二眼レフは、いかがですか?!  その2 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



 北京オリンピック開催も間近に迫ったということで(?)、今回は「シーガル 4A-107」と「テクサ オートマット」のご紹介。


 この2台、国籍が違う双子の兄弟です。というと、複雑な事情でもありそうですが、中国製のシーガルを日本のテクサという会社で販売していたようです。
 プラスチックたっぷりの外観とちょっとぎこちない巻上げが、新品定価35700円(シーガル)というお値段に相応しい印象を与えてしまいますが、3群4枚テッサータイプのレンズは「本当に35700円でいいの??」と、買い物をしてお釣を多く受け取った時のドキドキ感にも通じるような(勿論すぐ返しますが・・・)驚きをもたらしてくれます。シャープでヌケも良く、本当にきちんと写るんです、これが。
 スクリーンも、昔の二眼を知ってる身からすると結構明るく全体も見やすいですし、ちょっと二眼でもやってみようかなぁなんて方にも、お試しにちょうど良いかもしれません。
 最近女性の方からも「二眼って、なんかかわいいですよね。どれだったら簡単に使えますか?」なんて問い合わせを多く受けます。機種はたくさんあるのですがそれぞれで使い方が異なり、また時代が古いものばかりで、そうなると本体もレンズも経年劣化を免れません。その点、シーガルでしたら現行品ですし、ローライフレックスに似た(というか真似た)シンプルな操作で、二眼の魅力を十分に楽しめます。唯一、シャッターチャージをする前にシャッター速度を設定するという絶対の掟(じゃないと壊れます)がありますが・・・
 先にテッサータイプで良く写るといいましたが、もっとお値段や外観に相応しくトイカメラっぽく楽しみたいという方には、3群3枚トリプレットタイプのレンズが入ったやんちゃな弟分「シーガル4A-105」がオススメ。どこがやんちゃかといいますと、このレンズ、開放気味で撮ると中心部はシャープなんですが周辺部が流れる流れる・・・ 長時間露光のお星様のような、眼に優しくない写り方をします。風景には向きませんが、これで彼女のポートレイトなんて撮ったらが人物が浮き上がって面白いんじゃないかと・・・ (試す相手がいなくて断言は出来ませんが・・・) ・・・ちょっと悲しくなったところで、北京オリンピックの成功を祈りつつ、続く。(文責・イット)

[ Category:etc.|掲載日時:05月22日 00時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】ライカと行く長野旅行 Part.1 【Leica】ライカと行く長野旅行 Part.1 2017年12月10日
今年も早いもので、残すところあと少し。 今年の1年を振り返ってみると、近場が多いとはいえたくさん旅行に行った年でした。 軽井沢、日光、名古屋、佐久島、島根、長野…。 今日はそんな中から、先月訪れた長野旅行の写真をご紹介したいと思います。 使用した機材は、『SONY α7II』と『Leica ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.』。 間にフォクトレンダーのクローズフォーカスアダプターを介しての撮影になります。 冒頭の写真は、2泊3日あった長野旅行の1日目に泊ま...
続きを読む
null ケラレはどれくらい!? 磁力でフィルターを取り付ける Manfrotto Xume(ズーム)の実力!! 2017年12月09日
ケラレはどれくらい!? 磁力でフィルターを取り付ける Manfrotto Xume(ズーム)の実力!! 11月28日、マンフロットブランドのフィルターが、ついに日本上陸を果たした。 パッケージもシンプルかつ洗練された印象。 早いもので、年の瀬迫った12月。 街中はクリスマスソングやイルミネーションに溢れて 高揚感が高まっております。 毎年恒例の情景...に対抗して(?)、今回は今までに無かった 便利アイテムを取り上げたいと思います。 XUMEとは? 今回取り上げるアイテムは、 11...
続きを読む
オリオンビール Nikon D5を『贅沢に』ビール撮りに使う 2017年12月08日
ニコンからD5が発表されたのが2016年1月。 連写、画素数、高感度、耐久性など種々の素晴らしいスペックに圧倒された方も多いのではないでしょうか。 まさに極限の状況で撮影に挑むプロフェッショナル・フォトグラファーのためのフラッグシップ機。 そんなフラッグシップ機を使えば、非常に暗い居酒屋で酔いながらビールを撮る、といった極限の状況でも綺麗な写真が撮れるはず。 そこまでの極限状況ではなくとも、料理や飲み物などを美味しそうに撮れるはず。 そう考えた私は即座に予約して手に入れまし...
続きを読む
Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III 【Canon】Canon史上最強のお供カメラ PowerShot G1X MarkIII  2017年12月07日
Canon PowerShot G1X MarkIII 11月30日に新発売のCanon PowerShot G1X MarkIII 先日本機を使う機会がありましたので、写真を交えてレビューしていきたいと思います。 APS-Cセンサーに新開発のレンズの実力を思う存分堪能してきました。 小型なのにこの写り…被写体の質感…Canonの最新機種には脱帽です。 ※写真はDigital Photo Professional 4にて簡易的な修正(明るさ、カラーバランス等)を行っております。 ※焦点距離は35mm換算した数値を記入しています。 焦点距離:72mm 絞...
続きを読む
null 写真展のご案内 〜 三村漢ゼミ「写真集を作ろう」修了展『めくる めくる 写真展』 2017年12月07日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 三村漢ゼミ「写真集を作ろう」修了展 - 『めくる めくる 写真展』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む

[↑TOPへ戻る]