ハッセル1600の巻 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language








1948年にニューヨークでレンズ・ファインダー・フィルムマガジンが交換できる世界最初の6x6判一眼レフカメラが発表されました。
カメラの名前には、そのカメラを造リ出した「Victor Hasselblad」という人の名前が付けられました。
レンズ・ファインダーを始め多くのアクセサリーも充実していて、このカメラが発表された時はプロ、ハイアマチュアから多大な支持を受けたそうです。
発表と同時にこのカメラは注文が殺到し多くの注文もはいってみたいですが、カメラのトラブルが多く返品も多くあったようです。返品されたカメラの一部は修理して戻されたようですが、ほとんどは廃棄処分され、1980年代、ハッセルブラッドの記録によると総生産台数約3,631台の内「2,859台が残っているはず」という記録もあるようなのですが、それも30年も前の話なので実際現存する台数、そして実際に撮影できる状態にあるカメラは、一体何台残っているんでしょうかねぇ・・・



Hasselblad



現在ハッセルブラッド用のレンズとしてはカールツァイスのレンズが一般的ですが、このカメラを製造していた頃のレンズ供給はコダックが行っていました。レンズのラインナップとしては標準のエクター80mmF2.8をはじめ、ワイドフィールドエクター55mmF6.3、エクター135mmF3.5にエクター254mmF5.6というものがあり、外装もアルミニウム鏡胴でカッコよく・・・ これらも間違いなく現在作ったら売れないでしょう。高くて。

 もちろん、デザインだけでなくその描写もすばらしく、私個人の意見ではありますがカールツァイスのレンズと違う点はそのシャープネスにあると思います。ツァイスレンズは解放でもピントのあった部分に関しては
ツァイス独特のビシッとした線が出るのに対し、コダックの場合開放で撮影した場合なんとも言えないやわらかい描写が得られます。しかし、これはあくまで個人的な意見です。レンズの状態にもよると思いますし使用するフィルムによっても得られる質感は多少違ってくると思います。それよりも実際に使えるボディがはたしてどれだけ残っているのか見当も付かず、万一修理に出すとしても、まぁ世界中を探せば数件は見つかるでしょうがお代金の方は覚悟して頂いた方がよろしいかと思われます、はい。なにせ、半世紀前の機械を修理しようとなされているわけですから、同じ年代のロレックスやベンツを修理するのと変わりない感覚でよろしいんじゃあないかと思います、はい。

HasselbladHasselblad




というわけでして、肝心のボディがなかなか見つからないので、アダプターを作ってもらってペンタックス645や35mm判一眼レフボディに取り付けて使っておられる強者も見かけたことがあります。
それから、これはスゴイ!と思ったのが、そのフォルム。現行の503CWと比べてもそのデザインに殆んど変更のないことに驚かされます。1950年代にすでにその殆んどが完成されていたわけなんですよ。
別のカメラですがSWCに使われているビオゴン38mmレンズも、最終機である905SWCまでコーティング以外は殆んど変更はされなかったそうです。「物」を作るうえで、これ以上ない、理想のカメラなのでしょうか。



HasselbladHasselbladHasselblad




~ハッセルブラッド 1600Fができるまで~


1887年
F.W.ハッセルブラッド社という親会社に写真部門を設立。 ハッセルブラッド製のボックスカメラの販売を行う。
(名前はハッセルブラッドですが実はカメラ自体は他の会社でつくってたみたいです)

1908年
写真部門の発展にともないハッセルブラッド フォトグラフィスカ社が設立。
スウェーデンにおけるコダック製品の総代理店になる。

1941年
第2次世界大戦始まる。スウェーデン空軍より偵察カメラの依頼を受ける。
1941年より1945年にかけて342台の偵察カメラが納入される。
(その時納入されたカメラはレンズとマガジンがすばやく交換できるという特徴をもっていました)

カメラ以外にも経営向上の為に装飾を施した飾り時計の製造もしていました。
(ちなみに時計の名前は「EXAKTA」という名前だったみたいですね。ん?エギザクタ?)

1948年
ハッセルブラッド 1600F 発表。

VICTOR HASSELBLAD
1600F (1948年発表、1949年~1952年迄製造)
総生産台数: 約3,631台
形式: フォーカルプレーンシャッター式一眼レフカメラ
シャッター速度: B、1~1/1600秒
重量: 1,350g




[ Category:HasselBlad]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】α9 予約開始!4/27 23.59までのご注文で発売日お届けをお約束します! 【SONY】α9 予約開始!4/27 23.59までのご注文で発売日お届けをお約束します! 2017年04月27日
旗艦機のみに与えられる「9」が付いたミラーレスカメラが遂に登場。 その名は「SONY α9」 伝統の「9」に恥じない性能を有しています!! 世界初となる有効画素数約2,420万画素の積層型裏面照射CMOSフルサイズセンサーを搭載。 フルサイズミラーレス機では初めて「4D Focus」を謳うα9。 像面位相差AFのカバー範囲と測距点の多さはマウント機の中でも群を抜いて「広範囲」かつ「多点」。 なんと像面に対してのカバー率93%に加え、これでもかと密集した693点の測距点。 また、これらをコント...
続きを読む
【Leica】BLUE NOTE TOKYOギフトカードプレゼント!!交換値引もあります。 【Leica】BLUE NOTE TOKYOギフトカードプレゼント!!交換値引もあります。 2017年04月27日
いよいよ残り僅かとなりました。 店頭限定 『BLUE NOTE TOKYOギフトカードプレゼント』 BLUE NOTE TOKYO ギフトカード2万円分プレゼント ※数量限定 当店指定のLeica新品商品をご購入で 南青山にあるラグジュアリーなジャズクラブ「BLUE NOTE TOKYO」で使える 2万円分のギフトカードをプレゼント! ご存知の方は非常に多いと思いますが ニューヨークに本店を構える本格ジャズクラブです! そんな空間で過ごすひと時はとても優雅であり そしてステージからは興奮と感動が繰り返し押...
続きを読む
【TAMRON】SP 150-600mm F5-6.3 Di USD G2 (Model:A022S) ~本日発売!~ 【TAMRON】SP 150-600mm F5-6.3 Di USD G2 (Model:A022S) ~本日発売!~ 2017年04月27日
TAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di USD(Model:A022) ついに!ソニー用が本日発売です! 先行でキヤノン/ニコン用が発売されていましたが やっとソニー用も遅れて発売となりました! SONYユーザーの皆様、大変お待たせ致しました!! 旧型からの光学設計の見直しに加え AFの高速化、最前面のレンズには防汚コートの採用、 鏡筒も各所にシーリングを施した簡易防滴機構の搭載など、 多くのリファインを行った本レンズ。 解像力を生かしAマウントフラッグシップのα99IIに装着しても良いです...
続きを読む
中古 欲しいを応援セール!あと3日間です! 中古 欲しいを応援セール!あと3日間です! 2017年04月26日
皆様こんにちは!! あとちょっとでお待ちかねのゴールデンウィーク(GW)ですね!! GW直前ですが、使う機材のご準備はお済みですか? マップカメラでは現在開催中のセールが残り2日間と迫っております 詳しいセールの内容は 今回は実際にどんなものがお買得になっているのかご紹介していきます!! (掲載内容は2017年4月25日時点の内容です。売り切れの際はご容赦ください。) まずは本館5階よりオススメ商品のご紹介です! α99II + Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM II 旅行と...
続きを読む
Canon EOS 9000D 家族と自然を撮ろう! Canon EOS 9000D 家族と自然を撮ろう! 2017年04月26日
Canon EOS 9000D 4月7日に発売したばかりの9000Dで友人の子供撮影をしてきました! まだ1歳になっていないのでハイハイ歩きで動きを抑えやすいですが、 ほんの一瞬みせる、その表情ひとつひとつが大切な時期です。 Canon EOS 9000D + EF-S18-135 IS USM F5 1/640 ISO-100 60mm EOS 9000DとEF-S18-135 IS USMのこの組合せ。 AFかなり優秀です。 大切なその一瞬の笑顔、逃しません。 エントリー機なのに、本当にびっくりしました。 昔EOS kissNを愛用していましたが、いやもう...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]