二眼レフは、いかがですか?!  その15 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



二眼レフは、いかがですか?!  その15

[ Category:etc.|掲載日時:2008年10月27日 19時45分]

気軽にプリモ ジュニア!! (金銭面は抜きにして…)

null

 このシリーズを始めてから、二眼レフを携えてのお出かけが圧倒的に増えました。 半分お仕事、半分お遊びの気楽な感じで撮ってますが(…いい過ぎかな… 1/5お仕事で、あと遊びです… ユルユルだし…)、でもたまには違うカメラも使わないと、機嫌を損ねられて動かなくなっちゃっても大変です… やっぱりカメラは使ってあげないと…って、本当は押入れの奥で行方不明になったまま、何年も姿を見ていない子もいっぱいいるんですが… 

 まぁそんなわけで、秋晴れの休日、最初にバッグに詰めたのは二眼レフ以外の某国産中判(ナイショ)。 …でも、せっかく天気いいしなぁ… 作例撮るにはもってこいだなぁ… と、お仕事のことも常に頭の片隅に置いている私としては、このまま二眼レフなしはもったいないと思ってしまうわけです。(本当のこというと、遊びにいったついでにお仕事も片付けられたらラッキーじゃんってとこなんですが…) で思いついたのが、東京光学「プリモ ジュニア」の海外輸出版である「ソイヤーズ マークⅣ」です。 

 以前にもこのコーナーでご紹介していますが、通常のブローニーフィルムを使用する二眼レフに較べ、一回り小型のサイズは、サブカメラとして持って歩くにはうってつけです。 もう一つサブカメラに良いという理由が金銭面… ちょいとマイナス要素になってしまうんですが、使用フィルムである127フィルム(ベスト判)は、今や一部のお店でしか手に入りません。 4×4cmの画面サイズだと12枚撮れるのですが、「マコカラー200」というクロアチア製のカラーネガフィルムが1本800円くらい。 現像代が600円くらいというところまでは、取り扱っているお店でほぼ共通なんですが、プリント代がまちまちで、サイズが小さいため手焼き扱いになってしまうところでは、Lサイズで1枚300円なんてことも!! 私の知っているところでは1枚120円というのが最安値なんですが、それでもフィルム代から含めると1本撮るのに3000円近くかかることになります… そんなわけで、メインでバシバシ使うには勇気がいるということでサブカメラ… う~ん、なんて消極的な… まあ、ネガをパソコンでスキャンしてプリントすればいいんですがね… グータラで人任せなんです、私…


これは同じくクロアチア製の白黒フィルム。 右の120フィルムと大きさを比較してみてください。 銀紙に包装されていますが、フィルム装填直前までこの状態で、撮影後もすぐに遮光できる袋などに入れたほうが良いです。 それでも巻いたすき間から光が入り、左のネガのように端がかぶってしまいます。 画面にもかかることがありますが、ある程度はプリント時に補正してもらえます。

 前置きがかなり長くなりましたが、今回は横浜へお散歩。


 実は今回プリントからのスキャン。 ちょっとシャープさは落ちてしまっていますが、本来は全く問題のないレベルです。 右の空がわずかに赤みがかっているのは、ちょっとかぶってしまっているからなんですが… かえってレトロっぽい味わいが出てませんか?




 やっぱドラ… いい年したおじさんがおっきなドラにカメラ向けてるのを、横で子どもが怪訝な顔で見てました… 

 上の2枚、出来上がってから気付いたのですが、遠近がかなり圧縮されているんですよね。 撮影レンズは6cm(60㎜)、フィルムサイズから換算すると標準レンズの画角なんですが… 特に下のドラの写真、後ろのメリーゴーランドまで10m以上ありますし、かまぼこホテル(えっと、何ていうんでしたっけ…)は完全に無限遠の距離です。 でも何か舞台の書き割りみたいでしょう。 絞りはF8かF11、中判カメラの浅い被写界深度だともっとボケたのでしょうが、どちらかというと35㎜判カメラの深度に近いようです。


 遊園地を抜け、軽く食事をとった後は赤レンガ倉庫群へ。 ここも被写体には事欠かない所ですし、さてどんな写真を撮ろうかな… あれ、前の広場で何かイベントやってるなぁ… 人多いとちょっと困るなぁ… …何、ドイツフェスティバル… ドイツのビール、いっぱいありますぅ… (注:10/13まででした。) ちょっと、聞いてないよ!! 駅前にそんな宣伝出てたぁ? ・・・この後、大桟橋や山下公園まで足伸ばそうと思ったのに… 何、何、一度入場料払えば、再入場可… ふ~ん…


 カメラより大っきいビールグラス… 幸せ…

 あれ、何か雲行きが怪しくなってきた… さっきまであんなに天気良かったのに…


 雲のグラデーションもよく表現されています。



 かなり、暗くなってきてしまいました。 せめて大桟橋だけでもと思ったのに、残念! 天気予報は1日大丈夫といっていたのに、本当にわからないものです… でもまぁ、しょうがないか… というわけで、今回はこのへんで、続く… (文責・イット)




[ Category:etc.|掲載日時:2008年10月27日 19時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Nikon】D850試し撮り 2018年04月25日
D850はNikon初の裏面照射型CMOSセンサーを採用しており高感度での撮影に非常に長けています。 試し撮りには暗い場所ということで、栃木県にあります大谷資料館にいってきました。 様々なロケにも使用される石採掘場跡です。 幻想的な地下神殿のような雰囲気にも感じます。 まるでタイムスリップをした感覚に陥りました。 やはり高感度設定での撮影でも画質が落ちることはありません。 AF-4EVなので暗いところでもピントが合い綺麗に撮影できます。 暗くても、しっかりとそれ...
続きを読む
【PENTAX】ようこそ魚眼ワールド 【PENTAX】ようこそ魚眼ワールド 2018年04月25日
PENTAXから唯一出ている現行の魚眼レンズ 「smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED」 通常の広角レンズと違った独特な世界。 今回はそんな魚眼レンズをK-70に付けて撮影に行きました。 ちょっとした路地裏もローアングルで撮影すると、 何処となくアンダーグラウンドな雰囲気に。 歩道橋と高速道路の交差地点 壁に描かれたグラフィティ モノクロで撮影すると、どことなく何時もより格好良く見えます。 駐車場の脇に咲いてる菜の花… カスタムイメージを「ほのか」にして少しノスタル...
続きを読む
null 【Leica】Tにあえてつけてみました。 2018年04月24日
「完璧かつ簡潔」 そんなコンセプトのもと、生み出されたライカT。 何故今ライカTなのか? TLでもTL2でもなく何故? その理由は後程。 アルミ削り出しの曲線的で洗練されたデザインは、スッと手に吸い付くように馴染みます。 背面を覆う大型のタッチパネル液晶はカスタマイズすることで自分のベストなメニュー配置にすることが出来ます。 まさに、機能を高めていくことで生まれた美しさ=「機能美」というものを体現しているカメラです。 さて、ライカTは専用のTマウントは勿論、Mレ...
続きを読む
PENTAX K-1 HD D FA 28-105mm F3.5-5.6 ED DC WR 【PENTAX】PENTAXの話 ~空へと続く道がやたらと混雑している話~ 2018年04月23日
今年の春は本当に足早に駆け抜けていく気がします とうとう夏日並みの気温となる日もきてしまいました 全体的にいろいろな花の開花状況が10日以上も早くなるのも無理はない気候です この春の気温の上昇により本日から開花状況がすでに見頃後半となってしまった ネモフィラブルーと青い空で有名な国営ひたち海浜公園にでかけてきました 今回、使用している機材はPENTAX K-1とHD D FA 28-105mm F3.5-5.6 ED DC WRの組み合わせ ペンタックス初のフルサイズ機にして3640万の圧倒的な画素数 ローパス...
続きを読む
【SONY】 "α" movies vol.06「ピクチャープロファイルを比較する」 【SONY】 "α" movies vol.06「ピクチャープロファイルを比較する」 2018年04月23日
ピクチャープロファイルという機能をご存知でしょうか? 元々業務用カメラに搭載されていた色調等の設定機能なのですが、SONYのαシリーズではα7Sから搭載されました。 S-Logで撮影される方なら馴染みの機能だと思いますが、使用したことの無い方も多いと思います。 プリセット数も多くあるので、違いを比較撮影してみました。 ピクチャープロファイルとは 映像の特徴を決めるパラメーターを調整、変更するメニューです。 調整項目は多数ありますが、項目を分類すると、以下の4種類に分けられます。 ・...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]