Select Language



【Canon】超広角単焦点レンズの世界へ

[ Category:Canon|掲載日時:2018年05月24日 18時30分]


筆者は時々レンズを衝動買いすることがります。
今回は「広角単焦点レンズ」を求め、
キヤノンのEF14mm F2.8L Ⅱ USMを購入しました。
今まで汎用性の高い画角を好んできた筆者にとっては初めての領域です。
しかし、こんなレンズこそ何か特別なものを撮ることができます。

このレンズは水平方向104°を写すことが可能な広角単焦点レンズで、
キヤノンLレンズのラインアップの中では最も広角といえる単焦点レンズです。
Ⅱ型とはいえ発売は2007年9月で現行レンズとしてはやや古いことから、
新品価格に比べ中古価格が乖離している為、求めやすくなっています。
※筆者も中古で購入しました。
Ⅰ型は1991年に発売し、その違いは特殊レンズを多く採用したことにより諸収差を良好に補正しています。
防塵防滴仕様となっているので前玉さえ気を付ければハードに使えるのも嬉しい点です。

新しくレンズを入手し嬉しくなった筆者は早速撮影へ出かけました。
まずは海を求めて南房総の野崎海岸へ

EOS5D MarkⅣ+EF14mm F2.8L Ⅱ USM

EOS5D MarkⅣ+EF14mm F2.8L Ⅱ USM



続いて建物はどうでしょうか・・・
普段は日没までには閉園してしまう旧古河庭園ですが薔薇が綺麗なこの時期は遅くまで開いています。

EOS5D MarkⅣ+EF14mm F2.8L Ⅱ USM



日が暮れ、「広角で撮りたいもの」の構想の一つにあった、車の内装写真を・・・
知人のFerrari 488GTBを撮影してみました。
イタリアで作られる上質な内装には量産車に比べ秀でてる魅力的な部分がたくさんあります。
アルカンターラ、本革、カーボンの組み合わせのステリアリング、大型のカーボン製パドルシフト、
赤い革が美しいセミバケットシートとどこを見ても洗練されたデザインの内装です。
標準ズームレンズの24mmではこのような表現は出来ず、超広角ならではの写真になりました。

EOS5D MarkⅣ+EF14mm F2.8L Ⅱ USM



最後に深夜でひとけが少なくなった晴海ふ頭を訪問しました。
晴海ふ頭の客船ターミナルは常時開放していて、
レインボーブリッジ、お台場、東京タワーや中央区の高層ビル夜景など360度、「東京」を楽しめます。
これは超広角のみならず望遠レンズでも楽しめそうなスポットです。

EOS5D MarkⅣ+EF14mm F2.8L Ⅱ USM

EOS5D MarkⅣ+EF14mm F2.8L Ⅱ USM

EOS5D MarkⅣ+EF14mm F2.8L Ⅱ USM


樽型の歪曲はフルサイズ機のEOS5D MarkⅣでは目立ちますが、
フォトショップで補正をすれば気にならない程度になり、寧ろレンズの味として楽しめます。
解像力のピークは中央がF2.8~F5.6、周辺はF8.0~F11で、開放では周辺の解像力が乏しいのが残念なところですが、
防塵防滴仕様や軽さを活かした携行性の良さは撮影環境を選ばずに使用できる点において、
純正レンズの強みで他にない優位性と言えます。


▼ご検討はこちらから!▼






〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2018年05月24日 18時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Qと旅する 【Leica】Qと旅する~台湾編~ 2018年06月19日
今回Qと共に訪れたのは、台湾! まずは仕事終わりに羽田に集合! 一晩明かし、早朝の便で旅立ちます。 人生初海外ということもあり、ドキドキワクワクの中上陸しました! 暑いというのは調べていましたが、正直甘かったです。 サウナと言っても過言ではない次元でした。 ではまずは水分補給をしましょう。 Monster改め魔爪です。 日本のものに較べると味や香りが薄く、癖がない印象でした。 こちらは日本では見かけないチュッパチャップスのジュース お茶が激甘だったりと、甘...
続きを読む
null 写真展のご案内 〜 写真展『なかののなかの』 2018年06月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 - 『なかののなかの』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【Voigtlander】梅雨の合間に。 MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 【Voigtlander】梅雨の合間に。 MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 2018年06月18日
とある平日の午後。水田の真ん中にいた。 神奈川県開成町にあるあじさいの里。水田に沿って約5000株の紫陽花が植えられている。 水田に沿って進みながら「SONY α7II」と「Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 」でのんびりとシャッターを切る。 木彫りのカエルが道の脇に置いてある。荒々しい彫りの中に何とも言えない可愛らしさを感じる。 何か所に柄杓が置いてあり紫陽花に水を掛けられるようになっている。通るこども達が楽しそうに用水路から水を...
続きを読む
【NIKON】マイクロレンズを使ってみる。 【NIKON】マイクロレンズを使ってみる。 2018年06月17日
ニコンDXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ専用レンズ 『AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8G』を紹介いたします。 寸法 :約 68.5mm(最大径)×64.5mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで) 質量 :約 235g と、非常にコンパクトサイズなマイクロレンズ。 片手で軽く持つことができるサイズと重量です。 今回このレンズを『Nikon D7100』に付けて撮影してみました。 花や グッと近づいた撮影はもちろんですが 花などの小さい被写体を大きく写すだけではなく 単焦点のレン...
続きを読む
null 好きな物を写真に撮ろう。 2018年06月16日
Kasyapa for Leica : Elmarit-C 40mm F2.8 好きなのはカメラだけじゃない! 今回は筆者がKasyapaにて撮影したクルマ・バイクの写真だけを集めてみました。Kasyapaに掲載していないカットも含め、お届けしたいと思います。 まずは『レクサス LFA』世界限定500台・国内割り当て200台のスーパースポーツカー。ちなみにお値段は3750万円!(発売時)    Kasyapa : FUJIFILM FUJINON XF 16mm F1.4 R WR (Kasyapa非掲載) 『ランチア HFインテグラーレ』 最...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]