Select Language



【Canon】クリップオンストロボを使ってみよう!

[ Category:Canon|掲載日時:2018年06月07日 10時30分]



Canon EOS 5D MarkIV+EF16-35mm F4L IS USM+スピードライト 430EX III-RT
F6.3 1/500 ISO-100 16mm フラッシュあり

先日、素敵なお二人のエンゲージフォトを撮影させて頂きました!
ウェディングフォトはもちろんのこと、ポートレート撮影には欠かせない…それはストロボ。
今回はストロボありなしで、どれだけ違いがあるのかをご紹介いたします!

***カメラとレンズ情報は写真の上にカーソルを合わせて(スマートフォンの方は写真長押しで)ご確認下さい。




Canon EOS 5D MarkIV+EF16-35mm F4L IS USM
F5.6 1/500 ISO-100 16mm


Canon EOS 5D MarkIV+EF16-35mm F4L IS USM+スピードライト 430EX III-RT
F5.6 1/640 ISO-100 16mm フラッシュあり

この二枚は、フラッシュなしでも雰囲気でているかなあ…と思いますが、
やはりフラッシュありの方がお二人の表情が明るく出て気持ちの良い写真です。



Canon EOS 5D MarkIV+EF16-35mm F4L IS USM
F5.6 1/800 ISO-100 16mm


Canon EOS 5D MarkIV+EF16-35mm F4L IS USM+スピードライト 430EX III-RT
F5.6 1/800 ISO-100 16mm フラッシュあり

これはもう勝敗は明らかです。
肌の質感が綺麗に飛んで、綺麗に演出してくれています。



Canon EOS 5D MarkIV+EF16-35mm F4L IS USM
F5.6 1/1250 ISO-100 16mm


Canon EOS 5D MarkIV+EF16-35mm F4L IS USM+スピードライト 430EX III-RT
F5.6 1/1250 ISO-100 16mm フラッシュあり

距離が離れていても、マニュアルで1/1で飛ばせば届きます。
ただ、今回使用した430EXIIIは少し光量と連写が追いつかず…
この日はカメラ2台持ち+レンズ3本で大荷物。
荷物を減らすために小型の430EXIIIにしましたが、余裕があれば600EX-RTをオススメします!

ストロボは室内や夜間に使うイメージ…と思いきや、
晴れの日の昼間にも実は結構使います!
逆光撮影で強い太陽光に対応するには、ストロボの強い光量が必要なのです。



Canon EOS 5D MarkIV+EF16-35mm F4L IS USM+スピードライト 430EX III-RT
F10 1/640 ISO-100 16mm フラッシュあり

明るい15時に逆光撮影。
光の当て方や撮影条件、設定にもよりますが、
昼間でも夕方のような撮影が出来ます。



Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 24-70mm F2.8 DG OS HSM+スピードライト SP470EX-AI
F2.8 1/3200 ISO-100 24mm フラッシュあり

参考のため、別日の夕方時に撮影したものを掲載しました。
こちらは5月の17時50分に撮影したもの。
ストロボの光の操り方で色々な撮影が楽しめます。
設定によって全く別の雰囲気の写真になって面白いです。



Canon EOS 5D MarkIV+EF16-35mm F4L IS USM+スピードライト 430EX III-RT
F5.6 1/800 ISO-100 16mm フラッシュあり




Canon EOS 5D MarkIV+ EF24-105mm F4L IS II USM
F4 1/1250 ISO-100 60mm




Canon EOS 5D MarkIV+EF16-35mm F4L IS USM
F22 1/40 ISO-2000 35mm

遠近法で面白写真を撮影してみました!
工夫ひとつ、小物ひとつで色々な撮影が楽しめます。


今までの撮影にストロボをひとつ加えるだけで世界が変わります。
今回は野外での撮影メインの為、ほぼ単調な直炊き撮影となってしまいましたが、
室内ではバウンス撮影でとても活躍します。
もしまだ使い方がよく分からない…という方には、新しく発売したスピードライト SP470EX-AIがおすすめです!
オートでバウンス撮影が楽しめるスピードライト。
『AI.Bフルオート』という機能で適切なバウンス角と発光量を自動設定します。
カメラの縦横の姿勢変化にも、ストロボが自動で縦横に動きます。
私も実際使いましたが、ストロボが動くスピードも早くて、縦横変換が非常に簡単で驚きました!!

そしてこの日は5D MarkIIIとの2台持ちだったのですが、
陰になった場所や逆光での撮影時、5D MarkIVの方が色味と解像度が綺麗で非常に使いやすかったです。
同じレンズを使っているのに、逆光時でもフレアが少ないように感じました。
測光機能が向上しています。
細かい設定をしなくてもカメラ側で綺麗な色味を出してくれるんです。
タッチパネルで操作性も良く、素早く設定してモデルさんの表情を捉えることが出来ました。
モデルさんと話しながら細かいカメラ設定は大変…でもあとから何百枚も細かく色味調整もしたくない…
5D MarkIVはそんなカメラマンさんの強い味方です。


5D MarkIVのお値段がお手頃になり、手が届きやすくなりました!
お買い替えなら正に今が狙い目です!!

店頭でもお好きなレンズと組み合わせて自由にお試し頂けます。
是非ご来店頂いてその手で5D MarkIVの使い心地を体験して下さい!



↓今回使用した機材はコチラ!↓











〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category:Canon|掲載日時:2018年06月07日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 これ以上新しい記事はありません。

null 【Canon】クリップオンストロボを使ってみよう! 2018年06月07日
F6.3 1/500 ISO-100 16mm フラッシュあり 先日、素敵なお二人のエンゲージフォトを撮影させて頂きました! ウェディングフォトはもちろんのこと、ポートレート撮影には欠かせない…それはストロボ。 今回はストロボありなしで、どれだけ違いがあるのかをご紹介いたします! ***カメラとレンズ情報は写真の上にカーソルを合わせて(スマートフォンの方は写真長押しで)ご確認下さい。 F5.6 1/500 ISO-100 16mm F5.6 1/640 ISO-100 16mm フラッシュあり この二枚は、フラッシュなし...
続きを読む
【はじまる410】体感型フォトムービー04『はじまるno森へ向かう旅』 【はじまる410】体感型フォトムービー04『はじまるno森へ向かう旅』 2018年06月06日
【はじまる410(フォト)ムービー】  まったく新しい体感型フォトムービー『はじまる410ムービー』 それは、いつもとは違う小さな旅。 そこは、新しい発見と未来を見る小さな旅。 そこへ、何度でも行きたくなる小さな旅。 そんな小旅行『はじまるトリップ』は、写真を通じて体感する小さな旅の物語です。 次はどこへ行こう!次は何をするに応える『はじまる410ムービー』がはじまります。 『はじまるトリップ ~ はじまるno森へ向かう旅 ~』 おかげさまで6月1日...
続きを読む
【Canon】東京から小一時間の世界(後編) 【Canon】東京から小一時間の世界(後編) 2018年06月04日
急に思い立った八丈島一泊二日の旅、前回に引き続き後編をお送ります。 前日は早朝から山へ海へ動きっぱなしで、普段眠りが浅い私もノンストップで寝ていました。 しっかりとしたお宿に泊まっていたのですが、滝のような雨が窓に打ち付ける音でその朝は目覚めたのでした。 底土港にて。 朝食をとっている間もずーっと滝のような雨が降っていました。 レンタルバイクで島を回っているため、今日は厳しいか...と思いましたが チェックアウトする頃には不思議と陽射しが出てきます。 数十分でガラッ...
続きを読む
EOS5D MarkⅣ+EF14mm F2.8L Ⅱ USM 【Canon】超広角単焦点レンズの世界へ 2018年05月24日
筆者は時々レンズを衝動買いすることがります。 今回は「広角単焦点レンズ」を求め、 キヤノンのEF14mm F2.8L Ⅱ USMを購入しました。 今まで汎用性の高い画角を好んできた筆者にとっては初めての領域です。 しかし、こんなレンズこそ何か特別なものを撮ることができます。 このレンズは水平方向104°を写すことが可能な広角単焦点レンズで、 キヤノンLレンズのラインアップの中では最も広角といえる単焦点レンズです。 Ⅱ型とはいえ発売は2007年9月で現行レンズとしてはやや古いことから、 新品価格に...
続きを読む
【Canon】東京から小一時間の世界(前編) 【Canon】東京から小一時間の世界(前編) 2018年05月14日
とある5月の連休直前。何も考えておらず、直前まで特に予定を入れないでいました。 しかし学生時代、制作のため奄美大島で撮影した写真を見て急に離島へ出かけたくなります。 奄美大島は羽田空港から直行便で2時間半近く、しかも1日1往復しか飛んでおらず 2日間の日程で出かけるには少々もったいない行き先です。 もう少し近くでよい場所は無いか、悩んでいたところ....ありました! その名も「八丈島」 羽田空港から1時間かからず到達でき1日3便就航しています。運賃もそんなに高くない。 気付いた...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]