Select Language



デジタル撮影で正確な色再現を!「CBLレンズ」レビュー

[ Category:etc.|掲載日時:2010年09月01日 21時30分]


皆さんこんなモノをご存知ですか?

CBL Lens 110mm
nullnull


世の中には写真撮影を補助する用品をというものが多数存在しますが、
これはその中でも色彩等に多大なる影響を及ぼす、
デジタルカメラの「ホワイトバランス」の設定に使います。
マニュアルセットで徹底的に色被りをとり、
白が本当に真っ白に表現できる…というイメージですね。

完全に色被りをとるということで撮影用途を選びますが、
商品撮影や複数種の光源が混じっていている「ミックス光」の状況で真価を発揮します。


グレーカードというものが普及していますが、使い方は変わりません。
いわゆるそれの高級・高性能版と言ってしまっていいかもしれません。


高級感漂うこのパッケージ!
null

中には本体と説明書・キャリングケース
・ストラップ・専用カラビナ

null
注※写真はメーカーサンプル品のため、
製品版とは同梱内容が異なります。



≪使用方法≫




1.カメラの設定

メーカーによって設定方法は多少異なります。
今回はすいません、手持ちの機材のNikon D700での例にさせて頂きます。

まずホワイトバランスはマニュアル設定「PRE」を選択。
null
さらに「d-0」「d-1」「d-2」「d-3」と項目が選べますが、
「d-0」以外に関してはメディア内の撮影画像のホワイトバランスデータを
読み出して保存し、次の撮影に使用するものになります。
今回は新規にホワイトバランスデータを取得するので「d-0」を選択。
一度WBボタンから指を離します。






2.CBLレンズを撮影しホワイトバランスデータを取得します。





カメラの「WB」ボタンを1.5秒以上長押します。
null


すると肩部液晶の右下に大きな[PrE]という表示が点灯し始めます。
null



そして[PrE]点滅状態中にCBLレンズをカメラの前に配置し、撮影をします。
null



この際の注意事項としては、
・ファインダーの7割以上をCBLレンズの円形の白色部が占めるように撮影する。
・フォーカスは合っていなくても良い。
・直接光源がCBLレンズの白色部に反射し、ギラついた状態でないこと。




問題なくホワイトバランスデータが取得できると、
null
「Good」の点滅表示となりホッとします。
※万が一「Err」表示になった場合は再度やり直します。


「Good」が表示されれば次回のレリーズからはこの作業で取得した
ホワイトバランスで撮影が可能です。



よく使う照明下で撮影したデータを上で挙げた「d-1~3」に登録しておけば、いつでも呼び出して切り替えが可能で便利です。
※詳細書ききれないので割愛します。




では実際に撮影した画像を並べてみます。

nullnull
(左)CBLレンズでマニュアルセット・(右)オートWB

nullnull
(左)太陽光・(右)タングステン光  


基準となる[太陽光]を見ると凄まじい色被りをしているのがわかります。
それをCBLレンズを使用するとその実力は一目瞭然ですね。



続いての画像はスイーツです。
普通に家の中の撮影ですが、蛍光灯だけでは単一で難易度が低いので
斜め右後ろからワイヤレスのストロボも直射してみました。

nullnull
(左)CBLレンズでマニュアルセット・(右)オートWB

nullnull
(左)太陽光・(右)蛍光灯



我が家の蛍光灯は昼白色タイプなので、[太陽光]の設定でもやや黄色味を帯びる程度でした。
驚いたのはオートWBの優秀さ!
ストロボ光がミックスされた際の色の再現性にはいつも驚きます。
今回のケースではCBLレンズに匹敵してます。


続いてはこんな状況(我が家の玄関です)
null
※この写真もCBLレンズでWB設定してます。




向かいにワイヤレスでストロボ置き、色付きの天井にバウンス。
さらにカメラの内蔵ストロボも直当てしてみます。
(もう仕上がりのイメージはさっぱりわかりません…)


説明書によるとストロボ光を直で当てる場合は、
CBLレンズの裏面のグレーの部分で同じようにホワイトバランスデータを取得するそうです。

null


そして撮影画像がこちら。


nullnull
(左)CBLレンズでマニュアルセット・(右)オートWB

nullnull
(左)太陽光・(右)タングステン光


…わかってはいましたが、裏面を使えばいかにCBLレンズと言えど、
普通のの反射率18%のグレーカード並みですね。



今度は先ほどのセッティングから内蔵ストロボの直射は省いて撮ってみます。


null
ホワイトバランスデータの取得は表面の白色部で行うので期待が持てます。


nullnull
(左)CBLレンズでマニュアルセット・(右)オートWB

nullnull
(左)太陽光・(右)タングステン光



CBLレンズを使用した際の色再現にもうクラクラです。



やはりCBLレンズの真価は表の白色部分を使ってこそだとわかりました…。



しかし、どういう仕組みでこんな優れたWBセットが行えるのか。
文章も長くなってしまったので、手短に。


null



「ホワイトバランス」ならぬ「フルカラーバランス」……!!!
まさに脅威の新概念。恐るべしCBLレンズ。



興味を持って頂けましたら、ご購入はこちらから!!



[ Category:etc.|掲載日時:2010年09月01日 21時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【NIKON】マイクロレンズを使ってみる。 【NIKON】マイクロレンズを使ってみる。 2018年06月17日
ニコンDXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ専用レンズ 『AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8G』を紹介いたします。 寸法 :約 68.5mm(最大径)×64.5mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで) 質量 :約 235g と、非常にコンパクトサイズなマイクロレンズ。 片手で軽く持つことができるサイズと重量です。 今回このレンズを『Nikon D7100』に付けて撮影してみました。 花や グッと近づいた撮影はもちろんですが 花などの小さい被写体を大きく写すだけではなく 単焦点のレン...
続きを読む
null 好きな物を写真に撮ろう。 2018年06月16日
Kasyapa for Leica : Elmarit-C 40mm F2.8 好きなのはカメラだけじゃない! 今回は筆者がKasyapaにて撮影したクルマ・バイクの写真だけを集めてみました。Kasyapaに掲載していないカットも含め、お届けしたいと思います。 まずは『レクサス LFA』世界限定500台・国内割り当て200台のスーパースポーツカー。ちなみにお値段は3750万円!(発売時)    Kasyapa : FUJIFILM FUJINON XF 16mm F1.4 R WR (Kasyapa非掲載) 『ランチア HFインテグラーレ』 最...
続きを読む
【PENTAX】軽量一眼レフPENTAX KPでスナップ撮影 【PENTAX】軽量一眼レフPENTAX KPでスナップ撮影 2018年06月15日
【軽量一眼レフでスナップ撮影】 撮影に出かける際は大体10km程歩き回る私にとってカメラは軽いことが重要です。 KP本体は約700g、パンケーキレンズのHD DA21mm F3.2AL Limitedが約134gと合わせても1kgを切る軽量です。 今回はこの組み合わせで御徒町~秋葉原周辺を散策しました。 F5.6 1/200秒 ISO100 駅を降りてすぐにバランスよくカラスが鉄柱にとまっていたので撮影。 KPの正面のダイヤルはCONTAX G2を想起させる配置で勝手がよく撮影がスムーズに行えました。 F8 1/200秒 ISO100 28mm...
続きを読む
Panasonic G9PROはフルサイズに匹敵するのか? その4 Panasonic G9PROはフルサイズに匹敵するのか? その4 2018年06月14日
LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S. Panasonic G9PROを筆頭に、パナソニックのミラーレスは多彩なフォトスタイルが搭載されています。 白黒写真が気軽に撮れるモノクロモードも当然ラインナップされているのですが、その中でも力を入れているのがL.モノクロームです。 モノクロ写真特有の光と影によるシャープな質感表現を追求、豊かな階調で被写体を描き出すことで、普段見慣れている日常の風景をドラマチックに演出してくれるモードとなっており、スナップ撮影にピッタ...
続きを読む
【PENTAX】K-1とアメ横にて 【PENTAX】K-1とアメ横にて 2018年06月13日
PENTAX唯一のフルサイズシリーズ「K-1」 4月には後継機の「K-1 Mark II」も登場しました。 そんなK-1シリーズから今回は「K-1」をもってアメ横へ、 秋には赤く染まり人々を魅了するカエデも、 今の季節は新緑に染まり秋とはまた違った魅力を引き出してくれます。 街中の花壇に咲くツツジ 今は紫陽花の季節になりますが、撮影をしたのは先月なので少しだけ季節外れな写真になってしまいました。 昼食に摂ったハンバーガー、 食材の質感を描写してくれるディテール性能には脱帽するばかりで...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]