Select Language



【SIGMA】しぐまびより Part31

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年05月31日 00時01分]



SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8


とても久しぶりのPart31。
今回は sd Quattro H で撮影してきました。


Artレンズの中でも写りが良いとされる
Art 135mm F1.8 DG HSMと合わせました。
バージョンアップを重ねるSIGMAの現像ソフト
「SIGMA Photo Pro」(以下SPP)のお話も併せてしたいと思います。

Foveon機で撮っていると白飛びが気になることが多々あります。
表紙の写真は窓側が白飛びするのを抑える為かなりアンダーで撮りました。

その為、シャドウ部の引き上げを現像処理で行いたかったのですが
今回追加された「トーンカーブエディター」のおかげでその処理がSPP内だけで完了することが出来ました。
今までは微調整をしたいと思った時はTIFF変換してLightroomで調整していたのですが
SPPだけで完結させることが出来るようになりました。


SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8

SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8


上記2枚は「トーンカーブエディター」でハイライトをやや抑えました。
Foveonは光が欲しいのですが陰陽が激しいとそれはそれで白飛びするのが困りものです。
「トーンカーブエディター」は今までの悩みを解決してくれる
Foveon機にとって最高の機能だと思います。


null

SIGMAは赤が良い。
とよく言われますが光は窓から射す僅かな量のみ。
目が覚めるような鮮やかな赤があるなら
この赤もある意味リアルな「色」を写していると思います。


SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8


少し足元失礼いたします。。
こちらのレンズはArt 135mm F1.8。
よく写ります、本当に。


SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8


このカメラなら写してくれそう、、
そんな気持ちがついついシャッターを押させます。
ただのカーペットなのですが光の射し加減が良くてつい、、


null


金属の質感描写もモノクロも評されているFoveonセンサー。
Artレンズとの組み合わせはうっとりします。


SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8

SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8

SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8

昼間から

SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8

SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8

SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8

夕暮れ時。

さて日常スナップが続きましたが
最後に SPP の X3F FillLight で現像した一枚を。


SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8


二本仲良く並んでいたので撮りました。
勿論被写体はこの2本なんですが、見ていただきたいのは背景です。
この写真に マイナス を振ったことにより
アウトフォーカスが滑らかに、というか融けるようにソフトになりました。
私はこの効果が欲しい時にマイナスにします。
X3F FillLight の効果を的確に伝えるのが難しいのですが
使うのが楽しい機能なので是非使っていただきたいです。

久しぶりのFoveon機ということで今回は
白飛びさせない をテーマにしました。
快晴も相まって明暗差がある写真ばかりになってしまいましたが
現像出来る幅が広がった今なら
もう少し違うアプローチも出来るのではないかと思っています。



カメラだけではなくレンズも次々と傑作を生み出しているSIGMA製品。

例えば MC-11 を活用してSONYのαシリーズと組み合わせて使う、など
同じ写真を撮るカメラでありながら性質が異なる二つのカメラを
使ってみるのも楽しいと思いますので是非ご検討ください。

SIGMA マウントコンバーター MC-11 キヤノンEFレンズ/ソニーEボディ用
が今までの経験を繋ぐアダプターだとしたら
SIGMA マウントコンバーター MC-11 シグマSAレンズ/ソニーEボディ用
は新しい世界を繋ぐアダプター。

この際ですから全て揃えて
3マウントの大海原を泳いでみませんか。。



今回のB-sideはコチラ




このブログを最後に書いたのが約2年半前。 時の流れは早いものです。
しぐまびより Part30まで撮っていました。
良ければご覧ください。




〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年05月31日 00時01分]



≪前の記事 記事一覧 これ以上新しい記事はありません。

【SIGMA】しぐまびより Part31 【SIGMA】しぐまびより Part31 2018年05月31日
とても久しぶりのPart31。 今回は sd Quattro H で撮影してきました。 Artレンズの中でも写りが良いとされる Art 135mm F1.8 DG HSMと合わせました。 バージョンアップを重ねるSIGMAの現像ソフト 「SIGMA Photo Pro」(以下SPP)のお話も併せてしたいと思います。 Foveon機で撮っていると白飛びが気になることが多々あります。 表紙の写真は窓側が白飛びするのを抑える為かなりアンダーで撮りました。 その為、シャドウ部の引き上げを現像処理で行いたかったのですが 今回追加された「...
続きを読む
null 【SIGMA】A 14-24mm F2.8 DG HSM 夜桜&建物撮影 2018年04月06日
今年3月に発売したばかりの大注目レンズ、 SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG HSM このレンズを持って夜の散歩に行ってきました。 今までに無かった明るい広角ズームレンズ。 そこにEOS 5D MarkIVの高感度性能。 夜の手持ち撮影をどこまで楽しませてくれるのでしょうか。 F2.8 1/80 ISO-2500 14mm 六本木ヒルズでライトアップの夜桜撮影。 ビルを背景に、広角レンズで迫力ある夜桜撮影が出来ました。 四隅の流れや解像度落ちは予想よりも遥かに抑えられていてとても感触が良かったです。 原寸大で...
続きを読む
【SIGMA】dp0で桜を撮る! 【SIGMA】dp0で桜を撮る! 2018年03月20日
皆様こんにちは! 明日は「春分の日」です! 日も長くなり、花粉も飛び交い、すっかり春です。 14mm F8 1/60秒 ISO100 ところで、いつからか思い出すのも難しいくらい前から 携帯電話にカメラ機能が付いているのが当たり前になりました。 このご時世、誰でも写メは簡単に撮れますが 「わぁ、すごい!この写真どうやって撮ったの!?」と言わしめるには やはり携帯電話のカメラ機能ではなく「カメラ」が必要不可欠です。 かといってその為だけに大きいカメラとレンズを持ち出すのもちょっと…...
続きを読む
【SIGMA】Artレンズと雨の日の公園。 【SIGMA】Artレンズと雨の日の公園。 2018年03月16日
各地で気温が20度を超える日があったりと、季節はすっかり春。 今年の桜の開花予想は例年よりやや早いようで、街中の桜のつぼみもかなり膨らんできました。 今回ご紹介するのは、何年か前の4月に撮影をした雨の日の公園の写真です。使用した機材は『Canon EOS 6D』と『SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM』。いつも撮影をするときは単焦点レンズ1本でと決めています。 雨の日はどうしても外に出るのが億劫になってしまいがちですが、雨の日だからこそ撮れる1枚があるのも事実。雨粒...
続きを読む
null SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM F値の違いによる検証 2017年11月30日
SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM 茨城の国営ひたち海浜公園に行ってきました。 使用カメラはCANON EOS 5D MarkⅢです。 シグマのArt標準50mmレンズでF値を変えて撮影すると、どんな風に写るのでしょうか。 今回はF値を変えて、写りにどんな違いがあるのか色々と試してみました。 写真データはPCで編集せず、撮影したそのままのデータで掲載させて頂いてます。 撮影時、ピクチャースタイルでコントラストと彩度高めで設定した写真が多いです。 F1.4 1/1600 ISO-100 撮影した時期は10月。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]