Select Language



二眼レフは、いかがですか?!  その11

[ Category:etc.|掲載日時:2008年08月28日 19時40分]

museum with Rollei



てなわけで、先日上野の東京国立博物館に「対決-巨匠たちの日本美術」(8/17で終了)を観にいって参りました。 かなりの人出で20分くらい炎天の下入場待ちをし、入ってからも人・人・人… まぁ、お目当てのものはじっくり鑑賞できたので良しとしようと、渡り廊下を歩きながら本館の常設展会場へ。 そこで、バッグの中よりおもむろにローライを取り出して、いざ準備OK…

 そう、ここからが今回の本題。 意外とご存じない方もおられるのですが、美術館や博物館って常設展などに関しては撮影OKのところ結構あるんです。(とはいえ、必ず事前に確認してくださいね。) 作品保護の関係でフラッシュ撮影や三脚の使用は不可ですが、そこはシャッターショックの少ないローライ! 今回の東京国立博物館はとりわけ暗いところで、感度800のカラーネガフィルムで1/30秒F2.8なんて数値でしたが頑張って撮って参りました。

 本当は、本館正面入り口より入ってすぐ右手にある仏像の展示室がお気に入りなんですが、今回は特別に六波羅蜜寺の仏さまたちがいらしていて、撮影不可でした。 そこで二階で展示されていたお地蔵様たちを。


    ローライフレックッス2.8F(プラナー) 1/15秒F2.8
  どうですか、仏さまの優しい輪郭を出すには、やっぱりプラナーかなと…

 ファインダー越しに見る仏さまは、何か違った雰囲気をかもし出しています。 もう気分はプチ土門拳… 息を詰め、静寂の中にある一瞬の表情を見逃さずに、パチリ…… 横では他の来場者たちが、コンパクトデジカメで軽快にパシャ、すぐにモニターで確認。 ブレていたらまた撮り直し… …いいんだ、私はこの仏さまとの出会いを大切にして、もう一枚、少し違う角度から…… …結果として、1/3くらいはブレていたんですが、本人が楽しけりゃね!


    同 1/15秒F4

 美術館での写真というと、エリオット・アーウィット氏の作品集『美術館にいこうよ!』などが有名。 こちらは美術品の撮影というよりも鑑賞者を交えたスナップショットが主ですが、彼らしいユーモアあふれる写真ばかりです。(それにしても西洋の美術館ってなんて明るくて開放的なんでしょう。 うらやましい~)

 私個人的には、近代の日本絵画が好きなので、お勧めの美術館は東京・竹橋の東京国立近代美術館や鎌倉・鶴岡八幡宮の敷地内にある神奈川県立近代美術館などです。 こちらの常設展や所蔵作品展は、いつ行っても結構すいてる(…ごめんなさい!)ので、じっくり美術館の世界に浸れます。 作品だけでなく、建物自体にもいたる所に撮影ポイントがありますしね。 本当は、こういう静かなところで彼女さんと二人、ゆっくり絵を鑑賞しながら、時々そっと真剣なまなざしの彼女の横顔をローライでパチリ… (ってまた始まったなんて言わないで!! 絶対いい絵になるんだから…)

 そんなわけで、これから残暑厳しいようですが、私は芸術の秋に向け、ローライのお手入れを始めます(あくまで、芸術のためにです)ので、続く… (文責・イット)




[ Category:etc.|掲載日時:2008年08月28日 19時40分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Voigtlander】梅雨の合間に。 MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 【Voigtlander】梅雨の合間に。 MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 2018年06月18日
とある平日の午後。水田の真ん中にいた。 神奈川県開成町にあるあじさいの里。水田に沿って約5000株の紫陽花が植えられている。 水田に沿って進みながら「SONY α7II」と「Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 」でのんびりとシャッターを切る。 木彫りのカエルが道の脇に置いてある。荒々しい彫りの中に何とも言えない可愛らしさを感じる。 何か所に柄杓が置いてあり紫陽花に水を掛けられるようになっている。通るこども達が楽しそうに用水路から水を...
続きを読む
【NIKON】マイクロレンズを使ってみる。 【NIKON】マイクロレンズを使ってみる。 2018年06月17日
ニコンDXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ専用レンズ 『AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8G』を紹介いたします。 寸法 :約 68.5mm(最大径)×64.5mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで) 質量 :約 235g と、非常にコンパクトサイズなマイクロレンズ。 片手で軽く持つことができるサイズと重量です。 今回このレンズを『Nikon D7100』に付けて撮影してみました。 花や グッと近づいた撮影はもちろんですが 花などの小さい被写体を大きく写すだけではなく 単焦点のレン...
続きを読む
null 好きな物を写真に撮ろう。 2018年06月16日
Kasyapa for Leica : Elmarit-C 40mm F2.8 好きなのはカメラだけじゃない! 今回は筆者がKasyapaにて撮影したクルマ・バイクの写真だけを集めてみました。Kasyapaに掲載していないカットも含め、お届けしたいと思います。 まずは『レクサス LFA』世界限定500台・国内割り当て200台のスーパースポーツカー。ちなみにお値段は3750万円!(発売時)    Kasyapa : FUJIFILM FUJINON XF 16mm F1.4 R WR (Kasyapa非掲載) 『ランチア HFインテグラーレ』 最...
続きを読む
【PENTAX】軽量一眼レフPENTAX KPでスナップ撮影 【PENTAX】軽量一眼レフPENTAX KPでスナップ撮影 2018年06月15日
【軽量一眼レフでスナップ撮影】 撮影に出かける際は大体10km程歩き回る私にとってカメラは軽いことが重要です。 KP本体は約700g、パンケーキレンズのHD DA21mm F3.2AL Limitedが約134gと合わせても1kgを切る軽量です。 今回はこの組み合わせで御徒町~秋葉原周辺を散策しました。 F5.6 1/200秒 ISO100 駅を降りてすぐにバランスよくカラスが鉄柱にとまっていたので撮影。 KPの正面のダイヤルはCONTAX G2を想起させる配置で勝手がよく撮影がスムーズに行えました。 F8 1/200秒 ISO100 28mm...
続きを読む
Panasonic G9PROはフルサイズに匹敵するのか? その4 Panasonic G9PROはフルサイズに匹敵するのか? その4 2018年06月14日
LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S. Panasonic G9PROを筆頭に、パナソニックのミラーレスは多彩なフォトスタイルが搭載されています。 白黒写真が気軽に撮れるモノクロモードも当然ラインナップされているのですが、その中でも力を入れているのがL.モノクロームです。 モノクロ写真特有の光と影によるシャープな質感表現を追求、豊かな階調で被写体を描き出すことで、普段見慣れている日常の風景をドラマチックに演出してくれるモードとなっており、スナップ撮影にピッタ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]