Select Language



【Nikon】お気に入りの撮影地

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年05月25日 10時45分]



5月も半ばが過ぎ、夏のような暑い日が続くようになりました。
気温が高いということは、南から暖かい風が吹いているということ。そんな時期になると毎年決まって行きたくなる場所があります。

城南島海浜公園 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


JR京浜東北線の大森駅から路線バスに乗り、東京湾の人工島へ。訪れたのは大田区の城南島海浜公園です。
海に面した部分が砂浜になっており、この時期は潮干狩りを楽しむこともできます。もちろん目的はアサリ取りではなく、その先に見える羽田空港へ向かう飛行機です。


城南島海浜公園 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +AF-S 24-70mm F2.8E ED VR


羽田空港B滑走路の先にあるこの公園からは、空港に降りる飛行機をほぼ真下から望むことができます。
羽田空港にはAからDまでの4本の滑走路があり、その日の風向きによって使われる滑走路が異なります。その中でも一番内陸に近いB滑走路は、周辺への騒音等の配慮から南風の強い日の日中だけに使われるレアな滑走路です。
他の滑走路は東京湾の沖の方へ伸びているので、同様に飛行機を真下から撮影しようと思ったら、船で海上に出るしかありません。望遠レンズを覗きながら海上に出ると瞬時に船酔いしてしまう筆者にとっては、城南島で撮影できる時期が唯一のチャンスなのです。


城南島海浜公園 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


飛行機撮影と聞くと500mmクラスの超望遠レンズが不可欠なイメージですが、ここ城南島は飛行機が本当に近くを通り過ぎるので200mmクラスのレンズでもこの大迫力です。
超望遠レンズと比べ軽量なシステムになるので、飛行機の動きに合わせてレンズの向きをより自在に操れることができます。なにより画質に定評のある70-200mmF2.8レンズが使えるのがポイントです。


城南島海浜公園 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


さすが東京の空の玄関口。数分おきに次から次へと飛行機が飛んできます。決まったルートを一列で飛んでくる姿はまるで列車のようです。バッテリーとメモリーに余裕があればいくらでも撮影が楽しめます。


城南島海浜公園 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR +AF-S TELECONVERTER TC-17EII


テレコンバーターを装着すれば、ほぼ同等の重さでより迫力ある撮影が楽しめます。


城南島海浜公園 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR +AF-S TELECONVERTER TC-17EII


接近する飛行機を望遠端で捉え、広角にズームしながら頭上を越える飛行機を追いかければ、ボーイング787特有のしなる翼の様子もしっかり捉えることができます。


城南島海浜公園 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


運良くNHK大河ドラマのラッピングを施した機体も見ることができました。ここなら普段、空港のデッキからで見ている景色とは違った角度で機体を楽しむことができます。


城南島海浜公園 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +AF-S 24-70mm F2.8E ED VR


もっと暑い季節になると水遊びをする人で賑わいますから、梅雨前の今の時期がベストシーズン。超望遠レンズを持ってないけど、飛行機写真を撮って見たいと考えている方にはオススメのスポットです。ただし、風向き次第で使われないことが多い滑走路ですから、お出かけの際は事前に携帯アプリ等で飛行ルートを確認しておくことをお勧めします。


▼ 今回の使用機材 ▼




お求めやすい中古商品もございます。




〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年05月25日 10時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【NIKON】マイクロレンズを使ってみる。 【NIKON】マイクロレンズを使ってみる。 2018年06月17日
ニコンDXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ専用レンズ 『AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8G』を紹介いたします。 寸法 :約 68.5mm(最大径)×64.5mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで) 質量 :約 235g と、非常にコンパクトサイズなマイクロレンズ。 片手で軽く持つことができるサイズと重量です。 今回このレンズを『Nikon D7100』に付けて撮影してみました。 花や グッと近づいた撮影はもちろんですが 花などの小さい被写体を大きく写すだけではなく 単焦点のレン...
続きを読む
【Nikon】長年手放せなかった1本のレンズ 【Nikon】長年手放せなかった1本のレンズ 2018年06月08日
私が長年手放せなかった1本のレンズ、 それは Nikon Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IF です。 私がこのレンズを購入したのは20年ほど前のことになります。 当時はボケ味やシャープさが気に入っていたため、よく使用していました。 その後も、あまり出番はなくとも結局今まで手放せなかったレンズでした。 久しぶりに触ってみて懐かしくなり、使ってみることにしました。 撮影してみて素晴らしいと思ったのは、 何より金属の光沢や硬さといった質感がよく表現できていることです。 ...
続きを読む
【Nikon】天空のポピーとD810 【Nikon】天空のポピーとD810 2018年06月01日
とある休日。 秩父でポピーが見頃を迎えていると知り、秩父高原牧場へ行ってきました。 高原一面に咲き誇る花々。 【天空のポピー】と呼ばれています。 平日ということで人は少なめ。 これはいい写真が撮れそうです。 絶好の撮影ポイントがあったのでカメラを構えてパシャり。 真っ青な空に映える赤と緑のコントラストは抜群。 お気に入りの一枚が撮れました。 今度は少し寄って撮影。 ポピーにも数種類ありますが、私はこの色鮮やかなシャレーポピーが一番好きです。 次は...
続きを読む
【Nikon】Nikonの話~シャトーと最新機種の話 【Nikon】Nikonの話~シャトーと最新機種の話 2018年05月30日
梅雨に入りそうでいて、なかなか入らない関東ではそんな天気です 今年は暑くなったり涼しくなったり雨が振ったり晴れの日が続いたりと不安定な気候が続いている気がします さて、今回はNikonの最新機種 D850とAF-S24‐70㎜F2.8Gを携えて茨城は牛久にある牛久シャトーに行ってきました ここは茨城県牛久市にあるワイン醸造施設です 自分の住んでいる近所である牛久にあるとは正直意外だったりします 実は結構有名なのでしょうか 数年前に存在を知ったのですが改修工事をしていると聞いていたので...
続きを読む
【Nikon】58年目の58mm 【Nikon】58年目の58mm 2018年05月27日
Nippon Kogaku Japan Nikkor-S Auto 5.8cm F1.4 レンジファインダー式のカメラから一眼レフへ、カメラの有様が大きく変わった頃、レンジファインダー用のレンズで 達成できていた標準画角でのF1.4。 Nikkor-S Auto 5.8cm F1.4は、カメラメーカーとして譲れない標準域でのF1.4を目指して開発された一眼レフ用のNikonのレンズです。 標準から8mm長い58mmという設計になったのは、当時の技術ではF1.4を達成する為に、焦点距離を8㎜伸ばすことで 必要なバックフォーカスを確保せざるを得なかったからです。...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]