Select Language



【Leica】フィルムカメラ大量入荷致しました!

[ Category:Leica|掲載日時:2018年05月30日 17時10分]



M型フィルムカメラ入荷しました!

皆様こんにちは!
例年よりだいぶ早いですが、関東も雨の日が徐々に増え、そろそろ梅雨入りでしょうか…

マップカメラではしばらく品薄だった「Leica M型フィルムカメラ」が沢山入荷致しました!
我々スタッフも待ちに待った、といったところです。
今回は沢山入荷したM型フィルムカメラから幾つかPick upしてお届けします!

Leica M3 + Summicron M35mm F3.5

まずは往年の名機として名を馳せる「Leica M3」にメガネ付きレンズを装着!
M3はカメラ内に50/90/135mmの3種類のブライトフレームを内蔵しており
ファインダー倍率がM型のカメラの中で最も大きいです。
それ故、35mmのレンズを装着してもそのままだと構図が確認できないので
レンズの上に「メガネ」が付いたレンズを使用することでファインダー上で構図の確認ができるようにします。
M3以降のカメラには35mmのブライトフレームが内蔵されるようになるので「メガネ」が不要になります。
このルックス、M3ならではです!

Leica MDa + Elmarit M28mm F2.8 1st


続いては奇抜なデザインの「Leica MDa」をご紹介。
本来はビゾフレックスというアイテムを使用して専用のレンズを使用したり
医療用途など特殊な目的で使用されていたカメラです。
このまま使う場合はカメラにファインダーが無いので、ピントと構図は勘になります。
あえて「心の目で撮る!」現代で使うならば写真にストイックなカメラ…なのかもしれません。

Elmarit M28mm F2.8 1st & Elmarit M28mm F2.8 2nd


心の目で撮れそうな組合わせに選んだのは「エルマリート M28mm F2.8 1st」
広角レンズであれば被写界深度(ピントが合って見える範囲)が深いので
綿密なピント合わせが必要ないというのも大きいポイントですが
このレンズを選んだ最大の理由は「M型デジタルだと使用に制限があるから」です。

上の写真の左が今回選んだ1stモデル、右が後継の2ndモデルです。
この2つを比べると1stモデルの後ろ玉が大きく出っ張っているのが分かりますでしょうか?
後ろ玉が大きく出っ張った設計のレンズは、フィルムカメラでは露出計内蔵のモデル以外では特に制約がありませんが
デジタルだと、周辺に色被りが出る・M(Typ240)以前のモデルでは露出計が正しく機能しないといったことがあります。
このレンズの持ち味を存分に堪能するならフィルムがベターです。

Leica M2-R + Summicron M50mm F2 1st Rigid


続いては「Leica M2-R」という2000台のみ生産の珍しいモデル。
ファインダーのブライトフレームは35/50/90mmです。

Leica M2-R + Summicron M50mm F2 1st Rigid


見た目は型番の刻印以外は「Leica M2」とほぼ変わりませんが、実用面で大きな変化が…!
フィルムの装填方法がスプール式からM4以降に採用されているクイックローディング式に変更になりました。
フィルム装填が容易になったことで使いやすさが向上しています。
ファインダーのブライトフレームが潔く見やすいこと、フィルムカウンターが手動で何とも愛らしいこと。
こういった点から、私も前から欲しいと思っているカメラの1つです。

Leica M6 + Tri-Elamar M28-35-50mm F4 ASPH


最後に大人気の「Leica M6」をご紹介して締めくくり!
ブライトフレームが28/35/50/75/90/135mmと6種類あり、多くのレンズに対応!
しかもカメラ内に露出計を内蔵しているので、初めてのフィルムカメラにもオススメです!
現に私の初めてのフィルムカメラはこのLeica M6でした。

Leica M6 + Tri-Elamar M28-35-50mm F4 ASPH


選んだレンズは「トリエルマー M28-35-50mm F4 ASPH」
まず、M型のレンズはほぼ全て単焦点レンズなのでズーム機能がありません。
被写体に応じてレンズ交換をする余裕が無い、旅行で荷物を極力減らしたい…etc.
そんな時はこの「トリエルマー」が便利です。
3焦点を切替えて使うことで、3本分の画角をこれ1本で賄えます!
一般的によく使われる画角が1本で済む、というのは大きなメリットです。
しかもM6なら28mmのフレームも出るので、外付けファインダーが不要です。気兼ねなく使えます。

店頭限定でお好きなフィルムをプレゼント!


いかがでしょうか、数あるモデルの中からお気に入りを見つけるチャンスです!
フィルムカメラの人気はまだまだ衰えません!そして、マップカメラ店頭限定でお得なキャンペーンも実施中!
5月31日までにフィルムカメラをご購入いただいた方に「お好きなフィルムを1本プレゼント!」
ご用意しているのはこれら7種類!お好きなものをお選びいただけます。

是非マップカメラ店頭にて、フィルムカメラの操作や感触などお確かめ下さい!
デジタルに慣れていると、1枚1枚巻き上げながら撮るというフィルムならではの所作が刺激的だと思います。

皆様のご来店お待ちしております。

マップカメラはココ!


マップカメラの「超低金利ショッピングクレジット」なら48回払いまで金利が0%です!
末永く付き合っていける素敵な相棒を見つけて是非ご活用ください!


〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年05月30日 17時10分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】SL(Typ601)で撮るライブ in 新宿レッドクロス Vol.1 【Leica】SL(Typ601)で撮るライブ in 新宿レッドクロス Vol.1 2018年06月05日
皆様こんにちは! 今までに2回ほど撮らせてもらっている知り合いのバンドのライブがあったので 久しぶりに観に&撮りに行ってきました。 彼女たちの今までのライブ風景はコチラ! 今まではPENTAX K-1で撮っていたのですが、今回はLeica SL(Typ601)にて。 ライブハウスの激しい照明の明滅や基本的に薄暗い環境などでEVFはどう見えるのか… 撮影前はちょっと不安があったのが本音です。ひとまず写真を載せていきます。 ステージの全体写真以外は全て「アポズミクロン M90mm F2 ASPH」を使ってい...
続きを読む
【Leica】ライカの傘 【Leica】ライカの傘 2018年06月03日
本日はライカから出ている『とある商品』をご紹介します。 ライカといえば知っての通り、カメラの中でも一歩上をいくメーカーであり、ともすればなかなか手を伸ばし辛いイメージがありますがこちらは違います。何しろ傘です。ライカアンブレラというライカから発売されている傘なのです。 グレイカラーにライカバッジをあしらったデザインが印象的。 また親骨の長さが77cmの大型で開いてみれば大人二人くらいは余裕で入れそうなサイズで、内部の骨組みもしっかりと作られています。 価格に関し...
続きを読む
【Leica】フィルムカメラ大量入荷致しました! 【Leica】フィルムカメラ大量入荷致しました! 2018年05月30日
皆様こんにちは! 例年よりだいぶ早いですが、関東も雨の日が徐々に増え、そろそろ梅雨入りでしょうか… マップカメラではしばらく品薄だった「Leica M型フィルムカメラ」が沢山入荷致しました! 我々スタッフも待ちに待った、といったところです。 今回は沢山入荷したM型フィルムカメラから幾つかPick upしてお届けします! まずは往年の名機として名を馳せる「Leica M3」にメガネ付きレンズを装着! M3はカメラ内に50/90/135mmの3種類のブライトフレームを内蔵しており ファインダー倍率がM...
続きを読む
【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 2018年05月21日
皆様こんにちは。 今回はLeicaのプレミアムモデル「Leica M-P(Typ240) チタンセット」をご紹介! 2016年に世界限定333台で発売された数少ないレアモデル! 通常モデルはカメラボディに真鍮を使っていますが、当モデルはその名の通りチタンを使用! 軽くて頑丈な金属として近年注目を浴びている素材で、通常モデルのM-P(Typ240)よりも90gほど軽量化が図られています。 気になるセット内容は… ・Leica M-P(Typ240) ・ズミクロン M28mm F2 ASPH ・アポズミクロン M50mm F2 ASPH レンズはチタンアル...
続きを読む
【Leica】Tour de M9 【Leica】Tour de M9 2018年05月08日
ライカといえばスナップ撮影。 「スナップ写真の名作の多くにライカあり」というイメージです。 今回は敢えて街中のスリリングなスナップではなく、 「旅と共に」ライカを使ってみました。 今回はM9にSummilux 35mm F1.4 ASPH(旧)の組み合わせで館山へ。 海際の静寂をしっかり写し取ってくれました。 この日は曇りでした。上品な湿感で多少クセのあるところが 旧ASPHの好きなところです。 宿泊したホテルはオーシャンビュー。 日没と共にその姿は変わり、宵闇に佇む灯台の灯...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]