Select Language



二眼レフは、いかがですか?!  その15

[ Category:etc.|掲載日時:2008年10月27日 19時45分]

気軽にプリモ ジュニア!! (金銭面は抜きにして…)

null

 このシリーズを始めてから、二眼レフを携えてのお出かけが圧倒的に増えました。 半分お仕事、半分お遊びの気楽な感じで撮ってますが(…いい過ぎかな… 1/5お仕事で、あと遊びです… ユルユルだし…)、でもたまには違うカメラも使わないと、機嫌を損ねられて動かなくなっちゃっても大変です… やっぱりカメラは使ってあげないと…って、本当は押入れの奥で行方不明になったまま、何年も姿を見ていない子もいっぱいいるんですが… 

 まぁそんなわけで、秋晴れの休日、最初にバッグに詰めたのは二眼レフ以外の某国産中判(ナイショ)。 …でも、せっかく天気いいしなぁ… 作例撮るにはもってこいだなぁ… と、お仕事のことも常に頭の片隅に置いている私としては、このまま二眼レフなしはもったいないと思ってしまうわけです。(本当のこというと、遊びにいったついでにお仕事も片付けられたらラッキーじゃんってとこなんですが…) で思いついたのが、東京光学「プリモ ジュニア」の海外輸出版である「ソイヤーズ マークⅣ」です。 

 以前にもこのコーナーでご紹介していますが、通常のブローニーフィルムを使用する二眼レフに較べ、一回り小型のサイズは、サブカメラとして持って歩くにはうってつけです。 もう一つサブカメラに良いという理由が金銭面… ちょいとマイナス要素になってしまうんですが、使用フィルムである127フィルム(ベスト判)は、今や一部のお店でしか手に入りません。 4×4cmの画面サイズだと12枚撮れるのですが、「マコカラー200」というクロアチア製のカラーネガフィルムが1本800円くらい。 現像代が600円くらいというところまでは、取り扱っているお店でほぼ共通なんですが、プリント代がまちまちで、サイズが小さいため手焼き扱いになってしまうところでは、Lサイズで1枚300円なんてことも!! 私の知っているところでは1枚120円というのが最安値なんですが、それでもフィルム代から含めると1本撮るのに3000円近くかかることになります… そんなわけで、メインでバシバシ使うには勇気がいるということでサブカメラ… う~ん、なんて消極的な… まあ、ネガをパソコンでスキャンしてプリントすればいいんですがね… グータラで人任せなんです、私…


これは同じくクロアチア製の白黒フィルム。 右の120フィルムと大きさを比較してみてください。 銀紙に包装されていますが、フィルム装填直前までこの状態で、撮影後もすぐに遮光できる袋などに入れたほうが良いです。 それでも巻いたすき間から光が入り、左のネガのように端がかぶってしまいます。 画面にもかかることがありますが、ある程度はプリント時に補正してもらえます。

 前置きがかなり長くなりましたが、今回は横浜へお散歩。


 実は今回プリントからのスキャン。 ちょっとシャープさは落ちてしまっていますが、本来は全く問題のないレベルです。 右の空がわずかに赤みがかっているのは、ちょっとかぶってしまっているからなんですが… かえってレトロっぽい味わいが出てませんか?




 やっぱドラ… いい年したおじさんがおっきなドラにカメラ向けてるのを、横で子どもが怪訝な顔で見てました… 

 上の2枚、出来上がってから気付いたのですが、遠近がかなり圧縮されているんですよね。 撮影レンズは6cm(60㎜)、フィルムサイズから換算すると標準レンズの画角なんですが… 特に下のドラの写真、後ろのメリーゴーランドまで10m以上ありますし、かまぼこホテル(えっと、何ていうんでしたっけ…)は完全に無限遠の距離です。 でも何か舞台の書き割りみたいでしょう。 絞りはF8かF11、中判カメラの浅い被写界深度だともっとボケたのでしょうが、どちらかというと35㎜判カメラの深度に近いようです。


 遊園地を抜け、軽く食事をとった後は赤レンガ倉庫群へ。 ここも被写体には事欠かない所ですし、さてどんな写真を撮ろうかな… あれ、前の広場で何かイベントやってるなぁ… 人多いとちょっと困るなぁ… …何、ドイツフェスティバル… ドイツのビール、いっぱいありますぅ… (注:10/13まででした。) ちょっと、聞いてないよ!! 駅前にそんな宣伝出てたぁ? ・・・この後、大桟橋や山下公園まで足伸ばそうと思ったのに… 何、何、一度入場料払えば、再入場可… ふ~ん…


 カメラより大っきいビールグラス… 幸せ…

 あれ、何か雲行きが怪しくなってきた… さっきまであんなに天気良かったのに…


 雲のグラデーションもよく表現されています。



 かなり、暗くなってきてしまいました。 せめて大桟橋だけでもと思ったのに、残念! 天気予報は1日大丈夫といっていたのに、本当にわからないものです… でもまぁ、しょうがないか… というわけで、今回はこのへんで、続く… (文責・イット)




[ Category:etc.|掲載日時:2008年10月27日 19時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Voigtlander】梅雨の合間に。 MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 【Voigtlander】梅雨の合間に。 MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 2018年06月18日
とある平日の午後。水田の真ん中にいた。 神奈川県開成町にあるあじさいの里。水田に沿って約5000株の紫陽花が植えられている。 水田に沿って進みながら「SONY α7II」と「Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 」でのんびりとシャッターを切る。 木彫りのカエルが道の脇に置いてある。荒々しい彫りの中に何とも言えない可愛らしさを感じる。 何か所に柄杓が置いてあり紫陽花に水を掛けられるようになっている。通るこども達が楽しそうに用水路から水を...
続きを読む
【NIKON】マイクロレンズを使ってみる。 【NIKON】マイクロレンズを使ってみる。 2018年06月17日
ニコンDXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ専用レンズ 『AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8G』を紹介いたします。 寸法 :約 68.5mm(最大径)×64.5mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで) 質量 :約 235g と、非常にコンパクトサイズなマイクロレンズ。 片手で軽く持つことができるサイズと重量です。 今回このレンズを『Nikon D7100』に付けて撮影してみました。 花や グッと近づいた撮影はもちろんですが 花などの小さい被写体を大きく写すだけではなく 単焦点のレン...
続きを読む
null 好きな物を写真に撮ろう。 2018年06月16日
Kasyapa for Leica : Elmarit-C 40mm F2.8 好きなのはカメラだけじゃない! 今回は筆者がKasyapaにて撮影したクルマ・バイクの写真だけを集めてみました。Kasyapaに掲載していないカットも含め、お届けしたいと思います。 まずは『レクサス LFA』世界限定500台・国内割り当て200台のスーパースポーツカー。ちなみにお値段は3750万円!(発売時)    Kasyapa : FUJIFILM FUJINON XF 16mm F1.4 R WR (Kasyapa非掲載) 『ランチア HFインテグラーレ』 最...
続きを読む
【PENTAX】軽量一眼レフPENTAX KPでスナップ撮影 【PENTAX】軽量一眼レフPENTAX KPでスナップ撮影 2018年06月15日
【軽量一眼レフでスナップ撮影】 撮影に出かける際は大体10km程歩き回る私にとってカメラは軽いことが重要です。 KP本体は約700g、パンケーキレンズのHD DA21mm F3.2AL Limitedが約134gと合わせても1kgを切る軽量です。 今回はこの組み合わせで御徒町~秋葉原周辺を散策しました。 F5.6 1/200秒 ISO100 駅を降りてすぐにバランスよくカラスが鉄柱にとまっていたので撮影。 KPの正面のダイヤルはCONTAX G2を想起させる配置で勝手がよく撮影がスムーズに行えました。 F8 1/200秒 ISO100 28mm...
続きを読む
Panasonic G9PROはフルサイズに匹敵するのか? その4 Panasonic G9PROはフルサイズに匹敵するのか? その4 2018年06月14日
LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S. Panasonic G9PROを筆頭に、パナソニックのミラーレスは多彩なフォトスタイルが搭載されています。 白黒写真が気軽に撮れるモノクロモードも当然ラインナップされているのですが、その中でも力を入れているのがL.モノクロームです。 モノクロ写真特有の光と影によるシャープな質感表現を追求、豊かな階調で被写体を描き出すことで、普段見慣れている日常の風景をドラマチックに演出してくれるモードとなっており、スナップ撮影にピッタ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]