デジタル撮影で正確な色再現を!「CBLレンズ」レビュー » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language




皆さんこんなモノをご存知ですか?

CBL Lens 110mm
nullnull


世の中には写真撮影を補助する用品をというものが多数存在しますが、
これはその中でも色彩等に多大なる影響を及ぼす、
デジタルカメラの「ホワイトバランス」の設定に使います。
マニュアルセットで徹底的に色被りをとり、
白が本当に真っ白に表現できる…というイメージですね。

完全に色被りをとるということで撮影用途を選びますが、
商品撮影や複数種の光源が混じっていている「ミックス光」の状況で真価を発揮します。


グレーカードというものが普及していますが、使い方は変わりません。
いわゆるそれの高級・高性能版と言ってしまっていいかもしれません。


高級感漂うこのパッケージ!
null

中には本体と説明書・キャリングケース
・ストラップ・専用カラビナ

null
注※写真はメーカーサンプル品のため、
製品版とは同梱内容が異なります。



≪使用方法≫




1.カメラの設定

メーカーによって設定方法は多少異なります。
今回はすいません、手持ちの機材のNikon D700での例にさせて頂きます。

まずホワイトバランスはマニュアル設定「PRE」を選択。
null
さらに「d-0」「d-1」「d-2」「d-3」と項目が選べますが、
「d-0」以外に関してはメディア内の撮影画像のホワイトバランスデータを
読み出して保存し、次の撮影に使用するものになります。
今回は新規にホワイトバランスデータを取得するので「d-0」を選択。
一度WBボタンから指を離します。






2.CBLレンズを撮影しホワイトバランスデータを取得します。





カメラの「WB」ボタンを1.5秒以上長押します。
null


すると肩部液晶の右下に大きな[PrE]という表示が点灯し始めます。
null



そして[PrE]点滅状態中にCBLレンズをカメラの前に配置し、撮影をします。
null



この際の注意事項としては、
・ファインダーの7割以上をCBLレンズの円形の白色部が占めるように撮影する。
・フォーカスは合っていなくても良い。
・直接光源がCBLレンズの白色部に反射し、ギラついた状態でないこと。




問題なくホワイトバランスデータが取得できると、
null
「Good」の点滅表示となりホッとします。
※万が一「Err」表示になった場合は再度やり直します。


「Good」が表示されれば次回のレリーズからはこの作業で取得した
ホワイトバランスで撮影が可能です。



よく使う照明下で撮影したデータを上で挙げた「d-1~3」に登録しておけば、いつでも呼び出して切り替えが可能で便利です。
※詳細書ききれないので割愛します。




では実際に撮影した画像を並べてみます。

nullnull
(左)CBLレンズでマニュアルセット・(右)オートWB

nullnull
(左)太陽光・(右)タングステン光  


基準となる[太陽光]を見ると凄まじい色被りをしているのがわかります。
それをCBLレンズを使用するとその実力は一目瞭然ですね。



続いての画像はスイーツです。
普通に家の中の撮影ですが、蛍光灯だけでは単一で難易度が低いので
斜め右後ろからワイヤレスのストロボも直射してみました。

nullnull
(左)CBLレンズでマニュアルセット・(右)オートWB

nullnull
(左)太陽光・(右)蛍光灯



我が家の蛍光灯は昼白色タイプなので、[太陽光]の設定でもやや黄色味を帯びる程度でした。
驚いたのはオートWBの優秀さ!
ストロボ光がミックスされた際の色の再現性にはいつも驚きます。
今回のケースではCBLレンズに匹敵してます。


続いてはこんな状況(我が家の玄関です)
null
※この写真もCBLレンズでWB設定してます。




向かいにワイヤレスでストロボ置き、色付きの天井にバウンス。
さらにカメラの内蔵ストロボも直当てしてみます。
(もう仕上がりのイメージはさっぱりわかりません…)


説明書によるとストロボ光を直で当てる場合は、
CBLレンズの裏面のグレーの部分で同じようにホワイトバランスデータを取得するそうです。

null


そして撮影画像がこちら。


nullnull
(左)CBLレンズでマニュアルセット・(右)オートWB

nullnull
(左)太陽光・(右)タングステン光


…わかってはいましたが、裏面を使えばいかにCBLレンズと言えど、
普通のの反射率18%のグレーカード並みですね。



今度は先ほどのセッティングから内蔵ストロボの直射は省いて撮ってみます。


null
ホワイトバランスデータの取得は表面の白色部で行うので期待が持てます。


nullnull
(左)CBLレンズでマニュアルセット・(右)オートWB

nullnull
(左)太陽光・(右)タングステン光



CBLレンズを使用した際の色再現にもうクラクラです。



やはりCBLレンズの真価は表の白色部分を使ってこそだとわかりました…。



しかし、どういう仕組みでこんな優れたWBセットが行えるのか。
文章も長くなってしまったので、手短に。


null



「ホワイトバランス」ならぬ「フルカラーバランス」……!!!
まさに脅威の新概念。恐るべしCBLレンズ。



興味を持って頂けましたら、ご購入はこちらから!!



[ Category:etc.]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】金曜フードショー☆第34回 12474 ズマロン M28mm F5.6用フード 2017年09月22日
みなさん、こんにちは「金曜フードショー」へようこそ! レンズフードは、フレアやゴーストなどの原因となる有害光のレンズへの入射を防ぐためのものですが レンズフード自体がコレクションの対象にもなっています。 このコーナーでは、実用的なものや変わった形のものなど多種多様なレンズフードを取り上げています。 今回紹介するのは、 ズマロン M28mm F5.6用の12474 フードです。 このレンズは、1955年発売のスクリューマウントのズマロン28mm F5.6 通称「赤ズマロン」の復刻版として...
続きを読む
【FUJIFILM】シンプルなXstyle X-E3先行展示実施中! 【FUJIFILM】シンプルなXstyle X-E3先行展示実施中! 2017年09月21日
『シンプルなXstyle X-E3』先行展示中!! ただいまマップカメラでは、FUJIFILM X-E3の発売に先駆けて先行展示を行っております。 実際にお手にとって、その魅力を感じていただきたいシンプルで美しいカメラです。 そこで『おすすめポイント』としまして、『シンプルなXstyle X-E3』の魅力をお伝えいたします。 『ポイント 1』シンプルデザイン 必要な機能性能を極限まで研ぎ澄まし、本質だけを形にしたデザイン。 追求したのは、シンプルで...
続きを読む
エビフォトとびきりコンテスト 【エビフォト】とびきりの一枚コンテスト"モノクロ編” スタート!! 2017年09月20日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 エビフォトのフォトコン情報をお届けします! 本日より『とびきりの一枚コンテスト“ モノクロ編 ”』がスタート!! “毎日が当選日”のフォトコンテスト第3弾!! 一日にご投稿いただく写真の中からとりわけ素晴らしい“とびきり”の一枚を毎日厳選する『とびきりの一枚コンテスト』。 毎回好評を得ていますが、今回は“とびきり”のモノクロ写真を募集しています。 10月1日(日)までの期間中毎日授賞発表します! ...
続きを読む
null 【SONY】DSC-RX10M4 予約開始! 2017年09月20日
DSC-RX10M4 2017年10月6日発売予定 ~超望遠と世界最速の高速AFが、躍動の瞬間を切り取る~ ・DSC-RX10M3と同じく24-600mm F2.4-4.0(光学25倍)のレンズをを搭載 ワイドから超望遠まで、複数の大口径交換レンズに相当する焦点距離を1台でカバーします。 ・世界最速0.03秒の高速AFと315点像面位相差AFセンサーによる広いAFカバー範囲 撮像エリアの約65%をカバーする範囲に315点の像面位相差AFセンサーを配置することで、 超望遠撮影においても高速で動く被写体の決定的瞬間を逃さず撮影...
続きを読む
null 【Leica】まだ間に合います!9月23日はライカを持って江ノ島に行こう! 2017年09月19日
皆様こんにちは! 今年の秋はいつもと一味違うイベントを開催いたします!! 初めてのライカMと行く江ノ島の旅 U-40 ライカと言えば、カメラ好きなら誰もが憧れるトップブランド。 レンジファインダーカメラであるが故の小ささと洗練されたデザイン。 そして金属の質感を活かした物造りはドイツの職人気質を感じられます。 手に取ってみると、ずっしりとした重厚感も感じられ、所有欲も満たされること間違いなしです。 カメラが好きな方なら一度は手にしたいと憧れるライカ。 今回はライカ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]