Select Language



【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編)

[ Category:etc.|掲載日時:2018年05月22日 12時00分]




3.5F&2.8F


5月も半ばを過ぎ、良い陽気が続いています。
カメラを持ってのお出かけには、絶好の季節です。

ゴールデンウィークなどの長期休暇ですと撮影も本格的になり、装備も重くなってしまうかもですが、今の時期はもっと気軽にぶらっと出掛けてパシャッと撮るのも楽しいものです。
それもデジタルカメラで何でもかんでもバシャバシャ撮るのではなく、気に入った風景を1枚1枚丁寧に、心に刻むようにフィルムに残してみては…

そんな撮影にうってつけなのが、ローライの二眼レフカメラです。

「二眼レフカメラ? 何それ??」という方は、上の写真を。 文字通りレンズ2つのカメラです。

なんともノスタルジックなスタイル!
下のレンズが撮影レンズ、シャッターが組み込まれていてフィルムに露光します。
上のレンズはフォーカスレンズ、カメラ内部にミラーが入っていて上部のスクリーンに像を写し出します。
ピント合わせは上から覗き込むようにして行います。
…そう、撮影スタイルもかなり独特なカメラなのです。

フィルムは、ブローニーフィルムという中判カメラ用のものを使い、1本で12枚撮影できます。
たった12枚! …そう、ですので撮影も自ずとじっくり慎重になります。

大きなスクリーンに映し出される景色を丁寧に切り取っていると、周囲とは流れる時間が異なっているように感じられ、自分と被写体だけの特別な世界に身を置くことができます。

2.8F

ローライフレックス2.8F(カール ツァイス・プラナー 80mm F2.8)


2.8F

ローライフレックス2.8F(カール ツァイス・プラナー 80mm F2.8)


3.5F

ローライフレックス3.5F(カール ツァイス・プラナー 75mm F3.5)


3.5F

ローライフレックス3.5F(カール ツァイス・プラナー 75mm F3.5)


2.8F

ローライフレックス2.8F(カール ツァイス・プラナー 80mm F2.8)


さて、この二眼レフカメラ、フィルムカメラの中でもかなり人気が高く、お問い合わせも多いカメラなのですが、実はこのところ品薄状態が続いていました。
というのも、マップカメラではカメラ買取後、専門の修理業者にメンテナンスに出し、点検・修理を行ったうえで商品化しています。
どうしても、クラシックカメラほどその期間が長くなってしまうのです。
でもこれは、お客様に安心してお使いいただくために必要不可欠なこと。 我々も一日千秋の思いで待ち続けました。

そしてこの度、そんな点検を終えた子たちが店頭に並び始めました!

どれもシャッター調整やレンズクリーニングを施された、実用性に富んだ、活きのいい子たちです!

二眼レフをこよなく愛する売り場スタッフ(はい、私です…)も、カメラを手にしてシャッターを切った瞬間、思わず「欲しいかも…」と唸ってしまう個体ばかりです。

3.5F

通好みの シュナイダー・クセノタール 75mm F3.5 付き。 


3.5F

珍しいカール ツァイス オプトン名義のプラナー。 東西ドイツ分断時の歴史を物語る1台!


2.8F

120/220フィルム切替機能が付いた最終モデルも!

(上記写真の個体は、2018年5月21日時点の在庫からです。 売り切れの際はご了承ください。)


皆様もこの機会に、中判カメラの雄、ローライフレックスをご自分の愛機にしてみては!

勿論、これからも続々入荷予定ですが、そこはそれ、一期一会の中古品、迷っていたら別の人の手に渡ってしまうかも…
是非、早めのご決断を!
3.5F&2.8F







〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年05月22日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Qと旅する 【Leica】Qと旅する~台湾編~ 2018年06月19日
今回Qと共に訪れたのは、台湾! まずは仕事終わりに羽田に集合! 一晩明かし、早朝の便で旅立ちます。 人生初海外ということもあり、ドキドキワクワクの中上陸しました! 暑いというのは調べていましたが、正直甘かったです。 サウナと言っても過言ではない次元でした。 ではまずは水分補給をしましょう。 Monster改め魔爪です。 日本のものに較べると味や香りが薄く、癖がない印象でした。 こちらは日本では見かけないチュッパチャップスのジュース お茶が激甘だったりと、甘...
続きを読む
null 写真展のご案内 〜 写真展『なかののなかの』 2018年06月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 - 『なかののなかの』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【Voigtlander】梅雨の合間に。 MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 【Voigtlander】梅雨の合間に。 MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 2018年06月18日
とある平日の午後。水田の真ん中にいた。 神奈川県開成町にあるあじさいの里。水田に沿って約5000株の紫陽花が植えられている。 水田に沿って進みながら「SONY α7II」と「Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 」でのんびりとシャッターを切る。 木彫りのカエルが道の脇に置いてある。荒々しい彫りの中に何とも言えない可愛らしさを感じる。 何か所に柄杓が置いてあり紫陽花に水を掛けられるようになっている。通るこども達が楽しそうに用水路から水を...
続きを読む
【NIKON】マイクロレンズを使ってみる。 【NIKON】マイクロレンズを使ってみる。 2018年06月17日
ニコンDXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ専用レンズ 『AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8G』を紹介いたします。 寸法 :約 68.5mm(最大径)×64.5mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで) 質量 :約 235g と、非常にコンパクトサイズなマイクロレンズ。 片手で軽く持つことができるサイズと重量です。 今回このレンズを『Nikon D7100』に付けて撮影してみました。 花や グッと近づいた撮影はもちろんですが 花などの小さい被写体を大きく写すだけではなく 単焦点のレン...
続きを読む
null 好きな物を写真に撮ろう。 2018年06月16日
Kasyapa for Leica : Elmarit-C 40mm F2.8 好きなのはカメラだけじゃない! 今回は筆者がKasyapaにて撮影したクルマ・バイクの写真だけを集めてみました。Kasyapaに掲載していないカットも含め、お届けしたいと思います。 まずは『レクサス LFA』世界限定500台・国内割り当て200台のスーパースポーツカー。ちなみにお値段は3750万円!(発売時)    Kasyapa : FUJIFILM FUJINON XF 16mm F1.4 R WR (Kasyapa非掲載) 『ランチア HFインテグラーレ』 最...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]