マップカメラ鉄道倶楽部

マップタイムズオンライントップマップカメラ鉄道倶楽部RailMap > 夏休み逃避行その2(路は全く尽きるのか?)

夏休み逃避行その2(路は全く尽きるのか?)

青函連絡船を見学した翌日は、連絡船の後を引き継いだ青函トンネルを見に津軽半島の竜飛岬に向かいました。
まずは青森駅から津軽線に乗り「蟹田駅」へ向かいます。

蟹田駅
津軽線はその名の通り津軽半島を走る本州北端の路線。途中駅の蟹田までは青函トンネルを走る海峡線と同じ線路を走るため、蟹田までは電化されていますが、ここより先は非電化区間。ディーゼル列車に乗り換えます。
最近では地方路線でしか見られなくなったキハ40系気動車。これに乗ると旅しているなという気分になります。

三厩駅
蟹田からさらに北へ40分。並行して走る津軽海峡線が地下に潜った辺りで終点の「三厩」に到着します。

線路の終端 三厩駅待合室
山に囲まれた静かな駅は周りに何もない寂しい場所。線路も数十メートル先にある車両庫で行き止まりになっています。
時刻表を見ると列車は1日に5本だけ。かつてトンネル工事で賑わっていたと聞いていましたが、今ではそんな面影を感じる事はできません。

太宰治の津軽 町営バス
待合室には太宰治の「津軽」のフレーズが飾られており「ここは本州の極地である…諸君の路は全く尽きるのである」という言葉が胸に刺さります。
駅前には列車の到着に併せて町営バスが停まっていました。静かな街に似つかない派手な大型バスに乗り換え、さらに北へ。

バスより見る外ヶ浜の海 バスより見る外ヶ浜の海
運賃100円の町営バスは、集落を回りながらゆっくり走ります。車窓から見える小さな港町の風景を楽しみながら40分。ようやく今日の目的地「竜飛岬」に到着です。

竜飛岬
普段から龍が飛ばされるほどの強い風が吹き続けることから、竜飛と呼ばれるようになったと言い伝えられています。周りにはこの強風を利用すべく風力発電の風車も見られましたが、今日はその風車がピクリとも動かない穏やかな天気。普段は天気に恵まれない鉄道倶楽部ですが、こんな事もあるのかと驚きです。

青函トンネル竜飛基地 青函トンネル記念館
海底トンネルの青函トンネル内にも2つの駅があります。函館側の「吉岡海底駅」と青森側の「竜飛海底駅」。いずれの駅も緊急時に乗客を避難させるための施設で、見学ツアー等を利用しなければ、降りることの出来ない駅なのですが、竜飛海底駅の上には工事作業に使われていた斜抗線の駅があるため、コレを使えばトンネル内へ下りることができるのです。

斜抗線の地上駅は、青函トンネル記念館となっており、工事の歴史や技術の紹介がされています。
青函トンネル記念館の展示 新幹線と在来線を一緒にする三線軌道
1988年のトンネル開業から24年。現在青函トンネルでは新幹線を函館まで延長するための追加工事が行われています。新幹線と在来線を一緒に走らせるための工夫も紹介されていました。

斜坑線モグラ号
さていよいよ本題。ここから青函トンネル竜飛斜抗線に乗ってトンネルの中へ下りて行きます。いかにも工事車両と思わせるオレンジ色の小さな車両は、地中深く潜ることから「モグラ号」の愛称が付けられています。

斜坑線の風門 モグラ号車内
斜抗の入り口には、大きな風門が設けられており、乗客が車両に乗って周りに誰もいなくなってから大きな警告音と共に扉が開きます。
列車は800mを約8分かけてゆっくりと下りて行きます。乗り心地は最悪。大きな振動と共に幾度となく揺れます。

斜坑線海底駅 駅前駐輪場
そして海底140m地点の海底駅に到着です。駅前には何故かたくさんの自転車が。駅前の駐輪は海底も地上も一緒のようです。
トンネルは列車が走る本坑の他に、工事の際に使われていた作業坑や避難路など複数の側坑が掘られており、かなり広いです。

トンネル内展示 工事の様子
その側坑では、工事の様子を紹介する作業機械やパネルが展示されています。現在でも至る所から水が染み出しており、当時の苦労を偲ばせます。

本坑への扉 作業坑道も記載された迷路の地図
本坑の手前は大きな扉で塞がれています。この扉の向こうが海峡線の竜飛海底駅。残念ながら非常時以外は開かないとの事なのでトンネル散策はこれれ終了です。私の逃避行の路もここで終点です。

再び斜抗線に乗り地上に戻り、斜抗線の工事車両を見て回りました。
作業車 コンクリート運搬車
左が作業員を運ぶ車両で右がコンクリートを運ぶ車両との事。
潮風の強い岬に放置されているだけあって、ひどく痛んでいました。あと何年展示できるのか不安になります。

もう少しゆっくり周囲も散策したかったのですが、1日5本しかない列車は逃すと大変。周囲ののんびりとした風景に反して急ぎ足で駅に戻りました。
三厩駅からの折り返し

新幹線工事現場
帰りの車窓から新幹線工事の現場を発見。
北海道新幹線の開業予定は2015年との事。この工事の完成をもって青函トンネルも当初の目的を果たすことになります。3年後が楽しみです。

新青森駅に並ぶE5系
北海道新幹線の他にも2014年には北陸新幹線の金沢開業も予定されており、これから数年で鉄道網はさらに便利に生まれ変わります。
一方で新幹線の開通により主要幹線が、第三セクター化され苦戦をしいられているのも現実です。
発展の裏で衰退が生じるのは仕方のない事かもしれませんが、上手くバランスの取れた発展を望まずにはいられません。

かつて「日本にはまだまだ多くの土地があり、これらを新幹線と高速道路で繋げ、工業地方に分散すれば経済がさらに活性化する」と言っていた方がいらっしゃいました。しかし工業は工事に手間取っている間に新幹線も高速道路も届かない海外へ。本当に目論みどおりに活性化するのでしょうか?

がんばろう日本!がんばろう東北!
新幹線に貼られていた「がんばろう日本!がんばろう東北!」のステッカーに、震災からの1日も早い復興を願いつつ、もう1つ新たなことを考えさせられてしまいました。


使用機材:Nikon D4
     AF-S 28-300mm F3.5-5.6G ED VR
     AF-S ED17-35mm F2.8D
     Nikon 1 V1
     1NIKKOR VR10-30mm F3.5-5.6



written by コリドラス
この記事のカテゴリーは『乗り鉄(旅/名物関連)』です | この記事は2012年09月01日現在の情報です。


2013年02月22日
東急東横線と東京メトロ副都心線は2013年3月16日より相互乗り入れを開始します。 これにより東急東横線の渋谷駅は副都心線と同じ地下ホームへ移転。現在の地上駅もあと少しでその役目を終えることになります。 先日の渋谷ヒカリエのオープンで装い新たになった渋谷駅ですが、日々様子の変わる駅周辺を見に行ってきました。 東急東横線を地下5階の渋谷駅につなげるため、新たなルートとして代官山駅のすぐ先から地下へ潜るための工事が行われています。 渋谷は「谷」というだけあって凹んだ土地です。地...
この記事を面白いと思った人 245人
2013年02月04日
毎日寒い日が続いていますが暦は立春。鉄道ネタでも春の話題が聞こえてきました。 この鉄道倶楽部でもおなじみとなっています千葉の早春SLイベントがいよいよスタート。今年は2月9日~11日に実施されます。 今回も一足早く試運転の情報をキャッチしたコリドラスは、早速1年ぶりのSLを見に行ってきました。 過去4回、内房線をメインに房総半島で運転されていたSLですが、今年は成田線の佐原~銚子間で運転されます。 かつて利根川を利用した水運の街として賑わった佐原や銚子ですが、巨大アウトレットモー...
この記事を面白いと思った人 229人
2012年11月27日
千葉県内を走るJR久留里線(木更津~上総亀山)は関東圏では珍しくなった全線非電化の路線です。 ここに12月1日より新型車両が投入され、旧型車両が姿を消すことになります。 首都圏でも新型車両の導入はよくありますが運転本数が少ないローカル線では、運用車両自体が少ないので徐々に車両が置き換わっていくのではなく、一斉交換となります。 新型車両と旧型車両の2ショットを見ることができないと分かったらもう時間がありません。ラストランを迎える旧型車両を見に行ってきました。 久留里線で活躍し...
この記事を面白いと思った人 229人
2012年09月01日
青函連絡船を見学した翌日は、連絡船の後を引き継いだ青函トンネルを見に津軽半島の竜飛岬に向かいました。 まずは青森駅から津軽線に乗り「蟹田駅」へ向かいます。 津軽線はその名の通り津軽半島を走る本州北端の路線。途中駅の蟹田までは青函トンネルを走る海峡線と同じ線路を走るため、蟹田までは電化されていますが、ここより先は非電化区間。ディーゼル列車に乗り換えます。 最近では地方路線でしか見られなくなったキハ40系気動車。これに乗ると旅しているなという気分になります。 蟹田からさ...
この記事を面白いと思った人 211人
2012年08月27日
昨年「船の科学館」の閉館に伴い、旧青函連絡船の羊蹄丸が資料館のとしての役目を終え、解体されるべく四国の新居浜東港へ送られました。 貴重な鉄道歴史遺産と思っていた私にとってこの解体のニュースはショックでした。 ただ連絡船は、まだ2隻残っています。1つは5年前に函館で見た「摩周丸」、そしてもう1つが青森にある「八甲田丸」です。 久しぶりの夏休み大遠征は、青函連絡船のコンプリートを目指し青森へ向かいました。 もちろん青森への足は東北新幹線の最新型E5系。 飛行機のファースト...
この記事を面白いと思った人 225人
マップタイムズオンライントップマップカメラ鉄道倶楽部RailMap > 夏休み逃避行その2(路は全く尽きるのか?)

PAGE TOP

お問い合わせ

QA

フリーダイアル 0120-15-3383

買取・下取交換に関するお知らせ

トレードセンター
03-3342-3383
受付時間10:30〜20:00

オンライン査定はこちら

サービス紹介・よくあるご質問

当社は、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与されるプライバシーマークの付与認定を受けています。

マップカメラは、新品・ 中古カメラ /中古レンズ/ デジタルカメラの販売・下取・買取・委託の カメラ 通販ショップ(ECサイト)です。
All contents are reserved by Syuppin Co.,Ltd. シュッピン株式会社 東京都公安委員会許可 第304360508043号