカメラグランプリにおいて、オリンパス交換レンズ「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.2 PRO」が交換レンズ部門受賞を果たしました。2016年度の「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」、2017年度の「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」に続く3年連続受賞はまさしく快挙。筆者も興奮冷めやらぬうちにというつもりで、夜の街をM.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.2 PROでスナップ撮影してみました。 F1.2というハイスピードで、交差点の一瞬を撮ってみたり・・・ 照明の斜光が印...
続きを読む
海街に惹かれて 海街に惹かれて 2018年05月18日
皆さんは心の落ち着く場所、というものがありますでしょうか。 以前にも書かせていただいたことがあるのですが、私は海に近い地域で育ったためか海辺で過ごすことでとても心が落ち着きます。 もちろん、ほとんどの方が同様にお思いになるかもしれません。 生命の源である「海」を見たくなるのは生物としての本能である、といえるかもしれません。 さて、「横浜」という街はもう既にあらゆる部分で語り尽くされているかと思います。 私は数年前まで横浜に住んでおり、赤レンガ周辺のお決まりのコース...
続きを読む
【OLYMPUS】OM-D E-M1 Mark IIと里帰り 【OLYMPUS】OM-D E-M1 Mark IIと里帰り 2018年05月10日
千葉県匝瑳(そうさ)市晴海。旧八日市場市。 親戚の家が自動車整備会社を営んでおり、幼いころはよく父親に連れて行ってもらっていました。 この日はOM-D E-M1 Mark IIとM.ZUIKO DiGITAL ED 12-100mm F4 PRO ISを手に、実に十数年ぶりに訪れてみました。 焦点距離:12mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/60秒 ISO:250 工場(こうば)の風景。 幼い頃、作業をしていない時は良くこのスペースで遊ばせてもらっていました。 今改めて見ると昔から変わることのない景色に時間の流れが止まっている...
続きを読む
小さくとも大きな発見 小さくとも大きな発見 2018年05月05日
長い時間カメラを持ち歩いていると思うことがあります。 「重い」と。 これまで様々なカメラを使ってきた結果、やはり王道が一番ということでフルサイズ一眼レフを使ってきました。 そして、そのサブ機という名目でフルサイズミラーレス機を導入し、その日の気分で使い分けることでなんとか落ち着いていました。 しかし一眼レフは重く、サブ機の方は手にした感触や機能面で不満を抱いていました。 ものすごく贅沢な悩みには違いありませんが、いつも肩身放さず持ち歩くものには貪欲になるのが人情と...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]