Select Language



二眼レフは、いかがですか?!  その13

[ Category:etc.|掲載日時:2008年09月17日 21時30分]

 庭にシーガルがなりました。


  んなわけないか…

このシリーズの最初に「『二眼レフ=ローライ』…だけじゃない!!」って豪語してたんですが、最近気が付いたらローライの話題ばかりでした。 初心に戻って、今回はシーガル! かなり前の回で、シーガルについて触れました。 その時のおさらいですが、現行のシーガルの機種は、大きく分けて3種類。 上位機種は、クランク巻上げで3群4枚テッサータイプの撮影レンズが付いたもの。 同じくクランク巻上げ3群3枚トリプレットタイプのレンズの付いたものがあり、最廉価版はノブ巻上げ(赤窓式)でトリプレットタイプのもの。 フィルムの巻上げを赤窓を開けて確認するのは高感度フィルムを入れると感光する恐れもあるので、お奨めは先の2タイプ。 付いてるレンズで選択するとよいですね。 二眼レフは初めて、風景やポートレイト、スナップなどオールラウンドに撮りたいという方はテッサータイプのほうが安心かな。 シャープで隅々まで画像が安定しています。 このお値段でこんなに写っちゃっていいの? って感じ。 でも、ちょっと遊びたいなら… トリプレットタイプのレンズが付いたものもいいですよ。 上の写真のカメラは現行ではないのですが、トリプレットレンズ付きです。 今回は、その作例を何枚か。


というわけで、庭にゴーヤーがなりました…


  ゴーヤーのポートレイト。 この後、サラダにしておいしくいただきました。

 なぜにゴーヤー… だって、モデルさんがいなかったんだもん… まぁ、これをかわいい彼女さんだと思ってくださいって、刺されますね… 見て欲しいのは、画面左下あたりや奥のほうの画像の流れ方… 渦を巻いたようになっているのがわかりますか? これがトリプレットタイプのレンズ特有のぼけ方です。 一番上の写真(コンパクトデジカメで撮りました)と同じ場所ですが(つまり、ゴーヤーを刈った後なんですが…)周辺の写り方が全く違います。 うーん、さすがコンデジ …って違う!! この画像の流れをどう感じるかで好みが分かれるところなんですが… 私は個人的にトリプレット好きです… 変?…





 上の写真は、曇りの日に絞りF5.6で、下は晴れた日に絞りF11で撮りました。 天候の違いもあって厳密な比較にはなりませんが、周辺の写り方がかなり違うのは分かっていただけるかと思います。 上の写真、別に風が吹いてるわけではありません。 でもウズウズしてるでしょう… うまく使えば、中心が浮き上がった独特の表現が出来そうですよね。 絞り込めば、流れは消えます。

 ついでなので、通勤途中の新宿の風景。


  これは絞り開放… グルングルンしてます!


  絞るとキッチリカッチリ!


  F8くらいまで絞っていれば、ぼけもかなり自然な感じ…

 シャッター速度が1/300秒までしかないことや、シャッターをチャージしてから速度を変えようとすると壊れる恐れがあるなどの不便な(というか危険な)点や、まぁ何より見た目のチャチさはありますが、自分の撮影意図に合わせてかなり遊べるカメラでもあります。 どうっすか、1台? 貴方もゴーヤー撮りません?!

 今回、下手なの承知で、真面目に作例いっぱい載せました… やれば出来るんだって自分を褒めつつ、冷静になってみると、朝の通勤時間に新宿でネクタイ締めて二眼レフ抱えてる図って… やっぱ変?? …不安になりつつ、続く…  (文責・イット)


[ Category:etc.|掲載日時:2008年09月17日 21時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Voigtlander】梅雨の合間に。 MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 【Voigtlander】梅雨の合間に。 MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 2018年06月18日
とある平日の午後。水田の真ん中にいた。 神奈川県開成町にあるあじさいの里。水田に沿って約5000株の紫陽花が植えられている。 水田に沿って進みながら「SONY α7II」と「Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 」でのんびりとシャッターを切る。 木彫りのカエルが道の脇に置いてある。荒々しい彫りの中に何とも言えない可愛らしさを感じる。 何か所に柄杓が置いてあり紫陽花に水を掛けられるようになっている。通るこども達が楽しそうに用水路から水を...
続きを読む
【NIKON】マイクロレンズを使ってみる。 【NIKON】マイクロレンズを使ってみる。 2018年06月17日
ニコンDXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ専用レンズ 『AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8G』を紹介いたします。 寸法 :約 68.5mm(最大径)×64.5mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで) 質量 :約 235g と、非常にコンパクトサイズなマイクロレンズ。 片手で軽く持つことができるサイズと重量です。 今回このレンズを『Nikon D7100』に付けて撮影してみました。 花や グッと近づいた撮影はもちろんですが 花などの小さい被写体を大きく写すだけではなく 単焦点のレン...
続きを読む
null 好きな物を写真に撮ろう。 2018年06月16日
Kasyapa for Leica : Elmarit-C 40mm F2.8 好きなのはカメラだけじゃない! 今回は筆者がKasyapaにて撮影したクルマ・バイクの写真だけを集めてみました。Kasyapaに掲載していないカットも含め、お届けしたいと思います。 まずは『レクサス LFA』世界限定500台・国内割り当て200台のスーパースポーツカー。ちなみにお値段は3750万円!(発売時)    Kasyapa : FUJIFILM FUJINON XF 16mm F1.4 R WR (Kasyapa非掲載) 『ランチア HFインテグラーレ』 最...
続きを読む
【PENTAX】軽量一眼レフPENTAX KPでスナップ撮影 【PENTAX】軽量一眼レフPENTAX KPでスナップ撮影 2018年06月15日
【軽量一眼レフでスナップ撮影】 撮影に出かける際は大体10km程歩き回る私にとってカメラは軽いことが重要です。 KP本体は約700g、パンケーキレンズのHD DA21mm F3.2AL Limitedが約134gと合わせても1kgを切る軽量です。 今回はこの組み合わせで御徒町~秋葉原周辺を散策しました。 F5.6 1/200秒 ISO100 駅を降りてすぐにバランスよくカラスが鉄柱にとまっていたので撮影。 KPの正面のダイヤルはCONTAX G2を想起させる配置で勝手がよく撮影がスムーズに行えました。 F8 1/200秒 ISO100 28mm...
続きを読む
Panasonic G9PROはフルサイズに匹敵するのか? その4 Panasonic G9PROはフルサイズに匹敵するのか? その4 2018年06月14日
LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S. Panasonic G9PROを筆頭に、パナソニックのミラーレスは多彩なフォトスタイルが搭載されています。 白黒写真が気軽に撮れるモノクロモードも当然ラインナップされているのですが、その中でも力を入れているのがL.モノクロームです。 モノクロ写真特有の光と影によるシャープな質感表現を追求、豊かな階調で被写体を描き出すことで、普段見慣れている日常の風景をドラマチックに演出してくれるモードとなっており、スナップ撮影にピッタ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]